Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)固体レーザー装置

(In Japanese)固体レーザー装置 meetings achieved

Patent code P110003869
File No. RJ107P43
Posted date Jul 1, 2011
Application number P2006-511289
Patent number P4409573
Date of filing Mar 23, 2005
Date of registration Nov 20, 2009
International application number JP2005005177
International publication number WO2005091448
Date of international filing Mar 23, 2005
Date of international publication Sep 29, 2005
Priority data
  • P2004-087362 (Mar 24, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)ダスカル トライアン
  • (In Japanese)常包 正樹
  • (In Japanese)平等 拓範
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)株式会社オキサイド
Title (In Japanese)固体レーザー装置 meetings achieved
Abstract (In Japanese)レンズを用いることなく、しかもレンズを用いた場合より効率よく励起光がコア内を透過することができる固体レーザー装置の光ガイドの光入射窓を提供する。
中央にレーザー発振元素を含むコア1を有し、このコア1の周囲に一体化された励起光に対し透明な光ガイド2を有し、一方の面がヒートシンク5に固着された固体レーザー結晶の光ガイド2の外側より励起光4を導入し、前記コア1を励起することでレーザー発振を行わせる固体レーザー装置の光ガイド2の光入射窓3において、励起光4を導入する光ガイド2の光入射窓3に特定の角度を有する複数の入射面3B,3Cを設け、前記角度によって励起光4が屈曲し曲がることにより、より多くの励起光4を前記コア1に取り込むようにした。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来の固体レーザー装置として、結晶の中央部にレーザー発振元素を含むコアを有し、このコアの周囲に励起光を導波するための透明な光ガイドを有する厚さ1mm以下の薄い結晶が配置され、その結晶のレーザー光を出射する面と反対側の面がヒートシンクに固着され、冷却される構造を有するものが示されている(下記特許文献1、非特許文献1、2)。
【特許文献1】
米国特許第6625193号公報
【非特許文献1】
オプティクス・レターズ、27巻(2002年発行)、1791頁
【非特許文献2】
アプライド・フィジックス・レターズ、83巻(2003年発行)、4086頁

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、固体レーザー装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
中央にレーザー発振元素を含む円筒状のコアを有し、該円筒状のコアの周囲に一体化された光ガイドを有し、一方の面がヒートシンクに固着された固体レーザー結晶の前記光ガイドの外側より励起光を導入し、前記円筒状のコアを励起することでレーザー発振を行わせる固体レーザー装置であって前記光ガイドは前記励起光と直交する入射面と、さらに該直交する入射面に隣接する両方の側に前記励起光と特定の角度をなす入射面とを有し、前記励起光は前記直交する入射面および前記特定の角度をなす入射面とで構成される前記光ガイドの光入射窓に直進し、前記励起光を導入する前記光ガイドの光入射窓によって前記励起光のうち前記特定の角度をなす入射面に入射する励起光が屈折して前記円筒状のコアの方へ曲がることにより、より多くの前記励起光を前記円筒状のコアに取り込むようにしたことを特徴とする固体レーザー装置。

【請求項2】
 
請求項1記載の固体レーザー装置において、前記光ガイドの光入射窓が前記光ガイドの外周面の4箇所に等間隔に配置され、前記円筒状のコアを中心に前記光ガイドの光入射窓に4方向から入射する励起光に対し、より多くの励起光を前記円筒状のコアに取り込むようにしたことを特徴とする固体レーザー装置。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の固体レーザー装置において、前記光ガイドの光入射窓の入射面の特定の角度がブリュースター角であることを特徴とする固体レーザー装置。

【請求項4】
 
中央にレーザー発振元素を含む円筒状のコアを有し、該円筒状のコアの周囲に一体化された光ガイドを有し、一方の面がヒートシンクに固着された固体レーザー結晶の前記光ガイドの外側より励起光を導入し、前記円筒状のコアを励起することでレーザー発振を行わせる固体レーザー装置であって、前記光ガイドは四角筒状の光ガイドであり、該光ガイドは外周に入射面を有する4つの光入射窓を有し、前記円筒状のコアの外周と前記入射窓との距離が小さく、さらに励起光の幅が前記円筒状のコアの直径と略同じサイズであり、前記四角筒状の光ガイドの角部を中心として前記4つの入射面のうち隣接する少なくとも2つの入射面に入射する前記励起光が屈折して前記円筒状のコアの方へ曲がることにより、より多くの励起光を前記円筒状のコアに取り込むようにしたことを特徴とする固体レーザー装置。

【請求項5】
 
請求項4記載の固体レーザー装置において、前記励起光が前記円筒状のコアを中心として対向する2つの方向から入射され、前記四角筒状の光ガイドの角部を中心として前記4つの入射面の全てに入射する前記励起光が屈折して前記円筒状のコアの方へ曲がることにより、より多くの励起光を前記円筒状のコアに取り込むようにしたことを特徴とする固体レーザー装置。

【請求項6】
 
請求項4又は5記載の固体レーザー装置において、前記光ガイドの光入射窓の入射面と前記励起光との交差角度がブリュースター角であることを特徴とする固体レーザー装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close