Top > Search of Japanese Patents > DROPLET HOLDING TOOL AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

DROPLET HOLDING TOOL AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

Patent code P110004325
File No. S2011-0003-N0
Posted date Jul 12, 2011
Application number P2010-232628
Publication number P2012-088072A
Patent number P5548925
Date of filing Oct 15, 2010
Date of publication of application May 10, 2012
Date of registration May 30, 2014
Inventor
  • (In Japanese)小西 聡
  • (In Japanese)小林 大造
  • (In Japanese)海妻 良浩
Applicant
  • (In Japanese)学校法人立命館
  • (In Japanese)神港精機株式会社
Title DROPLET HOLDING TOOL AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a droplet holding tool capable of enhancing the capability to hold a minute amount of droplets.
SOLUTION: The droplet holding tool 1 includes a hydrophilic layer 2 in which uneven microstructure parts 21 for improving hydrophilicity are formed on the surface 20, and a water-repellent layer 3 which is provided on the surface 20 side of this hydrophilic layer 2 and in which openings 31 exposing the uneven microstructure parts 21 are formed. Furthermore, the water-repellent layer 3 is made of an amorphous material, and heating treatment, in which heating is performed at a temperature above a glass transition point of this amorphous material, is applied to the water-repellent layer 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

例えば、血液分析、又は、水溶液等を試料としたオンチップ化学分析を実現するために用いられるツールとして、撥水性と親水性との二つの特性を用いたものがある(例えば特許文献1参照)。

特許文献1に記載のツールは、撥水性を有する面上に複数の親水性領域を形成したものであり、親水性領域では、血液や水溶液等の液体による液滴が形成されるが、撥水性領域では液滴が形成されない。このため、ツール上では、親水性領域の形成パターンに従って、微量の液滴を複数配置することが可能となる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、微量の液滴を所定の位置で保持することが可能な液滴保持ツールの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
親水層の表面に、親水性を高める凹凸微細構造部を当該表面の全体に広がって形成し、
当該凹凸微細構造部を全体に広がって形成した当該親水層の表面上に、非晶質材料からなる撥水層を設け、
前記撥水層の表面に、窓部を有するマスクを形成し、
前記撥水層の内の前記窓部に対応する位置に前記凹凸微細構造部を露出させる開口部を形成し、
前記マスクを除去した後、前記撥水層を加熱処理し、
前記加熱処理では、前記撥水層を、前記非晶質材料のガラス転移点以上の温度で加熱することを特徴とする液滴保持ツールの製造方法。

【請求項2】
 
前記マスクは、銅製である請求項1に記載の液滴保持ツールの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010232628thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close