Top > Search of Japanese Patents > FLOW CYTOMETER AND FLOW CYTOMETRY METHOD

FLOW CYTOMETER AND FLOW CYTOMETRY METHOD

Patent code P110004456
File No. E081P03
Posted date Jul 14, 2011
Application number P2010-220445
Publication number P2011-099848A
Patent number P5534214
Date of filing Sep 30, 2010
Date of publication of application May 19, 2011
Date of registration May 9, 2014
Priority data
  • P2009-231468 (Oct 5, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)神田 昌彦
  • (In Japanese)加藤 茂明
  • (In Japanese)藤山 沙理
  • (In Japanese)泉川 恵
  • (In Japanese)近西 俊洋
Applicant
  • (In Japanese)ベイバイオサイエンス株式会社
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)国立大学法人東京大学
Title FLOW CYTOMETER AND FLOW CYTOMETRY METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a flow cytometer capable of enhancing an electrical signal of fluorescence generated when biological particles are excited by the second light, by adding electrically electrical signal output from a plurality of second acceptance.
SOLUTION: The flow cytometer is characterized by including a flow cell forming sheath flow containing colored biological particles, first and second light sources irradiating first and second lights sequentially to the flow cell, first and second acceptance receiving scattered light or fluorescence from biological particles due to the first light and the second light to convert into electrical signal, and a signal processing unit enhancing electrical signal of fluorescence generated when biological particles are excited by the second light, by adding electrically electrical signal output from a plurality of second acceptance during a predetermined period from the time of receiving scattered light or fluorescence by the first acceptance.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

バイオテクノロジの急速な発展に伴い、医学や生物学を含むさまざま分野で細胞などを自動的に分析・分別するフローサイトメータおよびセルソータの需要がますます増大しつつある。フローサイトメータは、生体(血液など)から採取された細胞粒子を蛍光色素などで染色し、数多くの細胞粒子をシースフロー内で一列に配列し、細胞粒子のそれぞれにレーザビームを照射して、細胞粒子から生じる側方散乱光と蛍光色素に依存するさまざまな多色蛍光を測定することにより、細胞を同定するものである。また、同定するために収集された散乱光と蛍光に関する情報は、通常、電気的信号に変換され、サンプルから採取された大量の細胞粒子を統計的に評価することにより、生体の病変などの状態が診断される。さらにセルソータは、散乱光と蛍光に関する電気的信号を用いて、シースフローから分離される各細胞粒子を含む液滴を帯電させ、この液滴が落下する間に特定の電場を液滴に印加することにより、特定の細胞粒子を選択的に収集(分別)するものである。

典型的なフローサイトメータが、たとえば本願と同一の譲受人に譲渡された特許文献1および2に記載されており、これらの記載内容はここに参考に一体のものとして統合される。

これまでのフローサイトメータおよびセルソータは、上述のように、血液などから採取された比較的に寸法の大きい細胞粒子等を同定または分別することが主流であった。ところが昨今、ヒトゲノム研究に代表されるような遺伝子解析研究が進み、遺伝子を含むさまざまなタンパク質の解析研究が盛んに行われるようになり、細胞粒子等のみならずより微小なタンパク質複合体を蛍光標識して精度よく同定および分別する技術の確立に対する要請が近年ますます増大している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、フローサイトメータおよびフローサイトメトリ方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
染色された生物学的粒子を含むシースフローを形成するフローセルと、
フローセルに第1の光を照射する第1の光源と、
第1の光源よりシースフロー下流側においてフローセルに第2の光を照射する第2の光源と、
第1の光による生物学的粒子からの散乱光または蛍光を受光して電気的信号に変換する第1の受光部と、
第2の光による生物学的粒子からの蛍光を受光して電気的信号に変換する、シースフローに沿って配列された複数の第2の受光部と、
第1の受光部が散乱光または蛍光を受光した時から所定の期間において、複数の第2の受光部から出力された電気的信号を電気的に加算することにより、第2の光により生物学的粒子を励起したときに生じる蛍光の電気的信号を増大させる信号処理部とを備え
第2の光源は、複数の第2の受光部が対向するフローセルの受光領域全体にわたってシースフローに沿って実質的に均一な強度で第2の光を照射することを特徴とするフローサイトメータ。

【請求項2】
 
第2の光源は、複数の第2の受光部のそれぞれが対向するフローセルの各受光領域に、同一波長の第2の光を照射する複数の光源からなることを特徴とする請求項1に記載のフローサイトメータ。

【請求項3】
 
第2の受光部は、シースフローに沿った第1の方向、および第1の方向と直交する第2の方向に格子状に配列されることを特徴とする請求項1に記載のフローサイトメータ。

【請求項4】
 
複数の第2の受光部のそれぞれに対向して配置され、第2の光による生物学的粒子からの蛍光を集光するための複数のマイクロレンズを有することを特徴とする請求項1に記載のフローサイトメータ。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1に記載のフローサイトメータを備えたことを特徴とするセルソータ。

【請求項6】
 
染色された生物学的粒子を含むシースフローを形成するステップと、
フローセルに第1の光を照射するステップと、
第1の光源よりシースフロー下流側においてフローセルに第2の光を照射するステップと、
第1の光による生物学的粒子からの散乱光または蛍光を受光して電気的信号に変換するステップと、
第2の光による生物学的粒子からの蛍光を複数の受光領域において受光して電気的信号に変換するステップと、
第1の光による生物学的粒子からの散乱光または蛍光を受光した時から所定の期間において、複数の第2の受光部から出力された電気的信号を電気的に加算することにより、第2の光により生物学的粒子を励起したときに生じる蛍光の電気的信号を増大させるステップとを有し、
第2の光は、複数の受光領域全体にわたってシースフローに沿って実質的に均一な強度で照射されることを特徴とするフローサイトメトリ方法。

【請求項7】
 
第2の光は、同一波長を有し、複数の第2の受光部のそれぞれが対向するフローセルの各受光領域に照射されることを特徴とする請求項6に記載のフローサイトメトリ方法。

【請求項8】
 
染色された生物学的粒子は、蛍光色素で蛍光標識された100nm未満の径を有することを特徴とする請求項6または7に記載のフローサイトメトリ方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010220445thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KATO Nuclear Complex AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close