TOP > 国内特許検索 > ドパミンD4受容体に結合する放射性ヨウ素標識診断剤

ドパミンD4受容体に結合する放射性ヨウ素標識診断剤 コモンズ

国内特許コード P110003604
整理番号 91
掲載日 2011年6月27日
出願番号 特願平10-304162
公開番号 特開2000-128859
登録番号 特許第3041419号
出願日 平成10年10月26日(1998.10.26)
公開日 平成12年5月9日(2000.5.9)
登録日 平成12年3月10日(2000.3.10)
発明者
  • 佐治 英郎
  • 飯田 靖彦
出願人
  • 国立大学法人京都大学
発明の名称 ドパミンD4受容体に結合する放射性ヨウ素標識診断剤 コモンズ
発明の概要 【課題】 生体内でのドパミンD4受容体の変化の測定による、精神分裂病などの核医学的診断に有効な診断剤を提供することを目的とする。
【解決手段】 〔化1〕で示されるヨウ素-123標識ベンザミド誘導体を提供する。
【化1】
従来技術、競合技術の概要


ドパミンD4受容体の変化の測定による精神分裂病などの核医学的診断のために、従来ドパミンD4受容体への親和性を有する、炭素-11 で標識されたクロザピンなどが検討されてきた。しかしながら、炭素-11 は半減期が20分と非常に短く、その製造には使用場所である病院内に設置されたサイクロトンが、またその測定には特殊なポジトロン断層撮像装置(PET )が必要であるため、その利用は限られている。

産業上の利用分野


本発明は、ドパミンD4受容体の変化の測定を目的とした核医学的用途に有効な、新しい放射性ヨウ素標識診断剤に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】

【化1】
で示される非放射性臭素置換ベンザミド誘導体を原料として、ハロゲン交換反応によりヨウ素-123を導入する事により得られる、
【化2】
で示されるヨウ素-123標識ベンザミド誘導体。

【請求項2】
請求項1記載の化合物からなる、ドパミンD4受容体分布密度の測定剤。

【請求項3】
ドパミンD4受容体への親和性を有し、請求項1記載の化合物からなる、ヨウ素標識された脳神経疾患診断剤。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1998304162thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close