Top > Search of Japanese Patents > COMPLEX METAL OXIDE, POSITIVE ELECTRODE ACTIVE MATERIAL FOR SODIUM SECONDARY BATTERY, POSITIVE ELECTRODE FOR SODIUM SECONDARY BATTERY, AND THE SODIUM SECONDARY BATTERY

COMPLEX METAL OXIDE, POSITIVE ELECTRODE ACTIVE MATERIAL FOR SODIUM SECONDARY BATTERY, POSITIVE ELECTRODE FOR SODIUM SECONDARY BATTERY, AND THE SODIUM SECONDARY BATTERY meetings

Patent code P110004328
File No. S2011-0094-N0
Posted date Jul 12, 2011
Application number P2011-070928
Publication number P2012-201588A
Patent number P5765705
Date of filing Mar 28, 2011
Date of publication of application Oct 22, 2012
Date of registration Jun 26, 2015
Inventor
  • (In Japanese)藪内 直明
  • (In Japanese)駒場 慎一
  • (In Japanese)岩立 淳一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title COMPLEX METAL OXIDE, POSITIVE ELECTRODE ACTIVE MATERIAL FOR SODIUM SECONDARY BATTERY, POSITIVE ELECTRODE FOR SODIUM SECONDARY BATTERY, AND THE SODIUM SECONDARY BATTERY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a complex metal oxide with which battery performance of a sodium secondary battery is improved, the production method of the complex metal oxide, a positive electrode active material constituted of the complex metal oxide, a positive electrode formed by using the positive electrode active material, and the sodium secondary battery including the positive electrode.
SOLUTION: A complex metal oxide represented by predetermined general formula and constituted of an oxide with a P2 structure is used, and a positive electrode active material is produced by using the complex metal oxide, a positive electrode is produced by using the positive electrode active material, and a sodium secondary battery is produced by using the positive electrode.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

リチウム二次電池は、高エネルギー密度の二次電池であり、携帯電話やノートパソコン等の小型電源として既に実用化されている。また、リチウム二次電池は、電気自動車、ハイブリッド自動車等の自動車用電源や分散型電力貯蔵用電源等の大型電源として使用可能であることから、その需要は増大しつつある。

しかし、リチウム二次電池にはリチウム等の稀少金属元素が使用されているため、リチウム二次電池の需要が増大した場合に、上記稀少金属元素の供給不安定が懸念される。

上記の供給懸念の問題を解決するために、ナトリウム二次電池の研究が進められている。ナトリウム二次電池の正極活物質には、高価なリチウムではなく、資源量が豊富でしかも安価なナトリウムが使用される。したがって、ナトリウム二次電池を実用化することができれば、上記供給不安定の問題は解消される。

ところで、ナトリウム二次電池用の正極活物質としては、Na、Mn、Feの複合金属酸化物が使用されている(特許文献1~3)。特許文献1~3に記載の複合金属酸化物は、Li、Co、Ni等の稀少金属元素を含まないため、ナトリウム二次電池の生産コストの削減に寄与するとともに、ナトリウム二次電池の需要増大にも対応することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、複合金属酸化物、ナトリウム二次電池用正極活物質、ナトリウム二次電池用正極、及びナトリウム二次電池に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複合金属酸化物から構成される正極活物質を有する正極と、ナトリウムイオンを吸蔵及び脱離することができる負極と、電解質とを備えたナトリウム二次電池であって、
前記複合金属酸化物は、下記式(I)で表され、かつ、P2構造を有する酸化物から構成される、ナトリウム二次電池(ただし、下記式(II)で表されるアニオンを含む電解質は除く。)。
NaxFeyMn1-yO2・・・(I)
(式(I)中のxは1未満であり、yは1/3以上2/3未満である。)
【化1】
 
(省略)
(式(II)式中のR1及びR2は、同一又は異なり、夫々フルオロ基又はフルオロアルキル基である)
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011070928thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close