Top > Search of Japanese Patents > A170 GENE KNOCKOUT MOUSE AS INSULIN-RESISTANT DISEASE MODEL, AND METHOD USING THE KNOCKOUT MOUSE

A170 GENE KNOCKOUT MOUSE AS INSULIN-RESISTANT DISEASE MODEL, AND METHOD USING THE KNOCKOUT MOUSE commons

Patent code P110004807
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2004-126465
Publication number P2005-304393A
Patent number P4521510
Date of filing Apr 22, 2004
Date of publication of application Nov 4, 2005
Date of registration Jun 4, 2010
Inventor
  • (In Japanese)▲柳▼川 徹
  • (In Japanese)石井 哲郎
  • (In Japanese)吉田 ▲広▼
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title A170 GENE KNOCKOUT MOUSE AS INSULIN-RESISTANT DISEASE MODEL, AND METHOD USING THE KNOCKOUT MOUSE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an insulin-resistant disease model mouse exhibiting symptoms similar to human insulin-resistant diseases including food intake increase, hyperlipidemia, fatty liver, obesity and hyperinsulinemia, and to provide a screening method using the model mouse.
SOLUTION: The A170 gene knockout mouse as an insulin-resistant disease model is provided. The screening method using the A170 gene knockout mouse is also provided, comprising screening therapeutic agents for insulin-resistant diseases. The A170 gene knockout mouse exhibits not only insulin resistance but also symptoms similar to human insulin-resistant diseases including obesity and fatty liver.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


インスリン抵抗性疾患とは、インスリン抵抗性の上昇によって引き起こされる疾患のことをいい、2型糖尿病、高脂血症・脂肪肝、肥満、高血圧症、動脈硬化症等の成人病は、インスリン抵抗性疾患と深い関連性を持つ。即ち、インスリン抵抗性の上昇は、2型糖尿病、高脂血症・脂肪肝、肥満等を引き起こし、また、インスリン抵抗性上昇に伴う代償性の高インスリン血症は、高血圧症等の誘因となる。さらに、それらの病態が複合的に連関して、動脈硬化症等が誘発される場合もある(非特許文献1参照)。



これらの病態の作用機序の解析、治療薬の開発等を目的として、疾患モデルマウス(ノックアウトマウス)が多く開発されている。例えば、糖尿病モデルマウスは、糖尿病に関連があると考えられる遺伝子を欠損させることにより作製し、該遺伝子の機能解析や糖尿病治療薬のスクリーニング等に用いられている。非特許文献2には、主な糖尿病モデルマウスが列記されている。



ここで、本発明に係るA170遺伝子についての公知技術を以下に説明する。



A170遺伝子とは、ヒトのp62をコードする遺伝子、ラットのZIPをコードする遺伝子、OSF-6と名付けられた骨関連タンパク質をコードする遺伝子等と相同性を示すマウスの遺伝子で(非特許文献3、特許文献1参照)、現在のところ、骨代謝と関連する病変(ページェット病等)との関連が強く示唆されている(特許文献1、非特許文献4参照)。そして、非特許文献4では、ページェット病の解析を目的として、p62不活性化マウスの作出が行われている。



一方、非特許文献5には、A170と相同性を示すZIPが、Grb14と結合してインスリン・シグナルを制御することが記載されているが、A170とインスリン抵抗性疾患との具体的な関わり又は作用機序は、現在のところ知られていない。
【特許文献1】
特開平6-256210号公報
【非特許文献1】
「インスリン抵抗性と生活習慣病」、診断と治療社、P2等参照
【非特許文献2】
「別冊・医学の歩み」、医歯薬出版株式会社、P113-117(2004)
【非特許文献3】
Geetha T. et al, FEBS Letters 512 (2002) 19-24
【非特許文献4】
Duran A. et al, Developmental Cell, Vol.6, 303-309, February,2004
【非特許文献5】
Cariou B. et al,Molecular and Cellular Biology, Oct.2002, P.6959-6970
【非特許文献6】
日本口腔科学会雑誌VOL.51、No6(2002)、p562、柳川徹ら、「A170遺伝子ノックアウトマウスの開発」

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、インスリン抵抗性疾患モデルのノックアウトマウス、及び該ノックアウトマウスを用いた方法に関する。より詳細には、インスリン抵抗性疾患モデルとしてのA170遺伝子ノックアウトマウス、及び該ノックアウトマウスを用いたスクリーニング方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
A170遺伝子ノックアウトマウスを用いる、インスリン抵抗性疾患治療剤のスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004126465thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close