Top > Search of Japanese Patents > BIOACTIVE BONE CEMENT COMPOSITION, MANUFACTURING METHOD FOR THE SAME, AND KIT FOR MANUFACTURING THE SAME

BIOACTIVE BONE CEMENT COMPOSITION, MANUFACTURING METHOD FOR THE SAME, AND KIT FOR MANUFACTURING THE SAME

Patent code P110003777
File No. V347P003
Posted date Jun 29, 2011
Application number P2006-205961
Publication number P2007-054619A
Patent number P4555804
Date of filing Jul 28, 2006
Date of publication of application Mar 8, 2007
Date of registration Jul 23, 2010
Priority data
  • P2005-221230 (Jul 29, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)渋谷 武宏
  • (In Japanese)橋本 雅美
  • (In Japanese)高玉 博朗
  • (In Japanese)石灰 洋一
  • (In Japanese)山口 壽信
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)一般財団法人ファインセラミックスセンター
  • (In Japanese)石原産業株式会社
Title BIOACTIVE BONE CEMENT COMPOSITION, MANUFACTURING METHOD FOR THE SAME, AND KIT FOR MANUFACTURING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide bone cement, restraining deterioration of cement strength which is caused by long-time use, and having excellent apatite forming capability.
SOLUTION: This bioactive bone cement composition includes: rutile type titanium dioxide particles and polymethacrylate polymers, wherein at least 15 wt.% rutile type titanium dioxide particles are contained to the total quantity of the rutile type titanium dioxide particles and the polymethacrylate polymers. In the bioactive bone cement composition, at least 15 wt.% rutile type as the titanium dioxide particles are mixed, so that the apatite forming capability in a pseudo body fluid is excellent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


骨の欠損部の補填剤、或いは人工股関節などの金属製の人工関節を周囲の骨と固定する接着剤として骨セメントは世界中で広く使用されている。その中で、PMMA系骨セメントは、それ自身に生体活性を持たないためガラスセラミックスのように生体内でアパタイトを形成しない。その結果、線維性被膜に覆われ周囲骨から隔離されるため、長期間の間に人工関節と骨との間に緩みを生じるという問題があった。これまでに、セメントに骨結合性を付与する試みとして、PMMA系骨セメントにカルシウムを含有するガラス又は結晶化ガラス粉末を混和したものが提案されている(特許文献1参照)が、同セメントはアパタイト形成能を示すものの、ガラス又は結晶化ガラス粉末からCa2+イオンが溶出されるため、生体埋入後、長期の間にはセメントの強度が低下する恐れがある。一方、長期間の使用によるセメント強度の劣化を抑制する技術として、アナターゼ型二酸化チタンを含有する骨セメントが提案されている(特許文献2参照)。さらに、強度増強のためルチル型酸化チタンを追加の無機充填剤として、好ましくは0.1~10重量%の範囲の量で含有する骨セメントが提案されている(特許文献3参照)。



【特許文献1】
特開平11-164879号公報
【特許文献2】
特開2004-201869号公報
【特許文献3】
国際公開第2002/102427号パンフレット

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は体液環境下でアパタイト形成能を有する生体活性骨セメント組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アパタイト形成能を有するルチル型二酸化チタン粒子及びポリメタクリレート系ポリマーを含み、ルチル型二酸化チタン粒子とポリメタクリレート系ポリマーの合量に対してルチル型二酸化チタン粒子を少なくとも15重量%含むことを特徴とする生体活性骨セメント組成物。

【請求項2】
 
ルチル型二酸化チタン粒子とポリメタクリレート系ポリマーの合量に対してルチル型二酸化チタン粒子を15~80重量%含むことを特徴とする請求項1に記載の生体活性骨セメント組成物。

【請求項3】
 
ルチル型二酸化チタン粒子とポリメタクリレート系ポリマーの合量に対してルチル型二酸化チタン粒子を20~80重量%含むことを特徴とする請求項1に記載の生体活性骨セメント組成物。

【請求項4】
 
ペースト状であることを特徴とする請求項1に記載の生体活性骨セメント組成物。

【請求項5】
 
成形されたものであることを特徴とする請求項1に記載の生体活性骨セメント組成物。

【請求項6】
 
ルチル型二酸化チタン粒子及び重合開始剤の存在下で、メタクリレート系モノマーを重合させてポリメタクリレート系ポリマーとすることを特徴とする請求項1に記載の生体活性骨セメント組成物の製造方法。

【請求項7】
 
さらにポリメタクリレート系ポリマー及び/又は重合促進剤の存在下で、メタクリレート系モノマーを重合させてポリメタクリレート系ポリマーにすることを特徴とする請求項6に記載の製造方法。

【請求項8】
 
重量平均分子量が少なくとも10,000であるポリメタクリレート系ポリマー及び/又は重合促進剤の存在下でメタクリレート系モノマーを重合することを特徴とする請求項7に記載の製造方法。

【請求項9】
 
重合開始剤が過酸化ベンゾイルであることを特徴とする請求項6に記載の製造方法。

【請求項10】
 
重合促進剤がN,N-ジメチル-p-トルイジンであることを特徴とする請求項7に記載の製造方法。

【請求項11】
 
メタクリレート系モノマーと、予め存在するポリメタクリレート系ポリマーとの配合割合が重量比で5:1~1:5の範囲であることを特徴とする請求項7に記載の製造方法。

【請求項12】
 
重合させた後、成形する工程を含むことを特徴とする請求項6に記載の製造方法。

【請求項13】
 
生体内で重合することを特徴とする請求項6に記載の製造方法。

【請求項14】
 
少なくともルチル型二酸化チタン粒子、メタクリレート系モノマー及び重合開始剤を含んだ請求項1に記載の生体活性骨セメント組成物を製造するためのキット。

【請求項15】
 
少なくともメタクリレート系モノマーと重合開始剤とを別々に包装してなることを特徴とする請求項14に記載のキット。

【請求項16】
 
さらにポリメタクリレート系ポリマー及び/又は重合促進剤を含むことを特徴とする請求項15に記載のキット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006205961thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close