Top > Search of Japanese Patents > PERSONAL AUTHENTICATION METHOD, PERSONAL AUTHENTICATION SYSTEM AND PERSONAL AUTHENTICATION PROGRAM

PERSONAL AUTHENTICATION METHOD, PERSONAL AUTHENTICATION SYSTEM AND PERSONAL AUTHENTICATION PROGRAM

Patent code P110004831
File No. 05-069JP00
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2006-123779
Publication number P2007-299022A
Patent number P4862155
Date of filing Apr 27, 2006
Date of publication of application Nov 15, 2007
Date of registration Nov 18, 2011
Inventor
  • (In Japanese)内田 雅文
  • (In Japanese)朴 永鎰
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人電気通信大学
Title PERSONAL AUTHENTICATION METHOD, PERSONAL AUTHENTICATION SYSTEM AND PERSONAL AUTHENTICATION PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To implement personal authentication using tactile stimuli, which are less subject to theft.
SOLUTION: The personal authentication method selects desired tactile stimulus elements from among a plurality of types of tactile stimuli (Step S1 to Step S5), arranges the selected tactile stimulus elements in a time series to construct a time series pattern of tactile stimuli arranged in a time series (Step S6), and registers the constructed time series pattern of tactile stimuli in association with the user (Step S7). When the registered tactile stimulus time series pattern is reproduced (Step S8, Step S9), the user who has reproduced the registered tactile stimulus time series pattern is authenticated as the registrant (Step S10).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現在、非対面での本人確認技術として数多く利用されている暗証番号やパスワードによる個人認証ステムは、ユーザがそのシステムを利用する際、その情報が人間の視覚によって盗まれてしまう特性を持っている。このため、実際に、銀行の自動支払機に隠しカメラを取り付け、暗証番号を盗み取るという事件も発生している。

最近では、盗まれ難い個人情報として、個人の生体情報を用いた生体認証の研究も実用化が進んでいる(非特許文献1,2,3参照)。
さらに、例えば、指紋という身体的特徴と、こすり方という行動的特徴との双方を一体的に利用して認証を行う認証装置が提案されている(特許文献1参照)。また、マイクの前カバーをたたく音と振動による入力の回数により個人認証を行う認証方法も提案されている(特許文献2参照)。
【特許文献1】
特開2005-141628号公報
【特許文献2】
特開平11-88326号公報
【非特許文献1】
“セキュリティにおける個人認証技術,” システム/制御/情報, システム制御情報学会, Vol.35, No.7, pp.431~439 (1991)
【非特許文献2】
http://www.bcm.co.jp/site/2003/2003Jun/techo-trend2/techo-torend2.html
【非特許文献3】
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/re_pki01/re_pki01.html

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、例えば、金融機関や公的機関などの個人認証に用いられる個人認証方法、個人認証システム及び個人認証プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数種類の触刺激の中から選択された所望の触刺激要素に対応する触刺激を出力し、
上記選択された触刺激要素を時系列に並べ、
上記時系列に並べられた触刺激の時系列パターンを構成し、
上記構成された触刺激の時系列パターンをユーザと対応関係を付けて登録し、
上記登録されている触刺激時系列パターンが再現されたとき、上記登録されている触刺激時系列パターンを再現したユーザを登録者本人と判定する個人認証方法であり、
上記触刺激時系列パターンの最初の触刺激要素として、全ての触刺激時系列パターンに共通の触刺激要素を配置したことを特徴とする個人認証方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の個人認証方法において、
上記触刺激時系列パターンの触刺激要素の一つに触刺激の出力なしの要素を加え、
上記触刺激時系列パターンの最初の触刺激要素としての共通の触刺激要素の次に、上記触刺激の出力なしの要素を配置したことを特徴とする個人認証方法。

【請求項3】
 
複数種類の触刺激の中から所望の触刺激要素を選択して入力する入力手段と、
上記入力された触刺激要素に対応する触刺激を出力する触刺激手段と、
上記選択された触刺激要素を時系列に並べることにより、触刺激の時系列パターンを構成するパターン構成手段と、
上記構成された触刺激の時系列パターンをユーザと対応関係を付けて登録する登録手段と、
上記登録されている触刺激時系列パターンが上記入力手段により再現されて入力されたとき、上記登録されている触刺激時系列パターンを再現したユーザを登録者本人と判定する判定手段と、
を備え、
上記触刺激時系列パターンの最初の触刺激要素として、全ての触刺激時系列パターンに共通の触刺激要素を配置したことを特徴とする個人認証システム。

【請求項4】
 
請求項3記載の個人認証システムにおいて、
上記触刺激時系列パターンの触刺激要素の一つに触刺激の出力なしの要素を加え、
上記触刺激時系列パターンの最初の触刺激要素としての共通の触刺激要素の次に、上記触刺激の出力なしの要素を配置したことを特徴とする個人認証システム。

【請求項5】
 
入力手段により複数種類の触刺激の中から所望の触刺激要素を選択して入力された触刺激要素に対応する触刺激を触刺激手段から出力すると共に認証判定のための処理を実行するコンピュータを、
上記選択された触刺激要素を時系列に並べることにより、触刺激の時系列パターンを構成するパターン構成手段と、
上記構成された触刺激の時系列パターンをユーザと対応関係を付けて登録する登録手段と、
上記登録されている触刺激時系列パターンが上記入力手段により再現されて入力されたとき、上記登録されている触刺激時系列パターンを再現したユーザを登録者本人と判定する判定手段、
として機能させるための個人認証プログラムであり、
上記触刺激時系列パターンの最初の触刺激要素として、全ての触刺激時系列パターンに共通の触刺激要素を配置したことを特徴とする個人認証プログラム

【請求項6】
 
請求項5記載の個人認証プログラムにおいて、
上記触刺激時系列パターンの触刺激要素の一つに触刺激の出力なしの要素を加え、
上記触刺激時系列パターンの最初の触刺激要素としての共通の触刺激要素の次に、上記触刺激の出力なしの要素を配置したことを特徴とする個人認証プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006123779thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close