Top > Search of Japanese Patents > MICROWIRE-LIKE MOLECULAR ASSEMBLY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

MICROWIRE-LIKE MOLECULAR ASSEMBLY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P110004371
File No. K029P25
Posted date Jul 12, 2011
Application number P2009-208247
Publication number P2011-056617A
Patent number P5527683
Date of filing Sep 9, 2009
Date of publication of application Mar 24, 2011
Date of registration Apr 25, 2014
Inventor
  • (In Japanese)長谷川 裕之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title MICROWIRE-LIKE MOLECULAR ASSEMBLY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing microwire-like molecular assembly by an electrolytic process, in which a moiety contributing to electric conduction is not oxidized.
SOLUTION: According to this invention, a molecule in charge of oxidation-reduction is basically used for producing a microwire-like molecular assembly. As the molecule in charge of oxidation-reduction is oxidized for producing a microwire-like molecular assembly by an electrolytic process, a moiety in charge of electric conduction is not oxidized. Thus, the microwire-like molecular assembly having not so high conductivity can be produced.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



特開2007-5684(下記特許文献1)には,導電性ワイヤー状分子集合体及びその製造方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は,極小ワイヤー状分子集合体及びその製造方法などに関する。より詳しく説明すると,本発明は,電解法により極小ワイヤー状分子集合体を製造する方法において,フタロシアニンなど電気伝導を担う部位が酸化されるのではなく,酸化還元を担う部位が酸化されることで,バンド絶縁体型の単結晶を成長させ,これによりフタロシアニンなどにキャリアがドープされない極小ワイヤー状分子集合体を製造する方法や,その方法を用いて得られた極小ワイヤー状分子集合体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
極小ワイヤー状分子集合体の製造方法であって,
酸化還元を担う部位と,前記極小ワイヤー状分子集合体において電気伝導を担う部位とを含む溶液を用意する工程と,
前記溶液を2本の電極と接触させる工程と,
前記2本の電極に電圧を印加することにより電気化学反応を起こす工程と,
を含み,
前記極小ワイヤー状分子集合体は,
前記有機導電体を形成する有機分子が連続的に結合し,これにより前記極小ワイヤー状分子集合体が電気伝導性を有するものであり,
前記2本の電極に電圧を印加する工程において,
前記酸化還元を担う部位が酸化されることにより,前記電気伝導を担う分子が酸化される事なく連続的に結合し,これによりバンド絶縁体型の極小ワイヤー状分子集合体を形成し,
前記電気伝導を担う部位は,有機導電体を形成する配位子を有するフタロシアニンであり,
前記酸化還元を担う部位は,前記有機金属錯体に含まれる鉄(II)原子であり,
前記鉄(II)原子の酸化還元電位が,前記電気伝導を担う部位の酸化還元電位より低いものである,
バンド絶縁体型の極小ワイヤー状分子集合体の製造方法。

【請求項2】
 
前記配位子はCN,又はClである,
請求項1に記載の極小ワイヤー状分子集合体の製造方法。

【請求項3】
 
前記「酸化還元を担う部位と,前記極小ワイヤー状分子集合体において電気伝導を担う部位とを含む溶液」は,[FeII(Pc)(CN)2]を含有する溶液である,
請求項1に記載の極小ワイヤー状分子集合体の製造方法。

【請求項4】
 
前記「酸化還元を担う部位と,前記極小ワイヤー状分子集合体において電気伝導を担う部位とを含む溶液」は,ビス(トリフェニルホスホラニリデン)アンモニウム・[FeII(Pc)(CN)2]のアセトニトリル飽和溶液である,
請求項1に記載の極小ワイヤー状分子集合体の製造方法。

【請求項5】
 
フタロシアニン誘導体を含み,単結晶の極小ワイヤー状分子集合体であって,
前記フタロシアニン誘導体は,
錯体に含まれる金属原子と,配位子を有するフタロシアニン誘導体であり,
前記金属原子は,フタロシアニン誘導体の中心金属原子となるものであって,配位子より酸化還元電位が低いものであり,
前記金属原子は,鉄(II)原子である,
バンド絶縁体型の極小ワイヤー状分子集合体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009208247thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Search for nanomanufacturing technology and its development AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close