Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING POLY(DIACYLHYDRAZINE) AND POLY(DIACYLHYDRAZINE)

METHOD FOR PRODUCING POLY(DIACYLHYDRAZINE) AND POLY(DIACYLHYDRAZINE)

Patent code P110003747
Posted date Jun 29, 2011
Application number P2009-200826
Publication number P2011-052075A
Patent number P5626751
Date of filing Aug 31, 2009
Date of publication of application Mar 17, 2011
Date of registration Oct 10, 2014
Inventor
  • (In Japanese)木原 伸浩
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title METHOD FOR PRODUCING POLY(DIACYLHYDRAZINE) AND POLY(DIACYLHYDRAZINE)
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing poly(diacylhydrazine) in which a monomer which is easily measured may be used without any problem such as a toxicological problem or explodability and a polymer with a high degree of polymerization may be produced at a high yield using a single monomer; and to provide a novel poly(diacyl hydrazine) having various physical properties.
SOLUTION: Oxidation polymerization of a dicarboxylic acid dihydrazide compound is carried out using one or more oxidizing agents selected from the group consisting of double salts of potassium hydrogen persulfate, potassium hydrogensulfate, and potassium sulfate, and diacetoxy iodobenzene, bis(trifluoroacetoxy)iodobenzene, and iodosobenzene.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



近年、環境保護の観点等から、廃棄しても自然に分解されるような、生分解性高分子や光分解性高分子に代表される分解性高分子材料の開発が盛んに行われている。しかし、生分解性高分子や光分解性高分子は、通常の使用環境において経時的な劣化を伴うことが問題となっている。





このため、使用時に経時的に劣化することなく、廃棄時に速やかに分解可能なポリマーが求められており、廃棄時に酸化剤により容易に分解可能なポリマーとして、ジカルボン酸、又はその反応性誘導体(酸クロライドや活性エステル誘導体)と、ヒドラジン又ジカルボン酸のジヒドラジドとを重縮合させて得られるポリ(ジアシルヒドラジン)が数例提案されている(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、ジカルボン酸ジヒドラジド化合物の酸化重合によるポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法、及び、新規なポリ(ジアシルヒドラジン)に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ジカルボン酸ジヒドラジド化合物を、過硫酸水素カリウム、硫酸水素カリウム、及び硫酸カリウムの複塩、ジアセトキシヨードベンゼン、ビス(トリフルオロアセトキシ)ヨードベンゼン、並びにヨードソベンゼンからなる群より選択される1種以上の酸化剤を用いて酸化重合するポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項2】
 
前記酸化重合を0~50℃で行う、請求項1記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項3】
 
非プロトン性極性溶媒を含む溶媒を用いる、請求項1又は2記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項4】
 
前記酸化剤が、過硫酸水素カリウム、硫酸水素カリウム、及び硫酸カリウムの複塩である、請求項1から3何れか記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項5】
 
前記、過硫酸水素カリウム、硫酸水素カリウム、及び硫酸カリウムの複塩の使用量が、前記ジカルボン酸ジヒドラジド化合物1モルに対する、前記過硫酸水素カリウムの量が2~10モルとなる量である、請求項4記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項6】
 
水、及び、非プロトン性極性溶媒を含む溶媒を用いる、請求項4又は5記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項7】
 
(a)水、(b)アセトニトリル及び/又はN,N-ジメチルアセトアミド、及び(c)アセトニトリルとN,N-ジメチルアセトアミドとを除く非プロトン性極性溶媒を含む溶媒を用いる、請求項6記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項8】
 
前記、(c)アセトニトリルとN,N-ジメチルアセトアミドとを除く非プロトン性極性溶媒が、ホルムアミド、スルホラン、N,N-ジメチルホルムアミド、ジメチルスルホキシド、ヘキサメチルホスホルアミド、N-メチル-2-ピロリドン、及び1,3-ジメチル-2-イミダゾリジノンからなる群より選択される1種以上である、請求項7記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項9】
 
前記、(c)アセトニトリルとN,N-ジメチルアセトアミドとを除く非プロトン性極性溶媒が、N-メチル-2-ピロリドンである、請求項8記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項10】
 
前記、(a)水、(b)アセトニトリル及び/又はN,N-ジメチルアセトアミド、及び(c)アセトニトリルとN,N-ジメチルアセトアミドとを除く非プロトン性極性溶媒の、それぞれの使用量が、ジカルボン酸ジヒドラジド化合物1質量部に対して0.5~20質量部である、請求項7~9何れか記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。

【請求項11】
 
前記ジカルボン酸ジヒドラジド化合物が下式(1)で表される化合物であり、前記ポリ(ジアシルヒドラジン)が下式(3)で表される繰り返し単位からなるものである、請求項1から10何れか記載のポリ(ジアシルヒドラジン)の製造方法。
【化1】
 


[式(1)中、R1は、単結合、置換基を有してもよいフェニレン基、置換基を有してもよいビフェニレン基、置換基を有してもよいナフタレンジイル基、下式(2)で表される基、及び、分岐を有してもよい炭素原子数1~20のアルキレン基からなる群より選択される基であり、フェニレン基、ビフェニレン基、ナフタレンジイル基が有してもよい置換基は、分岐を有してもよい炭素原子数1~20のアルキル基、分岐を有してもよい炭素原子数1~20のアルコキシ基、フェニル基、ハロゲン、シアノ基、アミノ基、及びニトロ基からなる群より選択される基である。
【化2】
 


式(2)中、R2は、-O-、-CO-、-SO2-、-NH-、-O-R3-O-、及び、分岐を有してもよい炭素原子数1~6のアルキレン基からなる群より選択される基であり、R3は分岐を有してもよい炭素原子数1~6のアルキレン基である。]
【化3】
 


[式(3)中、R1は式(1)におけるR1の定義と同意である。]

【請求項12】
 
下式(A)で表される繰り返し単位からなるポリ(ジアシルヒドラジン)。
【化4】
 


[式(A)中Arは下式(4)又は(5)で表される基である。
【化5】
 


【化6】
 


式(4)中、R4は、分岐を有してもよい炭素原子1~20のアルコキシ基、又はフェニル基である。]
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close