Top > Search of Japanese Patents > SUPERCONDUCTIVE COMPOUND AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

SUPERCONDUCTIVE COMPOUND AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

Patent code P110003740
File No. BE060P09
Posted date Jun 28, 2011
Application number P2006-155255
Publication number P2007-320829A
Patent number P5196339
Date of filing Jun 2, 2006
Date of publication of application Dec 13, 2007
Date of registration Feb 15, 2013
Inventor
  • (In Japanese)細野 秀雄
  • (In Japanese)神原 陽一
  • (In Japanese)平野 正浩
  • (In Japanese)神谷 利夫
  • (In Japanese)菅沼 健太郎
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title SUPERCONDUCTIVE COMPOUND AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve such a problem that a high-temperature superconductor having a superconducting transition temperature of >100K has been found however a normal-temperature superconductor has not been found in perovskite type copper oxides.
SOLUTION: It is found that a compound which is shown by a chemical formula: LaFeOPh (wherein Ph is at least one of P, As and Sb) and has a ZrCuSiAs-type (space group P4/nmm) crystal structure, has around 5K superconducting transition temperature. LaFeOPh is a member of a group of layered structure compounds each of which is shown by general chemical formula: LnMOPn (wherein Ln is Y and at least one of rare earth metallic elements (La, Ce, Pr, Nd, Sm, Eu, Gd, Tb, Dy, Ho, Er, Tm, Yb, Lu); M is at least one of transition metals (Fe, Ru, Os); Pn is at least one of pnictide elements (N, P, As, Sb)). The transition temperature of the compound can be controlled by adding an F ion to change the number of carriers.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


1911年に水銀において超伝導現象が見出されて以来、数多くの化合物において超伝
導が見出され、超伝導磁石及び磁気センサ(SQUID)などとして実用化されている。また
、高温超電導体(ペロブスカイト型銅酸化物)が発見されて以来、室温超伝導体を目指し
た材料の研究開発が活発に行われ、超伝導転移温度(Tc)が100Kを超える超伝導化合
物が見出された。



ペロブスカイト型銅酸化物の超伝導発現機構についても理解が進んでいる(例えば、非
特許文献1、2)。また、銅以外の遷移金属イオンを含む化合物、あるいは新規化合物と
して、Sr2RuO4(Tc=0.93K)(非特許文献3)、二ホウ化マグネシウム(
Tc=39K)(非特許文献4、特許文献1)、Na0.3CoO2・1.3H2O(T
c=5K)(非特許文献5、特許文献2,3)などが新たに見出された。



伝導帯バンド幅に比べて、伝導電子間の相互作用が大きな強相関電子系化合物は、d電
子の数が特定の値の場合に、高い超伝導転移温度を有する超伝導体となる可能性が高いこ
とが知られている。強相関電子系は、遷移金属イオンを骨格構造に有する層状化合物で実
現されている。こうした層状化合物の多くは、モット絶縁体で、室温で反強磁 性体であ
る。



しかし、例えば、ペロブスカイト型銅酸化物であるLa2CuO4では、La3+イオ
ンサイトにSr2+イオンを添加したLa2-xSrxCuO4において、xの値が0.
05から0.28の範囲では、金属伝導を示すスピングラス状態となり、低温で超伝導体
状態が観測され、x=0.15で最高のTc=40Kが得られている(非特許文献6)。



すなわち、強電子相関系では、d電子の数が特定の値のとき、金属伝導を示すスピング
ラス状態となり、温度を低温にすると、ある特定温度(超伝導転移温度)以下で、超伝導
状態へ転移する。さらに、この超伝導体の転移温度は伝導キャリアの数によって5Kから
40Kまで変化する。また、酸素同位体置換により、転移温度が変化することから、格子
振動及び電子間相互作用が複合的に超伝導発生機構に関与していることが知られている。



【非特許文献1】
津田惟雄、那須奎一郎、藤森敦、白鳥紀一 改訂版「電気伝導性酸化物」,pp.350~452,裳華房,(1993)
【非特許文献2】
前川禎通,応用物理,Vol..75,No.1,pp.17-25,(2006)
【非特許文献3】
Y.Maeno、H.Hashimoto, K.Yoshida S.Nishizaki T.Fujita J.G.Bednorz F.Lichtenberg,Nature,372,pp.532-534(1994)
【非特許文献4】
J. Nagamatsu、N. Nakagawa, T. Muranaka Y.Zenitani and J.Akimitsu,Nature,410,pp.63-64,(2001)
【非特許文献5】
K.Takada H.Sakurai E.Takayama-Muromachi F.Izumi R.A.Dilanian T.Sasaki,Nature,422,pp.53-55,(2003)
【非特許文献6】
J.B.Torrance et al.,Phys.Rev.,B40,pp.8872-8877,(1989)
【特許文献1】
特開2002-211916号公報
【特許文献2】
特開2004-262675号公報
【特許文献3】
特開2005-350331号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、Feイオンを骨格構造に有する層状超伝導化合物及びその製造方法に関する

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
化学式LaFeOPh(Phは、P、As及びSbのうちの少なくとも1種)で示され、
ZrCuSiAs型(空間群P4/nmm)の結晶構造を有することを特徴とする超伝導
化合物。

【請求項2】
 
フッ素をドープした化学式LaFeOPh:F(Phは、P、As及びSbのうちの少な
くとも1種)で示され、ZrCuSiAs型(空間群P4/nmm)の結晶構造を有する
ことを特徴とする超伝導化合物。

【請求項3】
 
焼結体からなることを特徴とする請求項1又は2記載の超伝導化合物。

【請求項4】
 
薄膜からなることを特徴とする請求項1又は2記載の超伝導化合物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006155255thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO/SORST Exploring and developing applications for active functions utilizing nanostructure embedded in transparent oxides AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close