Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR EFFICIENTLY PURIFYING BIONANOCAPSULE

METHOD FOR EFFICIENTLY PURIFYING BIONANOCAPSULE achieved

Patent code P110003678
File No. RX03P49
Posted date Jun 28, 2011
Application number P2006-035666
Publication number P2007-209307A
Patent number P4936272
Date of filing Feb 13, 2006
Date of publication of application Aug 23, 2007
Date of registration Mar 2, 2012
Inventor
  • (In Japanese)黒田 俊一
  • (In Japanese)前川 圭美
  • (In Japanese)名木田 真奈
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)国立大学法人大阪大学
  • (In Japanese)株式会社ビークル
Title METHOD FOR EFFICIENTLY PURIFYING BIONANOCAPSULE achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To purify and preserve bionanocapsules by a simple method enabling their industrial production.
SOLUTION: This method for purifying heat-resistant bionanocapsules containing a protein obtained with eukaryocytes as a main component is characterized by thermally treating a crushed eukaryocyte solution to remove foreign proteins and subjecting the left protein to a chromatography treatment.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


生体内での物質運搬体として使用可能なバイオナノカプセルとして、例えばB型肝炎ウイルス粒子などのウイルスタンパク由来の粒子が利用できることが知られている。
例えば、遺伝子組換え酵母でB型肝炎ウイルス表面抗原(HBsAg)Lタンパク質を発現させることにより、酵母由来の脂質二重膜に多数の同タンパク質が埋め込まれた楕円状中空粒子が形成されることを、本発明者らは報告している(非特許文献1)。このような粒子は、HBVゲノムを全く含まないので、ウィルスとしては機能せず、人体への安全性が極めて高い。



一方、このようなバイオナノカプセルは、ヒト以外の真核細胞で製造されているため、破砕液からバイオナノカプセルを得るために多くの夾雑タンパク質を除去する必要がある。



例えば、特許文献1では、B型肝炎ウイルス表面抗原タンパク質(HBsAg)を組換え酵母で発現させてHBsAg粒子(バイオナノカプセル)を製造し、次いで菌体破砕、塩化セシウム密度勾配超遠心、透析、スクロース密度勾配超遠心などを組み合わせてバイオナノカプセルの精製を行っている。



しかしながら、密度勾配超遠心による精製法は、時間およびコストの両面から大量生産は困難であり、バイオナノカプセルのより効率的な精製法が必要とされている。
【特許文献1】
特開2004-2313
【非特許文献1】
J. Biol. Chem., Vol.267, No.3, 1953-1961, 1992

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、バイオナノカプセルの効率的な精製法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
酵母を用いて得られたタンパク質を主成分とするバイオナノカプセルの精製法であって、前記バイオナノカプセルがB型肝炎ウイルス表面抗原タンパク質(HBsAg)を主成分とするカプセルであり、酵母の破砕液を65~90℃で熱処理して夾雑タンパク質を除去後、クロマトグラフィー処理を行うことを特徴とする精製法。

【請求項2】
 
クロマトグラフィー処理が、アフィニティクロマトグラフィーおよび/またはゲル濾過クロマトグラフィー処理を含む、請求項1に記載の精製法。

【請求項3】
 
アフィニティクロマトグラフィーが硫酸基を有する担体から構成される硫酸化セルロファインクロマトグラフィーである、請求項2に記載の精製法。

【請求項4】
 
アフィニティクロマトグラフィーがHBsAg粒子を抗原として作製された抗HBsAg抗体を結合させた担体から構成される抗体アフィニティクロマトグラフィーである、請求項2に記載の精製法。

【請求項5】
 
アフィニティクロマトグラフィーがハイドロキシアパタイトを担体とするクロマトグラフィーである、請求項2に記載の精製法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006035666thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close