Top > Search of Japanese Patents > VEHICLE TRAVEL LINE COMPUTING DEVICE, METHOD AND PROGRAM

VEHICLE TRAVEL LINE COMPUTING DEVICE, METHOD AND PROGRAM

Patent code P110003955
File No. V244P005
Posted date Jul 4, 2011
Application number P2007-002363
Publication number P2008-171114A
Patent number P4648335
Date of filing Jan 10, 2007
Date of publication of application Jul 24, 2008
Date of registration Dec 17, 2010
Inventor
  • (In Japanese)長松 昭男
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)長松 昭男
Title VEHICLE TRAVEL LINE COMPUTING DEVICE, METHOD AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vehicle travel line computing device capable of computing a useful travel line that achieves safe, low-fuel-consumption vehicle travel.
SOLUTION: A vehicle travel line computing device for computing a vehicle travel line on a predetermined road detects corners included in the road, based on road data created by a predetermined road designing tool, and computes an out-in-out course at the corner detected. About an adjacent corner, the device computes a course that connects the out-in-out course computed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、例えば安全走行,低燃費走行,レース走行等の各種走行に応じて、道路における車両の走行ラインを決定する技術が知られている。かかる技術としては、例えば、道路を実際に走行し、各種センサやGPS等により計測された結果に基づき、走行ラインを決定する方法(例えば特許文献1参照)がある。また、形状や道幅等の道路の設計情報に基づき、走行ラインを決定する方法が知られている。



【特許文献1】
特開2006-031602号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、道路における車両の走行ラインを演算するための機能を備えた車両走行用仮想試験を行うシステム及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
所定の道路における車両の走行ラインを演算する車両走行用仮想試験システムにおいて、
所定の道路設計ツールにより作成された道路データを入力する手段と、
上記道路データに基づき、道路に含まれるコーナを検出し、検出されたコーナにおけるアウト・イン・アウト走行ラインを演算し、隣接するコーナに関して演算されたアウト・イン・アウト走行ラインを連結する走行ラインを演算する手段と、
走行ラインデータを得た上で車両モデルを用いて車両走行シミュレーションを実行する手段と、
車両走行の様子を描画し、上記車両走行シミュレーション及び描画の後、最後に、走行タイム、燃費又は目標走行ラインからの誤差を求めてシミュレーション結果を解析する手段と
を有していることを特徴とする車両走行用仮想試験システム。

【請求項2】
 
所定の道路における車両の走行ラインを演算する車両走行用仮想試験システムに、
所定の道路設計ツールにより作成された道路データを入力する手順と、
上記道路データに基づき、道路に含まれるコーナを検出し、検出されたコーナにおけるアウト・イン・アウト走行ラインを演算し、隣接するコーナに関して演算されたアウト・イン・アウト走行ラインを連結する走行ラインを演算する手順と、
走行ラインデータを得た上で車両モデルを用いて車両走行シミュレーションを実行する手順と、
車両走行の様子を描画し、上記車両走行シミュレーション及び描画の後、最後に、走行タイム、燃費又は目標走行ラインからの誤差を求めてシミュレーション結果を解析する手順と
を実行させる車両走行用仮想試験プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007002363thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close