Top > Search of Japanese Patents > LUMINOUS TRANSITION METAL COMPLEX

LUMINOUS TRANSITION METAL COMPLEX meetings

Patent code P110004702
File No. 2008-025
Posted date Aug 12, 2011
Application number P2009-014911
Publication number P2010-174052A
Patent number P5327671
Date of filing Jan 27, 2009
Date of publication of application Aug 12, 2010
Date of registration Aug 2, 2013
Inventor
  • (In Japanese)舘 祥光
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人大阪
Title LUMINOUS TRANSITION METAL COMPLEX meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a phosphor or a phosphorescent substance for excitable light-emitting devices comprising a transition metal complex, a method for producing the same, and a light-emitting device using the same.
SOLUTION: The transition metal complex for light-emitting devices is obtained by bonding 2-3 ligands to a transition metal and the transition metal complex can be used as a novel useful light-emitting device since it has light-emitting properties different from the conventional ones. Further, since the ligands are formed of organic substances, the transition metal complex can be made into a light-emitting device by freely changing the form to become industrially very useful.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

本発明は、LED等に用いる発光素子として好適な蛍光体あるいは燐光体に関する。

本発明に係る蛍光体あるいは燐光体は、LED用発光体素子として提供することができ、また、他の照明用途や、表示デバイス分野でも、液晶のバックライトやCRT用の発光体にも応用することができる。さらに、FED(電界放射型ディスプレイ)、PDP(プラズマディスプレイ)、EL(エレクトロルミネッセンス)などの電子表示デバイスにも応用できる。

LED用の発光体としては、無機化合物の固体(粉末)からなる発光体が用いられている(例えば、特許文献1参照。)が、ポリマー性樹脂中に発光体を練り込んで樹脂組成物とし、その樹脂組成物を励起光発光素子部の上に塗布、モールドして製造することから、発光体がポリマー性樹脂などの部材への親和性が高く、加工が容易で、溶剤に溶解して塗布するなど形状変化の自由度の高さを有する有機性の発光体が望まれている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、遷移金属錯体からなる励起発光素子用の蛍光体あるいは燐光体、及びその製造方法、ならびにそれを用いた発光素子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式(1)
【化1】
 
(省略)
(式(1)中、
Mは、2配位の銅イオンであり、
配位基L1またはL2は、Xあるいは、Mに配位しているYとZを有する複素環であり、1価のピリジン残基または6-メチルピリジン残基で、その2位にlinkerが結合している
Xはハロゲン化物イオンまたは対アニオンClO4-、PF6-、BF4-、CF3SO3-、B(C6H5)4-のいずれかであるが、L1およびL2が共にXであることはない。
YはNの原子である。
Zは -CR3=CR4-である。
ここで、LnがXの場合は、Lnに結合するlinkerがなくてもよい。
R3R4水素原子である。
R1アルキル基であり、
R2は水素原子である。
linkerは、エチレン基であ
basementは、6置換のベンゼン残基を表す。
Tnは、basementのベンゼン環の2、4、6位に結合する3個のエチル基であ
nは3であり、linkerのエチレン基がbasementのベンゼン環の1、3、5位に結合している
複数個のR1、R2、R3、R4、X、Y、Z、linker、basementが存在する場合、これらは互いに独立である。)
で示される構造を有することを特徴とする発光性遷移金属錯体。

【請求項2】
 
前記式(1)において、L1またはL2のいずれか一方が塩化物イオンであり、そのL1またはL2にlinkerが結合していない請求項1に記載の発光性遷移金属錯体

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の発光性遷移金属錯体を用いてなる蛍光発光素子もしくは燐光発光素子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009014911thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close