Top > Search of Japanese Patents > GENE CONCERNING TO ALZHEIMER'S DISEASE-DEVELOPING MECHANISM

GENE CONCERNING TO ALZHEIMER'S DISEASE-DEVELOPING MECHANISM commons

Patent code P110003794
File No. K018P28
Posted date Jun 29, 2011
Application number P2006-235245
Publication number P2008-054578A
Patent number P4684189
Date of filing Aug 31, 2006
Date of publication of application Mar 13, 2008
Date of registration Feb 18, 2011
Inventor
  • (In Japanese)曽根 雅紀
  • (In Japanese)鍋島 陽一
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title GENE CONCERNING TO ALZHEIMER'S DISEASE-DEVELOPING MECHANISM commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide genetically modified animals, methods for screening agents and the like, which are useful for diagnosis/treatment of Alzheimer's disease and for development thereof and, further, useful for diagnosis/treatment of other neurodegenerative diseases and for development thereof.
SOLUTION: Non-human animals and the like, caused abnormality on material trafficking function in neurocyte by expressing mutated protein which is suppressed in expression, in neurocyte, of yata molecule comprising an amino acid sequence represented by a specific sequence, or a gene encoding the homolog of other kinds, or which is deleted the trafficking function inherent to the gene products, are provided. The non-human animals are usable as neurodegenerative model animal and Alzheimer's disease model animal.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


アルツハイマー病は、アルツハイマー型老人性痴呆症を含む神経変性疾患であり、現在は認知症とも呼ばれているが、その発症機構は未だ十分に解明されていない。



アルツハイマー病に関与する遺伝子として、これまで、アミロイド前駆体蛋白(Amyloid Precursor Protein;APP)、プレセニリンなどの分子が同定されており、これらの分子を標的としたアルツハイマー病の診断・治療法の開発が盛んに試みられているが、これらの分子もしくはその遺伝子を用いた有用な診断・治療法の開発は未だに成功していない。また、これらの分子がいかにして発症機構に関わっているかは正確には理解されておらず、そのため、どのような手段を講ずれば診断・治療法を開発できるのかを考える上での基盤となる知識が不足していた。



アルツハイマー病の診断・治療法に関する特許文献としては、たとえば、以下のものが挙げられる。
【特許文献1】
特開2006-217859号公報
【特許文献2】
特開2006-204150号公報
【特許文献3】
特開2005-300516号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、アルツハイマー病発症機構に関わる遺伝子に関する。本発明は特に、アルツハイマー病の診断・治療およびその開発に、さらにその他の神経変性疾患の診断・治療およびその開発に有用な技術を提供するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列番号2に示されるアミノ酸配列からなるyata分子の神経細胞での発現が抑制され、神経細胞内での物質のトラフィッキング機能に異常を生じさせたショウジョウバエ

【請求項2】
 
上記物質が、シナプス分子である、請求項1記載のショウジョウバエ

【請求項3】
 
上記物質が、APPL、HIGである、請求項1記載のショウジョウバエ

【請求項4】
 
神経変性疾患モデル動物として用いられる、請求項1記載のショウジョウバエ

【請求項5】
 
アルツハイマー病疾患モデル動物として用いられる、請求項1記載のショウジョウバエ

【請求項6】
 
請求項4記載のショウジョウバエに対して被検物質を投与し、該ショウジョウバエの生存率が向上する物質、又は神経細胞内での物質のトラフィッキング機能の異常が改善する物質をスクリーニングすることを特徴とする、神経変性疾患治療薬候補物質のスクリーニング方法。

【請求項7】
 
請求項5記載のショウジョウバエに対して被検物質を投与し、該ショウジョウバエの生存率が向上する物質、又は神経細胞内での物質のトラフィッキング機能の異常が改善する物質をスクリーニングすることを特徴とする、アルツハイマー病治療薬候補物質のスクリーニング方法。

【請求項8】
 
配列番号2に示されるアミノ酸配列からなるyata分子の神経細胞での発現を調節し、神経細胞内での物質のトラフィッキングを制御する方法(ただし、ヒト生体で行う場合を除く)。

【請求項9】
 
上記物質が、シナプス分子である、請求項8記載の方法。

【請求項10】
 
上記物質が、APPL、HIGである、請求項8記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006235245thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Information and Cell Function AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close