Top > Search of Japanese Patents > ACOUSTIC DEVICE AND ACOUSTIC ADJUSTMENT METHOD

ACOUSTIC DEVICE AND ACOUSTIC ADJUSTMENT METHOD

Patent code P110004190
File No. A221P55
Posted date Jul 8, 2011
Application number P2008-138827
Publication number P2009-288354A
Patent number P4750153
Date of filing May 28, 2008
Date of publication of application Dec 10, 2009
Date of registration May 27, 2011
Inventor
  • (In Japanese)寅市 和男
  • (In Japanese)中村 光晃
  • (In Japanese)諸岡 泰男
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title ACOUSTIC DEVICE AND ACOUSTIC ADJUSTMENT METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To propose an acoustic device and an acoustic adjustment method, for playing back in excellent sound quality according to user's auditory characteristics.
SOLUTION: In an auditory detection section 2b, a sound pressure level is gradually raised for each detection sound of each frequency band, and the sound pressure level at which the user can hear the detection sound is determined as a perception sound pressure level for each frequency band, according to timing of receiving a confirmation signal from a confirmation signal input section 10. Thereby, the acoustic processing section 2a easily determines where the specified frequency band which is hard to listen for the user is, or is not, from sound pressure difference between perception sound pressure level and a reference sound pressure level, and surely amplifies the sound pressure level in only the frequency band which is hard to listen for the user, by amplifiers 5a, 5b, 5c and so on, which are respectively provided for each frequency band, and consequently, music is adjusted to the sound pressure level which is easy to listen for the user in all frequency bands and played back in the excellent sound quality according to the user's auditory characteristics.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、オーディオ装置においては、例えばCD(Compact Disc)やDVD(Digital Versatile Disc)等の記録媒体を再生する際に、音量摘み(ボリューム摘み)が操作されることにより、スピーカから出力される音量が変化し、ユーザが難聴者や高齢者であっても、再生音を聞き取り易くできる(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開2004-260518号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、音響装置及び音響調整方法に関し、例えば所定のサンプリング周波数でサンプリングされた時間方向に並ぶ離散データ間を補間してアナログ信号を生成する際に適用して好適なものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ユーザが検知した最小の音圧レベルである知覚音圧レベルを周波数帯域毎に特定し、該ユーザの聴覚特性を検査する聴覚検査手段と、
該ユーザに聴取させる音楽が音響信号として入力部から入力され、前記音響信号の周波数特性を、前記聴覚検査手段からの出力結果に基づいて前記ユーザの聴覚特性に適した周波数特性に調整する調整手段とを備え、
前記聴覚検査手段は、一般的なユーザが周波数帯域毎に聞き取った最小の音圧レベルを表した統計的な標準音圧曲線を記憶しており、該標準音圧曲線の標準音圧レベルと、前記知覚音圧レベルとの比である音圧係数を、前記ユーザが検査した周波数帯域毎に算出し、
検査した前記周波数帯域の間毎に該音圧係数と周波数帯域との関係式を生成し、これら複数の前記関係式を基に知覚音圧レベル傾向を推測し、その推測結果から前記ユーザが聞き取り難い前記音響信号の周波数帯域の音圧レベルを、前記調整手段によって増幅させる
ことを特徴とする音響装置。

【請求項2】
 
前記聴覚検査手段は、
検査音に対するユーザからの応答があるまで、周波数帯域毎に前記検査音の音圧レベルを増加させながら前記ユーザに対して該検査音を提示する検査音出力手段と、
前記ユーザからの応答により前記周波数帯域毎に前記知覚音圧レベルを特定する特定手段とを備え、
前記調整手段は、
入力された前記音響信号を複数の周波数帯域に分離する帯域分離部を備え、前記帯域分離部にて分離した前記周波数帯域毎に前記ユーザが聞き取り難い周波数帯域の音圧レベルを、前記推測結果を基に増減させる
ことを特徴とする請求項1記載の音響装置。

【請求項3】
 
前記聴覚検査手段は、
前記音圧係数と周波数帯域との関係式に基づいて、前記知覚音圧レベルが特定された周波数帯域以外の周波数帯域における前記ユーザ固有の知覚音圧レベル傾向を算出して全周波数帯域の前記知覚音圧レベル傾向を示した知覚音圧曲線を、前記推測結果として生成する生成手段を備え、
前記調整手段は、前記知覚音圧曲線に基づいて各前記周波数帯域毎に音圧レベルを増減させる
ことを特徴とする請求項2記載の音響装置。

