Top > Search of Japanese Patents > β-1,3-GLUCAN/CARBORANE COMPLEX

β-1,3-GLUCAN/CARBORANE COMPLEX

Patent code P110003975
File No. B18P42
Posted date Jul 5, 2011
Application number P2007-059771
Publication number P2008-222585A
Patent number P5159125
Date of filing Mar 9, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration Dec 21, 2012
Inventor
  • (In Japanese)新海 征治
  • (In Japanese)為末 真吾
  • (In Japanese)広瀬 良治
  • (In Japanese)櫻井 和朗
  • (In Japanese)長崎 健
  • (In Japanese)沼田 宗典
Applicant
  • Japan Science and Technology Agency
  • Mitsui Sugar Co.,Ltd.
Title β-1,3-GLUCAN/CARBORANE COMPLEX
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a complex having water solubility and cell affinity for facilitating the introduction of carborane used for a boron-neutron capture therapy into a living body, and to provide a method for preparing the complex.
SOLUTION: The complex is obtained by allowing β-1,3-glucan of a natural polysaccharide to include the carborane. The method for preparing the complex includes a step for mixing the β-1,3-glucan and the carborane in a polar solvent solution, and maturing the product by adding water. Schizophyllan as the β-1,3-glucan and m-carborane as the carborane are preferably used.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


原子番号10のホウ素のケージ状化合物であるカルボラン(図1参照)は新規ながん治療法であるホウ素中性子捕捉療法neutron capture therapy(BNCT)に用いる化合物として近年注目を集めている。ホウ素は同位体の存在比が大きく、そのため人体に無害な熱中性子線を照射すると核反応が生じ、この核反応によりホウ素はα線を照出する(図2参照)という興味深い性質を持つ。α線は飛程が9~10 nm程度と極めて短く、この範囲の細胞のみを死滅させることができる。この性質を利用したホウ素中性子捕捉療法(BNCT)では、ガン細胞のまわりにホウ素を集積させ、ガン細胞のみを選択的に死滅させることを目的としている。カルボランは10 個ものホウ素を含む生物学的に安定なホウ素クラスターである。前記のごとくこの治療法の成否は、いかにしてガン細胞のみにカルボランを集積させるかにかかっている。しかしながら、カルボランは水に難溶で、細胞選択性もないため細胞に導入することや、ガン細胞の周りに集積させることは困難である。このためこれまでに細胞選択性や水溶性の向上、置換基修飾など様々な研究がなされている(非特許文献1-9)。
【非特許文献1】
T. Takenobu, T.Takano, M. Shiraishi, Y. Murakami, M. Ata, H. Kataura, Y. Achiba, Y. Iwasa,Nature Materials, 2, 683 (2003)
【非特許文献2】
S. B. Kaul, R.A. Kaser, J. Am. Chem. Soc., 118, 1223 (1996).
【非特許文献3】
P. D. Godfrey,W. J. Crigsby, P. J. Nichols, C. L. Raston, J. Am. Chem. Soc., 119, 9283(1997).
【非特許文献4】
A. Harada, S. Takahashi, J. Chem. Commun.,12, 1352 (1988).
【非特許文献5】
M-J. Hardie,C-L. Raston., J. Chem. Commun., 12, 1153 (1999).
【非特許文献6】
M-J. Hardie,C-L. Raston., Eur. J. Inorg. Chem., 12, 195 (1999).
【非特許文献7】
L. Craciun, R.Custelcean, Inorg. Chem, 38, 4916 (1999).
【非特許文献8】
L. Deng, H-S.Chan, Z. Xie, J. Am. Chem. Soc, 128, 5219. (2006).
【非特許文献9】
A. H. Soloway,W. T. Beverly, A, Barnum, F-G. Rong, R-F. Barth, I-W. Codogni, J. G. Wilson,Chem. Rev., 98, 1515 (1998).



しかしながら、過去報告されている手法はカルボランの炭素部に種々の置換基を導入する手法がほとんどであり、思ったような機能の向上はなされていない。また、シクロデキストリンなどの包接化合物によるカルボランの複合化も報告されており、成功例としてβ-シクロデキストリンによる複合化があるが、β-シクロデキストリンは水溶性がα-およびγ-体に比べて悪いことが知られている。後にγ-シクロデキストリンによる包接も報告されているが、カルボラン自身に置換基を導入する必要があった。また、シクロデキストリンとの複合体を細胞に導入することは複合体の安定性などの問題も考えられる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はホウ素中性子捕捉療法に使用されるカルボランを、生体内へ導入しやすくするために水溶性かつ細胞親和性のある複合体に包接する技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
β-1,3-グルカンとm-カルボランから成ることを特徴とする複合体。

【請求項2】
 
β-1,3-グルカンがシゾフィラン、スクレログルカン、レンチナン、パッキマンまたはカードランから選ばれたものであることを特徴とする請求項1の複合体。

【請求項3】
 
β-1,3-グルカンおよびm-カルボランを極性溶媒溶液中で混合し、水を加えて熟成する工程を含むことを特徴とする、請求項1の複合体を調製する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007059771thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) SORST Selected in Fiscal 2001
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close