Top > Search of Japanese Patents > IMAGE PROCESSING APPARATUS AND METHOD, AND PROGRAM

IMAGE PROCESSING APPARATUS AND METHOD, AND PROGRAM

Patent code P110004261
File No. A222P36
Posted date Jul 11, 2011
Application number P2008-334955
Publication number P2010-157094A
Patent number P4767313
Date of filing Dec 26, 2008
Date of publication of application Jul 15, 2010
Date of registration Jun 24, 2011
Inventor
  • (In Japanese)寅市 和男
  • (In Japanese)亀山 啓輔
  • (In Japanese)平野 華世子
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title IMAGE PROCESSING APPARATUS AND METHOD, AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an image processing apparatus and method, and a program for preventing the image quality from being reduced when part of a moving image is expanded.
SOLUTION: The image processing apparatus includes a frame extraction unit 12 acquiring image data of a first and a second frames that are two frames extracted from a moving image and including a shared partial image of which the position in each frame is out of alignment; an expansion object extraction unit 20 applying expansion processing of the partial image by using the image data corresponding to the partial image in the first frame and by using the image data corresponding to the partial image in the second frame; an interpolation object pixel determination unit 30; an interpolation position determination unit 32; an interpolation pixel calculation unit 42; and an unequal interpolation processing unit 50.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

画像の補間とは、画像の拡大、縮小、回転、変形、解像度の変更などの操作を行うときに、元の画像を構成する各画素の間に中間の色を生成したり、隣り合う画素の色を平均化する技術の総称である。従来から、画像を補間する手法としては、バイ・リニア法、バイ・キュービック法、ニアレスト・ネイバー法などの各種の方法が知られている(例えば、特許文献1参照。)。
【特許文献1】
特開2008-154237号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、動画の一部を拡大する画像処理装置、方法およびプログラムに関する。

なお、本明細書においては、関数値が局所的な領域(標本位置を除く)の全部あるいは一部において0以外の有限の値を有し、それ以外の領域で0となる場合を「有限台」と称して説明を行うものとする。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
動画から抽出される2つのフレームであってそれぞれのフレーム内での位置がずれている共通の部分画像が含まれる第1および第2フレームの画像データを取得する画像データ取得手段と、
前記第1フレームにおいて前記部分画像に対応する画像データと、前記第2フレームにおいて前記部分画像に対応する画像データとを用いて、前記部分画像の拡大処理を行う拡大処理手段と、
前記部分画像に含まれるエッジの方向を算出するエッジ方向算出手段と、
を備え、前記第1フレームの画像データには、前記部分画像を構成する第1の画素の画素値が含まれており、
前記第2フレームの画像データには、前記部分画像を構成する第2の画素の画素値が含まれており、
前記第1および第2フレームのそれぞれに対応する前記部分画像を重ねたときに、前記第1の画素の画素位置と前記第2の画素の画素位置とがずれており、
前記拡大処理手段は、複数の前記第1の画素の間あるいは複数の前記第2の画素の間に補間画素を設定し、前記補間画素を通る前記エッジ方向に沿ったライン上に、前記第1の画素に基づいて画素値が算出される第1の補助画素と、前記第2の画素に基づいて画素値が算出される第2の補助画素とを生成し、これら第1および第2の補助画素の画素値を用いて前記補間画素の画素値を算出することを特徴とする画像処理装置。

【請求項2】
 
請求項1において、
前記第1および第2の補助画素の画素値を用いた前記補助画素の画素値の算出は、標本位置が不均等間隔な標本化関数を用いて行われることを特徴とする画像処理装置。

【請求項3】
 
動画から抽出される2つのフレームであってそれぞれのフレーム内での位置がずれている共通の部分画像が含まれる第1および第2フレームの画像データを画像データ取得手段によって取得する画像データ取得ステップと、
前記第1フレームにおいて前記部分画像に対応する画像データと、前記第2フレームにおいて前記部分画像に対応する画像データとを用いて、前記部分画像の拡大処理を拡大処理手段によって行う拡大処理ステップと、
前記部分画像に含まれるエッジの方向をエッジ方向算出手段によって算出するエッジ方向算出ステップと、
を有し、前記第1フレームの画像データには、前記部分画像を構成する第1の画素の画素値が含まれており、
前記第2フレームの画像データには、前記部分画像を構成する第2の画素の画素値が含まれており、
前記第1および第2フレームのそれぞれに対応する前記部分画像を重ねたときに、前記第1の画素の画素位置と前記第2の画素の画素位置とがずれており、
前記拡大処理手段は、複数の前記第1の画素の間あるいは複数の前記第2の画素の間に補間画素を設定し、前記補間画素を通る前記エッジ方向に沿ったライン上に、前記第1の画素に基づいて画素値が算出される第1の補助画素と、前記第2の画素に基づいて画素値が算出される第2の補助画素とを生成し、これら第1および第2の補助画素の画素値を用いて前記補間画素の画素値を算出することを特徴とする画像処理方法。

【請求項4】
 
請求項3において、
前記第1および第2の補助画素の画素値を用いた前記補助画素の画素値の算出は、標本位置が不均等間隔な標本化関数を用いて行われることを特徴とする画像処理方法。

【請求項5】
 
コンピュータを、
動画から抽出される2つのフレームであってそれぞれのフレーム内での位置がずれている共通の部分画像が含まれる第1および第2フレームの画像データを取得する画像データ取得手段と、
前記第1フレームにおいて前記部分画像に対応する画像データと、前記第2フレームにおいて前記部分画像に対応する画像データとを用いて、前記部分画像の拡大処理を行う拡大処理手段と、
前記部分画像に含まれるエッジの方向を算出するエッジ方向算出手段と、
して機能させるための画像処理プログラムであって、
前記第1フレームの画像データには、前記部分画像を構成する第1の画素の画素値が含まれており、
前記第2フレームの画像データには、前記部分画像を構成する第2の画素の画素値が含まれており、
前記第1および第2フレームのそれぞれに対応する前記部分画像を重ねたときに、前記第1の画素の画素位置と前記第2の画素の画素位置とがずれており、
前記拡大処理手段は、複数の前記第1の画素の間あるいは複数の前記第2の画素の間に補間画素を設定し、前記補間画素を通る前記エッジ方向に沿ったライン上に、前記第1の画素に基づいて画素値が算出される第1の補助画素と、前記第2の画素に基づいて画素値が算出される第2の補助画素とを生成し、これら第1および第2の補助画素の画素値を用いて前記補間画素の画素値を算出する画像処理プログラム。

【請求項6】
 
請求項5において、
前記第1および第2の補助画素の画素値を用いた前記補助画素の画素値の算出は、標本位置が不均等間隔な標本化関数を用いて行われる画像処理プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008334955thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST New High-Performance Information Processing Technology Supporting Information-Oriented Society - Aiming at the Creation of New High-Speed, Large-Capacity Computing Technology Based on Quantum Effects, Molecular Functions, Parallel Processing, etc.- AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close