【請求項4】
 
前記知覚音圧曲線は周波数に関するn次多項式で表し、該n次多項式に基づき各周波数における音圧調整レベルを生成する
ことを特徴とする請求項3記載の音響装置。

【請求項5】
 
前記聴覚検査手段には、予め生成した複数の前記知覚音圧曲線が記憶されている
ことを特徴とする請求項3又は4記載の音響装置。

【請求項6】
 
前記聴覚検査手段に記憶された複数の前記知覚音圧曲線のうち、所望の前記知覚音圧曲線をユーザに選択させるための選択手段を備える
ことを特徴とする請求項5に記載の音響装置。

【請求項7】
 
前記検査音出力手段は、聴覚特性検査のための微小音を発生させる微小音発生手段と、前記ユーザが前記微小音を知覚したとき、前記ユーザに確認信号を入力させるための確認信号入力手段とを備える
ことを特徴とする請求項2~6のうちのいずれか1項記載の音響装置。

【請求項8】
 
聴覚検査手段によって、ユーザが検知した最小の音圧レベルである知覚音圧レベルを周波数帯域毎に特定し、該ユーザの聴覚特性を検査する聴覚検査ステップと、
一般的なユーザが周波数帯域毎に聞き取った最小の音圧レベルを表した統計的な標準音圧曲線を記憶した前記聴覚検査手段によって、該標準音圧曲線の標準音圧レベルと、前記知覚音圧レベルとの比である音圧係数を、前記ユーザが検査した周波数帯域毎に算出する算出ステップと、
該ユーザに聴取させる音楽が音響信号として入力部から入力され、調整手段によって、前記音響信号の周波数特性を、前記聴覚検査ステップを行う前記聴覚検査手段からの出力結果に基づいて前記ユーザの聴覚特性に適した周波数特性に調整する調整ステップとを備え、
前記調整ステップでは、検査した前記周波数帯域の間毎に前記音圧係数と周波数帯域との関係式を生成し、これら複数の前記関係式を基に知覚音圧レベル傾向を推測し、その推測結果から前記ユーザが聞き取り難い前記音響信号の周波数帯域の音圧レベルを、前記調整手段によって増幅させる
ことを特徴とする音響調整方法。

【請求項9】
 
前記聴覚検査ステップは、
検査音に対するユーザからの応答があるまで、周波数帯域毎に前記検査音の音圧レベルを増加させながら前記ユーザに対して該検査音を提示する検査音出力ステップと、
前記ユーザからの応答により前記周波数帯域毎に前記知覚音圧レベルを特定する特定ステップとを備え、
前記調整ステップは、
帯域分離部によって、前記入力部からの前記音響信号を複数の周波数帯域に分離し、前記調整手段によって、前記帯域分離部にて分離した前記周波数帯域毎に前記ユーザが聞き取り難い周波数帯域の音圧レベルを、前記推測結果を基に増減させる
ことを特徴とする請求項8記載の音響調整方法。

【請求項10】
 
前記聴覚検査ステップは、
前記音圧係数と周波数帯域との関係式に基づいて、前記知覚音圧レベルが特定された周波数帯域以外の周波数帯域における前記ユーザ固有の知覚音圧レベル傾向を算出して全周波数帯域の前記知覚音圧レベル傾向を示した知覚音圧曲線を、前記推測結果として生成する生成ステップを、前記特定ステップの後に備え、
前記調整ステップは、
前記知覚音圧曲線に基づいて各前記周波数帯域毎に音圧レベルを増減させる
ことを特徴とする請求項9記載の音響調整方法。

【請求項11】
 
前記知覚音圧曲線は周波数に関するn次多項式で表し、該n次多項式に基づき各周波数における音圧調整レベルを生成する
ことを特徴とする請求項10記載の音響調整方法。

【請求項12】
 
前記聴覚検査ステップは、複数の前記知覚音圧曲線を予め生成して記憶しておく
ことを特徴とする請求項10又は11記載の音響調整方法。

【請求項13】
 
前記聴覚検査ステップは、予め複数ユーザの前記知覚音圧曲線をそれぞれ生成して記憶しておき、音響信号再生時にユーザが、前記記憶された複数の知覚音圧曲線の中からユーザに適した知覚音圧曲線を選択させて前記音圧レベルを調整する
ことを特徴とする請求項10~12のうちいずれか1項記載の音響調整方法。

【請求項14】
 
前記聴覚検査ステップは、微小音発生手段によって微小音を発生させ、前記ユーザが前記微小音を知覚したとき、前記ユーザに確認信号入力手段を介して確認信号を入力させ、前記知覚音圧レベルを特定する
ことを特徴とする請求項8~13のうちのいずれか1項記載の音響調整方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008138827thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST New High-Performance Information Processing Technology Supporting Information-Oriented Society - Aiming at the Creation of New High-Speed, Large-Capacity Computing Technology Based on Quantum Effects, Molecular Functions, Parallel Processing, etc.- AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close