Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)生体関連物質の銀染色方法

(In Japanese)生体関連物質の銀染色方法 foreign

Patent code P110004742
File No. 576
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2006-537758
Patent number P4452890
Date of filing Sep 27, 2005
Date of registration Feb 12, 2010
International application number JP2005017769
International publication number WO2006035781
Date of international filing Sep 27, 2005
Date of international publication Apr 6, 2006
Priority data
  • P2004-282227 (Sep 28, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)大川 麻子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title (In Japanese)生体関連物質の銀染色方法 foreign
Abstract (In Japanese)核酸又はタンパク質などの生体関連物質を電気泳動により分離したポリアクリルアミドゲル又はアガロースゲルなどのゲルを銀染色する方法であって、少なくとも下記の工程:(a)電気泳動後の未処理のゲルをチオ硫酸ナトリウム水溶液に浸漬する工程;(b)上記工程(a)で得られたゲルをエタノール及び酢酸ナトリウム水溶液の混合物に浸漬する工程;(c)上記工程(b)で得られたゲルをエタノール及び硝酸銀水溶液の混合物に浸漬する工程を含む方法。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ドデシル硫酸ナトリウム・ポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-PAGE)の開発以来、タンパク質や核酸などの生体試料の生化学的解析においてPAGEは欠かすことのできない手段となっている。電気泳動後のポリアクリルアミドゲル上のタンパク質を検出する手段としては、例えばCBB染色法、銀染色法、蛍光染色法などを利用することができる。生体組織や細胞内のタンパク質の全体像(プロテオーム)を解析して医薬開発に役立てようとする総合的研究(プロテオミクス)においては、とりわけ検出感度の高い手段が求められているが、これらの手段のうち、銀染色法は特別な検出装置を必要とせずに最も高い検出感度を得られる方法として当業界で汎用されている。現在提供されている市販の銀染色キット等を用いて銀染色を行なった場合、タンパク質量が数100pg以上での検出が可能である。

しかしながら、従来の銀染色法を用いても、1細胞あたりの発現量の低いタンパク質を検出するためには108~109個以上の細胞が必要であり、タンパク質の回収効率を考慮するとさらに多くの細胞数が必要となり、現実的な解析は困難であるという問題がある。このような事情から、少ないタンパク質量、たとえば数10pg程度のタンパク質量を用いてPAGEを行なった場合にもゲル上のタンパク質を鮮明に可視化できる方法の開発が切望されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はタンパク質又は核酸などの生体関連物質を対象とした銀染色方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体関連物質を電気泳動により分離したゲルを銀染色する方法であって、少なくとも下記の工程:
(a)電気泳動後の未処理のゲルをチオ硫酸ナトリウム水溶液に浸漬する工程;
(b)上記工程(a)で得られたゲルをエタノール及び酢酸ナトリウム水溶液の混合物に浸漬する工程;
(c)上記工程(b)で得られたゲルをエタノール及び硝酸銀水溶液の混合物に浸漬する工程
を含む方法。

【請求項2】
 
上記工程(c)において、上記工程(b)で得られたゲルを水洗することなくエタノール及び硝酸銀水溶液の混合物に浸漬する請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
生体関連物質を電気泳動により分離したゲルを銀染色する方法であって、少なくとも下記の工程:
(a)電気泳動後の未処理のゲルをチオ硫酸ナトリウム水溶液に浸漬する工程;
(a-2)上記工程(a)で得られたゲルをエタノール及び酢酸水溶液の混合物に浸漬する工程;
(b')上記工程(a-2)で得られたゲルをエタノール及び酢酸ナトリウム水溶液の混合物に浸漬する工程;
(c')上記工程(b')で得られたゲルを水洗することなくエタノール及び硝酸銀水溶液の混合物に浸漬する工程
を含む方法。

【請求項4】
 
さらに下記の工程:
(d)上記染色工程(c)又は(c')で得られたゲルを水で洗浄する工程;
(e)上記工程(d)で得られたゲルを炭酸ナトリウム及びホルマリンの混合物を含む水溶液に浸漬する工程;及び
(f)上記工程(e)で得られたゲルを酸性水溶液に浸漬する工程
を含む請求項1ないし3のいずれか1項に記載の方法。

【請求項5】
 
ゲルがポリアクリルアミドゲル又はアガロースゲルである請求項1ないし4のいずれか1項に記載の方法。

【請求項6】
 
生体関連物質が核酸又はタンパク質である請求項1ないし5のいずれか1項に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close