Top > Search of Japanese Patents > IMAGE EDITING APPARATUS

IMAGE EDITING APPARATUS

Patent code P110004230
File No. A222P40
Posted date Jul 8, 2011
Application number P2008-259410
Publication number P2010-093412A
Patent number P4823290
Date of filing Oct 6, 2008
Date of publication of application Apr 22, 2010
Date of registration Sep 16, 2011
Inventor
  • (In Japanese)寅市 和男
  • (In Japanese)李 佳
  • (In Japanese)大宮 康宏
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title IMAGE EDITING APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an image editing apparatus capable of reducing an optional magnification, suppressing the deterioration in image quality and accelerating processing.
SOLUTION: The image editing apparatus includes: a tuner part for receiving distribution images for one frame; a demodulation part; a decoder; an odd-numbered field memory 110 and an even-numbered field memory 112 for storing a received first image; a reduction filter storage part 122 for storing the data of a two-dimensional reduction filter; a reduction filter processing part 120 for performing reduction processing using the two-dimensional reduction filter to the first image once or repeatedly for two or more times on the basis of the data stored in the reduction filter storage part 122; an interpolation function processing part 130 for performing the reduction processing by an adjusted reduction magnification larger than a fixed reduction magnification to a second image after the reduction processing is performed by the reduction filter processing part 120 and outputting a third image; and a display processing part 140 for reading the third image and displaying it at a display part.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、二次元平面上に配置された複数の画素によって構成される原画像に対して縮小処理を行う画像処理装置が知られている(例えば、特許文献1参照。)。この画像処理装置では、入力された原画像の画像データに対して、X方向およびY方向のそれぞれ毎に縮小処理が行われる。具体的には、この縮小処理は、X方向あるいはY方向に沿って隣接する4個の画素の画素値を用いた補間演算により行われる。
【特許文献1】
特開平11-353473号公報(第4-8頁、図1-10)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、受信した画像の解像度変換を行って出力する画像編集装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
1フレーム分の配信画像を受信する画像受信手段と、
前記画像受信手段によって受信した第1の画像を格納する受信画像格納手段と、
前記第1の画像を構成する複数の画素が並ぶ水平方向を第1の方向、垂直方向を第2の方向とし、これら第1および第2の方向で囲まれる矩形の2つの対角線のそれぞれに沿って配置された各画素の画素値のみを用い、これらの対角線に沿った各画素以外の画素の画素値を用いないで固定縮小倍率で画像の縮小を行う際に用いる二次元縮小フィルタのデータを格納する縮小フィルタ格納手段と、
前記縮小フィルタ格納手段に格納されたデータに基づいて、前記第1の画像に対して前記二次元縮小フィルタを用いた縮小処理を1回あるいは複数回繰り返して行う第1の縮小処理手段と、
前記第1の縮小処理手段によって縮小処理された後の第2の画像に対して、前記固定縮小倍率よりも大きい調整縮小倍率で縮小処理を行って第3の画像を出力する第2の縮小処理手段と、
前記第2の縮小処理手段から出力された前記第3の画像を格納する表示画像格納手段と、
前記表示画像格納手段に格納された前記第3の画像を読み出して出力する出力処理手段と、
を備えることを特徴とする画像編集装置。

【請求項2】
 
請求項1において、
前記画像受信手段は、インターレス方式に対応した奇数フィールド画像と偶数フィールド画像とを交互に受信し、
前記受信画像格納手段は、連続して受信した奇数フィールド画像と偶数フィールド画像のそれぞれを構成する画素により構成される1フレーム分の画像を前記第1の画像として格納することを特徴とする画像編集装置。

【請求項3】
 
請求項1または2において、
前記第1の画像と前記第3の画像に基づいて、前記第1の縮小処理手段による縮小処理の回数を設定する縮小回数設定手段をさらに備えることを特徴とする画像編集装置。

【請求項4】
 
請求項3において、
前記固定縮小倍率をA、前記第1の画像を前記第3の画像に縮小する際の縮小倍率をB、前記第1の縮小処理手段による縮小処理の回数をN、前記第2の縮小処理手段による縮小処理の調整縮小倍率をCとしたときに、
前記縮小回数設定手段は、B=AN×C、かつ、A<C<1を満たす前記Nの値を設定することを特徴とする画像編集装置。

【請求項5】
 
請求項1または2において、
前記第1の画像と前記第3の画像に基づいて、前記第2の縮小処理手段による縮小処理の調整縮小倍率を設定する調整縮小倍率設定手段をさらに備えることを特徴とする画像編集装置。

【請求項6】
 
請求項5において、
前記固定縮小倍率をA、前記第1の画像を前記第3の画像に縮小する際の縮小倍率をB、前記第1の縮小処理手段による縮小処理の回数をN、前記第2の縮小処理手段による縮小処理の調整縮小倍率をCとしたときに、
前記調整縮小倍率設定手段は、B=AN×C、かつ、A<C<1を満たす前記Cの値を設定することを特徴とする画像編集装置。

【請求項7】
 
請求項4または6において、
前記第1の画像の画素数と前記第3の画像の画素数とに基づいて前記Bの値を設定する総合縮小倍率設定手段をさらに備えることを特徴とする画像編集装置。

【請求項8】
 
請求項1~6のいずれかにおいて、
前記固定縮小倍率は1/2であることを特徴とする画像編集装置。

【請求項9】
 
請求項1~6のいずれかにおいて、
前記二次元縮小フィルタは、4×4画素の対角線方向の各画素値に所定の係数を乗算した値のみを加算して得られる値を、新たな画素の画素値とすることを特徴とする画像編集装置。

【請求項10】
 
請求項9において、
前記4×4画素の対角線方向の各画素の画素値に乗算する値を、外周の角位置の4画素については-1/16、内周の4画素については9/16とすることを特徴とする画像編集装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008259410thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST New High-Performance Information Processing Technology Supporting Information-Oriented Society - Aiming at the Creation of New High-Speed, Large-Capacity Computing Technology Based on Quantum Effects, Molecular Functions, Parallel Processing, etc.- AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close