Top > Search of Japanese Patents > EMBRYO CULTURE DEVICE

EMBRYO CULTURE DEVICE

Patent code P110004209
File No. RJ009P40
Posted date Jul 8, 2011
Application number P2008-210756
Publication number P2010-045980A
Patent number P5406481
Date of filing Aug 19, 2008
Date of publication of application Mar 4, 2010
Date of registration Nov 8, 2013
Inventor
  • (In Japanese)佐伯 和弘
  • (In Japanese)加藤 暢宏
  • (In Japanese)谷口 俊仁
Applicant
  • (In Japanese)学校法人近畿大学
Title EMBRYO CULTURE DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an embryo culture device which can easily be produced and can individually culture embryos whose aggregative culture is difficult, because it is difficult to make many embryos, such as somatic cell clone embryos, thereby efficiently generating the embryos to the embryos of the blastocyst period.
SOLUTION: The embryo culture device 1 includes wells 2 for receiving and culturing embryos, wherein the porosity of the inner wall surface of each well is low, and a substance can substantially not be exchanged between the inner and outer sides of the well 2. The embryo culture device 1 can be produced, for example, by heating and molding a thermosetting polydimethylsiloxane under reduced pressure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

哺乳動物胚の体外培養技術の進歩により、体外受精胚や体細胞クローン胚を胚盤胞期まで発生させることができるようになっている。哺乳動物胚の体外培養は、プラスチックシャーレ(培養容器)内に50μl程度の培養液のドロップを載せ、このドロップをミネラルオイルで被覆したのち、ドロップ内に胚を導入して胚を培養する方法、により行うのが一般的である。ただ、この方法では、数10個の胚を同一の培養液のドロップ内で集合培養しなければ、胚盤胞期胚を効率的に得ることができない(非特許文献1を参照。)。

一方、体細胞クローン胚のように作製が困難な胚は、多数の胚を同時に作製・培養するこができない。そのため、前記方法によって体細胞クローン胚などから効率よく胚盤胞期胚を得ることは困難であり、少数胚でも効率的に発生させることができる培養系の開発が求められている。

近年、培養皿の底面に穿設した微小なウェル内で胚を培養する方法(Well of well; WOW法)によって、少数胚でも効率的に胚盤胞へ発生させることができることが報告されている。しかし、この方法は、微小なウェルを手作業で穿設するため、同一形状のウェルを安定的に穿設することが難しく、容易に製造できなかった(非特許文献2を参照。)。
【非特許文献1】
Nagao Y, Iijima R and Saeki K. Interaction between embryos and culture conditions during in vitro development of bovine early embryos. Zygote. 2008;16: 127-133.
【非特許文献2】
Vajta G, Peura TT, Holm P, Paldi A, Greve T, Trounson AO, Callesen H. New method for culture of zona-included or zona-free embryos: the Well of the Well (WOW) system. Mol Reprod Dev. 2000; 55: 256-264.

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、体外受精胚やクローン胚を培養するための胚培養容器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
胚を収容して培養するためのウェルを有する胚培養容器であって、
合成樹脂を減圧下で成形してなり、
成形後のウェルの内壁面に直径0.2μm以上の孔が存在せず、かつ直径200μm~500μm、深さ100μm~300μmの円柱状のウェルが複数形成されていることを特徴とする胚培養容器。

【請求項2】
 
合成樹脂が熱硬化性樹脂である請求項1に記載の胚培養容器。

【請求項3】
 
熱硬化性樹脂がシリコーン樹脂である請求項2に記載の胚培養容器。

【請求項4】
 
シリコーン樹脂が、ポリジメチルシロキサンである請求項3に記載の胚培養容器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008210756thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close