Top > Search of Japanese Patents > BIOLOGICAL PRODUCTION METHOD FOR NITROUS ACID COMPOUND AND WATER TREATMENT METHOD

BIOLOGICAL PRODUCTION METHOD FOR NITROUS ACID COMPOUND AND WATER TREATMENT METHOD

Patent code P110004803
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2001-122540
Publication number P2002-316190A
Patent number P4069197
Date of filing Apr 20, 2001
Date of publication of application Oct 29, 2002
Date of registration Jan 25, 2008
Inventor
  • (In Japanese)祥雲 弘文
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title BIOLOGICAL PRODUCTION METHOD FOR NITROUS ACID COMPOUND AND WATER TREATMENT METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an efficient water treatment method by microorganisms having a capacity for producing nitrogen from organic nitrogen compounds and to efficiently control the generation of N2O in water treatment.
SOLUTION: When water containing the organic nitrogen compounds is treated, the water is mixed with the microorganisms having the capacity for producing nitrogen (nitrogen gas) from the organic nitrogen compounds, and the organic nitrogen compounds are decomposed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現在、汚染窒素の除去は、排水処理場において、硝化・脱窒処理によって行われている。

従来型の窒素除去(活性汚泥法)は、根本的に(1)好気的な硝化処理によるアンモニア体窒素の硝酸への変換と(2)嫌気的な脱窒処理による硝酸の窒素ガス(N2)への変換の2過程の組み合わせからなる。

これらの過程は、被処理水への通気を制御することによって、交互に行われている。それぞれの過程は、活性汚泥中に生息する硝化菌と脱窒菌の働きを利用したものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、有機体窒素化合物の分解方法及び水処理方法に関し、特に、Streptomyces antibioticus(ストレプトミセス・アンチビオティカス、以下「S.antibioticus」と称す) NRRL B-546を利用した、排水からの有機体窒素化合物の除去技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
有機体窒素化合物を分解するにあたり、
有機体窒素化合物から亜硝酸を生産する能力を有するストレプトミセス属の放線菌を前記有機体窒素化合物に作用させることによって、前記有機体窒素化合物から亜硝酸を生産することを特徴とする有機体窒素化合物の分解方法。

【請求項2】
 
有機体窒素化合物を含有する水を処理するにあたり、
前記水と、有機体窒素化合物から窒素を生産する能力を有するストレプトミセス・アンチビオティカス FERM P-18294で表される放線菌とを混合し、前記有機体窒素化合物を分解することを特徴とする水処理方法。

【請求項3】
 
前記放線菌が有機体窒素化合物から亜硝酸を生産する能力を有する請求項2記載の水処理方法。

【請求項4】
 
前記放線菌が有機体窒素化合物からアンモニアを生産する能力及び亜硝酸及びアンモニアから窒素を生産する能力を有する請求項2又は3記載の水処理方法。

【請求項5】
 
前記放線菌を好気的条件下に培養し、前記有機体窒素化合物を分解する請求項2~4のいずれか一項記載の水処理方法。

【請求項6】
 
前記放線菌が従属栄養細菌である請求項2~5のいずれか一項記載の水処理方法。

【請求項7】
 
前記従属栄養細菌が、ストレプトミセス・アンチビオティカス FERM P-18294である請求項6記載の水処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001122540thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close