Top > Search of Japanese Patents > IRRIGATION DEVICE, IRRIGATION SYSTEM, AND IRRIGATION METHOD

IRRIGATION DEVICE, IRRIGATION SYSTEM, AND IRRIGATION METHOD meetings

Patent code P110004118
File No. H22-031
Posted date Jul 7, 2011
Application number P2010-237855
Publication number P2012-090525A
Patent number P5731791
Date of filing Oct 22, 2010
Date of publication of application May 17, 2012
Date of registration Apr 17, 2015
Inventor
  • (In Japanese)井上 光弘
  • (In Japanese)山下 道洋
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鳥取大学
  • (In Japanese)株式会社鳥取再資源化研究所
Title IRRIGATION DEVICE, IRRIGATION SYSTEM, AND IRRIGATION METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an irrigation device, an irrigation system and an irrigation method each constructing appropriate soil moisture environments such as decreased supply of useless irrigation water, prevention of root rot of plants and withering of plants, and further prevention of salt damage.
SOLUTION: This irrigation device includes a constant water pressure generating device 10 and a porous hose 20 connected to the constant water pressure generating device 10 and buried in soil. The constant water pressure generating device 10 constantly controls the water level of a container 11 and generates constant water pressure. Water held in the porous hose 20 passes micropores of the surrounding wall of the porous hose 20 and is supplied to soil by suction force of soil as shown by an arrow a1. Water only for moisture holding capacity which soil of a root group area 30 on a soil water infiltration suppressing layer 40 has is held in soil, and thereafter, water only for being absorbed by roots of a plant 70 is supplied from the porous hose 20 to the root group area 30.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来の灌漑方法としては、植物栽培用土に素焼陶器からなる筒状の貯水容器を埋設し、貯水タンクから上記貯水容器に水を供給して、上記貯水容器の周壁から透過した水を植物栽培用土に供給することによって灌水するようにしたものがある(特開平10-66462号公報、図1(特許文献1))。

ところが、上記記載の従来の灌漑方法では、貯水タンクの水位が一定ではない。このため、貯水タンクの水位が高い場合には、貯水容器にかかる水圧が高く、貯水容器の周壁から透過していく水が多くて、植物の栽培に適した量以上の水を提供することとなり、無駄な灌漑水を供給してしまうという問題がある。さらに、この無駄な灌漑水の供給によって、植物栽培用土の水分が過多となって、植物の根腐れを招くという問題がある。一方、貯水タンクの水位が低い場合には、貯水容器にかかる水圧が低く、貯水容器の周壁から透過していく水が少なくて、植物の栽培に適した量の水を提供することができず、植物が枯死してしまうという問題がある。すなわち、従来の灌漑方法では常に水位が変化するために、一定の水を植物に供給することができない欠点がある。

また、貯水容器の周壁から透過していく水は、植物の根だけでなく、植物栽培用土にも吸引されるため、植物の根がある範囲外の、例えば、貯水容器の下方の植物栽培用土にも吸引されて、無駄な灌漑水を供給してしまうという問題がある。

さらに、地下水に塩分を含む場合には、塩分を含む地下水の上昇を遮断するものが何もないため、地下水に含まれた塩分による塩害を防止することができず、持続的な営農ができないという問題がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、例えば、中近東、アフリカ等の半乾燥地および乾燥地や、水資源の枯渇が問題になっている地域等において、水資源を有効に活用できる好適な灌漑システムおよび灌漑方法に関する分野である。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一定水圧を発生する一定水圧発生装置と、
上記一定水圧発生装置に接続される多孔質ホースと
を備える灌漑装置と、
土壌中に位置すると共に、砂よりも大きな粒径の廃ガラスの粒子からなって土壌水の浸透を抑制する土壌水浸透抑制層と
を備え、
上記土壌水浸透抑制層よりも上方の土壌中に、上記多孔質ホースを配置していることを特徴とする灌漑システム。

【請求項2】
 
請求項1に記載の灌漑システムにおいて、
上記一定水圧発生装置は、
容器と、
上記容器内に設けたフロートと、
上記フロートに連結されて、上記容器内への水供給口を開閉する開閉弁と
を備えることを特徴とする灌漑システム

【請求項3】
 
土壌中に位置すると共に、砂よりも大きな粒径の廃ガラスの粒子からなって土壌水の浸透を抑制する土壌水浸透抑制層と、
一定水圧を発生する一定水圧発生装置と、
上記土壌水浸透抑制層よりも上方の土壌中に位置すると共に、上記一定水圧発生装置に接続された多孔質ホースと
を用いて、
上記多孔質ホースから、上記土壌水浸透抑制層よりも上方の土壌中に灌水を行うことを特徴とする灌漑方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010237855thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close