Top > Search of Japanese Patents > ROTATING STRUCTURE FORMED FROM MAGNETIC PHOTOCURING RESIN AND MAGNETICALLY DRIVEN MICROACTUATOR USING THE SAME

ROTATING STRUCTURE FORMED FROM MAGNETIC PHOTOCURING RESIN AND MAGNETICALLY DRIVEN MICROACTUATOR USING THE SAME

Patent code P110004320
File No. AF02P006
Posted date Jul 11, 2011
Application number P2009-012498
Publication number P2010-172112A
Patent number P5420260
Date of filing Jan 23, 2009
Date of publication of application Aug 5, 2010
Date of registration Nov 29, 2013
Inventor
  • (In Japanese)生田幸士
  • (In Japanese)小林謙吾
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title ROTATING STRUCTURE FORMED FROM MAGNETIC PHOTOCURING RESIN AND MAGNETICALLY DRIVEN MICROACTUATOR USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a rotating structure formed from a magnetic photocuring resin, and a magnetically driven microactuator that uses the same.
SOLUTION: The magnetically driven microactuator comprises a rotor that is actually produced by photolithography using a magnetic photocuring resin, and a pair of electromagnetic coils disposed around the rotor such that the pair of electromagnetic coils applies a rotating magnetic field to rotate the rotor. By means of the actuator, it is possible to achieve a microscrew pump capable of conveying a continuous flow of liquid at a very small flow rate, a moving macromachine that moves through narrow spaces, and the like.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

光硬化性樹脂を用いた光造形装置及び光造形法についてはこれまで種々の技術が提案されている(特許文献1~特許文献4)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、本発明者らが先に開発に成功した磁性光硬化樹脂を用いて作成した回転構造体およびそれを使用した磁気駆動マイクロアクチュエータに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基材となる材料がアクリル系、エポキシ系、オキセタン系、ウレタン系、シリコン系等の無溶媒の光硬化樹脂のいずれかであり、添加される磁性微粒子が希土類微粒子、フェライト微粒子、のいずれかであり、添加される増粘剤がヒュームドシリカ、炭酸カルシウムのいずれかであり、これらを攪拌して構成した磁性光硬化樹脂を用いて光造形法により作成されたスクリュー型マイクロ回転子と、前記スクリュー型マイクロ回転子に回転磁場を印加して前記スクリュー型マイクロ回転子を回転駆動させるための電磁コイルとから構成されるマイクロスクリューポンプであって、電磁コイルで生成された磁場の勾配力によってスクリュー型マイクロ回転子を流路内の一定位置に留まるよう拘束する磁気トラップを用いたことを特徴とするマイクロスクリューポンプ。

【請求項2】
 
基材となる材料がアクリル系、エポキシ系、オキセタン系、ウレタン系、シリコン系等の無溶媒の光硬化樹脂のいずれかであり、添加される磁性微粒子が希土類微粒子、フェライト微粒子、のいずれかであり、添加される増粘剤がヒュームドシリカ、炭酸カルシウムのいずれかであり、これらを攪拌して構成した磁性光硬化樹脂を用いて光造形法により作成されたスクリュー型マイクロ回転子と、前記スクリュー型マイクロ回転子に回転磁場を印加して前記スクリュー型マイクロ回転子を回転駆動させるための電磁コイルとから構成されることを特徴とする泳動マイクロマシンであって、前記電磁コイルにより印加される回転磁場がヘルムホルツコイル対により、泳動マイクロマシンの速度を磁場の回転数に対して線形的に比例するようになされることを特徴とする泳動マイクロマシン。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009012498thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Novel Measuring and Analytical Technology Contributions to the Elucidation and Application of Life Phenomena AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close