Top > Search of Japanese Patents > ORGANOMETALLIC COMPLEX, AND MOLDING AND METHOD FOR SEPARATING GAS

ORGANOMETALLIC COMPLEX, AND MOLDING AND METHOD FOR SEPARATING GAS

Patent code P110004317
File No. E093P02
Posted date Jul 11, 2011
Application number P2009-002055
Publication number P2010-158617A
Patent number P4994398
Date of filing Jan 7, 2009
Date of publication of application Jul 22, 2010
Date of registration May 18, 2012
Inventor
  • (In Japanese)北川 進
  • (In Japanese)中川 啓史
  • (In Japanese)田中 大輔
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title ORGANOMETALLIC COMPLEX, AND MOLDING AND METHOD FOR SEPARATING GAS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide such a molding that its structure is changed according to the kind of gas in contact therewith to adsorb/separate the gas.
SOLUTION: The molding for gas separation contains an organometallic complex which has a flexible, crystalline and mutually-fittable structure, and can have a first structure in the no presence of the gas having affinity and a second structure having high affinity to the gas in the presence of the gas having affinity, and is composed of a metal ion, an aromatic carboxylic acid polyvalent ligand and an aromatic bivalent ligand containing a nitrogen atom or a phosphorus atom.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ガス吸着剤はrigidな構造を有し、吸着するガスはこの吸着剤の孔に入り込むことができるものである。例えば特許文献1~5は、二酸化炭素を吸着する技術を開示しているが、これらは、二酸化炭素を対象とした吸着剤であるが、構造がrigidであるため、複数のガスを吸着することができず、分離能力も不十分であった。

特許文献6は、ベンゼンとシクロヘキサンを分離可能な錯体を開示しているが、ガス分離用の錯体についての開示はない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は有機金属錯体に関し、詳しくは、吸着するガスに応じて構造が変化可能な有機金属錯体に関する。また、本発明は有機金属錯体を用いたガス分離用成形体及びガス分離法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
柔軟性結晶性の相互嵌合性構造を有し、親和性を有するガスの非存在下における基底第1構造と、親和性を有するガスの存在下での当該ガスに対する高親和性第2構造をとり得ることを特徴とする、二酸化炭素を吸着し分離するための有機金属錯体であって、
該有機金属錯体が、
(i)亜鉛イオン、
(ii)下記のいずれかの芳香族多価カルボン酸配位子、
【化1】
 
(省略)
及び
(iii)芳香環内の2個の窒素原子が一直線上に位置する含窒素環を有する含窒素芳香族二価配位子から構成され、
前記芳香族多価カルボン酸配位子が前記亜鉛イオンに平面で配位し、前記含窒素芳香族二価配位子が前記亜鉛イオンにアキシャル方向から配位し、かつ、前記芳香族多価カルボン酸配位子と前記亜鉛イオンから構成される隣接する平面が段差を有し、これら平面が相互に嵌合している、
二酸化炭素を吸着し分離するための有機金属錯体。

【請求項2】
 
請求項1に記載の有機金属錯体を含む二酸化炭素分離用成形体。

【請求項3】
 
請求項2に記載の二酸化炭素分離用成形体に二酸化炭素を含む気体を接触させることを特徴とする二酸化炭素分離法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009002055thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KITAGAWA Integrated Pores AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close