Top > Search of Japanese Patents > CATALYST FOR HYDROGENATION REACTION OF CARBON MONOXIDE AND METHOD FOR PREPARING HYDROGENATED PRODUCT

CATALYST FOR HYDROGENATION REACTION OF CARBON MONOXIDE AND METHOD FOR PREPARING HYDROGENATED PRODUCT commons

Patent code P110004868
File No. K076-380
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2000-064874
Publication number P2001-246256A
Patent number P3407031
Date of filing Mar 9, 2000
Date of publication of application Sep 11, 2001
Date of registration Mar 14, 2003
Inventor
  • (In Japanese)大塚 康夫
  • (In Japanese)山田 宗慶
  • (In Japanese)王 野
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東北大学
Title CATALYST FOR HYDROGENATION REACTION OF CARBON MONOXIDE AND METHOD FOR PREPARING HYDROGENATED PRODUCT commons
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To produce a catalyst for hydrogenation reaction of carbon monoxide, which is suitable for preparing a hydrogenated product containing an objective component from a mixture gas of hydrogen and carbon monoxide (for example, a gasoline fuel oil component or a diesel fuel oil component) with high selectivity.

SOLUTION: This catalyst is characterized in that a transition metal is carried on a porous body in which 90% or more of all the pores are 1-50 mm in diameter.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来よりシリカ、アルミナの単体にコバルトやルテニウムを担持させた触媒の存在下で一酸化炭素と水素の混合ガスを所定の温度、圧力の下で反応させて燃料油成分を含む水素化生成物を製造することが行われている。しかしながら、これらの方法では、目的とする成分(例えばガソリン燃料油成分またはディーゼル燃料油成分)を他の成分(メタン等)に比べて必ずしも高い選択率で製造できなかった。
この発明に係る一酸化炭素の水素化反応触媒は、全細孔の90%以上が直径1~50nmの微細孔を有する多孔体に遷移金属を担持したことを特徴とする。
さらにその製造方法は、全細孔の90%以上が直径1~50nmの微細孔を有する多孔体に遷移金属を担持した触媒の存在下、水素と一酸化炭素を含む混合ガスを200~400℃の温度、0.1~10MPaの圧力の下にて反応させることを特徴とするものである。
Field of industrial application (In Japanese)一酸化炭素の水素化反応触媒および水素化生成物の製造方法
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  界面活性剤をテンプレートとして用いて合成され、シリカ単独、またはシリカとアルミニウムの混合物もしくはシリカとガリウムの混合物からなり、全細孔の90%以上が直径1~50nmの微細孔を有する多孔体に、コバルトもしくは鉄、またはルテニウム、ロジウムまたは白金から選ばれる貴金属からなる遷移金属を担持したことを特徴とする一酸化炭素の水素化反応触媒。
【請求項2】
  前記多孔体は、直径1~10nmの微細孔が全細孔の90%以上を占めることを特徴とする請求項1記載の一酸化炭素の水素化反応触媒。
【請求項3】
  前記コバルトまたは鉄は、前記多孔体に5~40重量%の範囲で担持されることを特徴とする請求項1記載の一酸化炭素の水素化反応触媒。
【請求項4】
  前記貴金属は、前記多孔体に1~15重量%の範囲で担持されることを特徴とする請求項1記載の一酸化炭素の水素化反応触媒。
【請求項5】
  前記多孔体への前記遷移金属の担持は、界面活性剤をテンプレートとして用いて合成された前記多孔体をコバルトもしくは鉄、またはルテニウム、ロジウムまたは白金から選ばれる貴金属からなる遷移金属の化合物の水溶液に添加、混合して遷移金属イオンとテンプレートイオンとを交換し、乾燥した後、焼成して前記テンプレートを燃焼、除去することによりなされることを特徴とする請求項1ないし4いずれか記載の一酸化炭素の水素化反応触媒。
【請求項6】
  界面活性剤をテンプレートとして用いて合成され、シリカ単独、またはシリカとアルミニウムの混合物もしくはシリカとガリウムの混合物からなり、全細孔の90%以上が直径1~50nmの微細孔を有する多孔体にコバルトもしくは鉄、またはルテニウム、ロジウムまたは白金から選ばれる貴金属からなる遷移金属を担持した触媒の存在下、一酸化炭素と水素を含む混合ガスを200~400℃の温度、0.1~10MPaの圧力の下にて反応させることを特徴とする水素化生成物の製造方法。
【請求項7】
  水素化生成物は、ガソリン燃料油およびディーゼル燃料油を含むことを特徴とする請求項7記載の水素化生成物の製造方法。
Industrial division
  • Miscellaneous in the inorganic chemistry category
  • (In Japanese)液体燃料・油脂
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close