Top > Search of Japanese Patents > PHOTOELECTRIC CONVERSION ELEMENT

PHOTOELECTRIC CONVERSION ELEMENT

Patent code P110003977
File No. B18P43
Posted date Jul 5, 2011
Application number P2007-059773
Publication number P2008-226961A
Patent number P4930708
Date of filing Mar 9, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration Feb 24, 2012
Inventor
  • (In Japanese)新海 征治
  • (In Japanese)藤澤 友久
  • (In Japanese)沼田 宗典
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title PHOTOELECTRIC CONVERSION ELEMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inexpensive, efficient novel photoelectronic conversion system that makes good use of a natural raw material.
SOLUTION: A photoelectronic conversion element uses a β-1,3-glucan for interface, undergoes chemical modification with a porphyrin working as an optical functional portion, and complexes a single-layer carbon nanotube (SWNT) which works as an electron receptor. At the same time, it has a high carrier transportation ability. A curdlan bonded to an ethylene glycol, etc., is used preferably as the β-1,3-glucan.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

石油をはじめとする天然資源の枯渇問題が懸念される現代において、無尽蔵かつクリーンなエネルギーの開発は大きな課題である。その中で特に注目されているエネルギーの一つに太陽エネルギーがある。その基盤となる光電変換システムに主に利用されているのは無機半導体であり、良く知られているものにシリコン系太陽電池(単結晶シリコン、多結晶シリコン、アモルファスシリコン)があるが、これらは、生産コストが依然割高なため、コスト低減を目指した精力的な開発が継続されている。

近年、新しいタイプの太陽電池として色素増感太陽電池が注目されている。それらは製造コストがシリコン系太陽電池に比べて格段に安く、光電変換効率も比較的高いため、低コストかつ高効率な太陽電池として期待されている。
また環境汚染や資源枯渇といった問題から、天然由来の物質を機能性材料の素材として見直す動きも同様に高まってきている。これらの背景から、天然素材に由来する光電変換素子を用いる光電変換システムの構築が望まれている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、天然素材を用いる新規な光電変換素子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
側鎖がポルフィリンで修飾されたβ-1,3-グルカンと単層カーボンナノチューブとの複合体から成ることを特徴とする光電変換素子。

【請求項2】
 
β-1,3-グルカンがカードランであり、側鎖に親水性部位が結合されていることを特徴とする請求項1の光電変換素子。

【請求項3】
 
親水性部位としてエチレングリコール部位が結合されていることを特徴とする請求項2の光電変換素子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007059773thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) SORST Selected in Fiscal 2001
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close