Top > Search of Japanese Patents > ZnPd BASED PARTICULATE, AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

ZnPd BASED PARTICULATE, AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons

Patent code P110004810
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2007-027887
Publication number P2008-190018A
Patent number P4528985
Date of filing Feb 7, 2007
Date of publication of application Aug 21, 2008
Date of registration Jun 18, 2010
Inventor
  • (In Japanese)寺西 利治
  • (In Japanese)金原 正幸
  • (In Japanese)中谷 昌史
  • (In Japanese)佐藤 良太
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title ZnPd BASED PARTICULATE, AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem that a ZnPd alloy has been expected as a methanol steam reforming catalyst, and its particulates are preferable in order to increase a catalytic capacity, but it is technically difficult to obtain the particulates of ZnPd since the reduction of Zn2+ ions is difficult.
SOLUTION: By the reduction of a mixture of zinc or a zinc complex and a palladium complex in the presence of an organic ligand, zinc-palladium particulates comprising palladium and zinc and having the major axis of 1 to 100 nm are obtained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


次世代のクリーンエネルギーとして世界的に期待されている燃料に水素ガスがある。水素ガスを大規模に発生させ需要先に配管して供給するシステムも考えられるが、巨額の設備投資を要するという問題がある。そこで、配送に適するメタノールを原料として固体高分子形燃料電池(Polymer Electrolyte Fuel Cells 以下「PEFC」という。)に燃料となる水素ガスH2を効率よく供給する方法として、メタノールの水蒸気改質(CH3OH+H2O→3H2+CO2)による方法が知られている。



従来のメタノールの水蒸気改質用触媒としては、Cu/ZnOが紹介されている(例えば、非特許文献1参照)。また、銅とマンガンとを含有する触媒も提案されている(例えば、特許文献1参照)。しかしながら、銅の酸化による触媒活性の低下に問題がある。



一方、Pd/ZnO系触媒が高い触媒能と熱安定性を示すことが知られており、その高い触媒効果は反応の還元雰囲気下で生成したZnPd合金であるとの報告がある(例えば、非特許文献2参照)。
【特許文献1】
特開2004-188298号公報
【非特許文献1】
John P.Breen、他1名「Methanol reforming for fuel-cell applications:development of zirconia-containing Cu-Zn-Al catalysts」Catalysis Today 51(1999)521-533
【非特許文献2】
N.Iwasa、他3名「Steam reforming of methanol over Pd/ZnO:Effect of the formation of PdZn alloys upon the reaction」Applied Catalysis A:General 125(1995)145-157

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ZnPd系微粒子およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
亜鉛粉末とパラジウム錯体と複数の種類で同一モル比の有機配位子とを所定のモル比で混合し、前記有機配位子の融点以上かつ沸点未満の温度で加熱・攪拌して混合液を調製する工程と、
前記混合液を320℃以上かつ350℃未満の温度で所定時間加熱・攪拌して前記混合液中に亜鉛パラジウム微粒子を生成させる工程と、
生成された亜鉛パラジウム微粒子を精製する精製工程と、
を有する亜鉛パラジウム微粒子の製造方法。

【請求項2】
 
前記複数の種類で同一モル比の有機配位子はオレイルアミンおよびオレイン酸である請求項1に記載の亜鉛パラジウム微粒子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007027887thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close