Top > Search of Japanese Patents > LIQUID CARBON DIOXIDE TRANSPORTATION SYSTEM AND LIQUID CARBON DIOXIDE DIFFUSION METHOD

LIQUID CARBON DIOXIDE TRANSPORTATION SYSTEM AND LIQUID CARBON DIOXIDE DIFFUSION METHOD

Patent code P110004877
File No. P04082302-00JP00
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2004-246513
Publication number P2006-061810A
Patent number P4568837
Date of filing Aug 26, 2004
Date of publication of application Mar 9, 2006
Date of registration Aug 20, 2010
Inventor
  • (In Japanese)圓山重直
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東北大学
Title LIQUID CARBON DIOXIDE TRANSPORTATION SYSTEM AND LIQUID CARBON DIOXIDE DIFFUSION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an efficient technique for transporting carbon dioxide as a global warming gas, and to provide a technique for diffusing liquid carbon dioxide into ocean during transportation.
SOLUTION: Liquid carbon dioxide is efficiently transported by using a system composed of an unmanned submarine tanker for liquid carbon dioxide transportation which cruises at the depth of 300m or more, a marine ship for supplying propulsive energy which supplies electric power and control information to the tanker and a cable which is connected to the marine ship, supplies the electric power and the control information to the submarine tanker and has a top end part with a cross-section of streamline shape detachable from the tanker. Liquid carbon dioxide transported in the normal temperature state is gradually released through a large number of nozzle holes disposed on the surface and the rear part of the tanker and is diffused into an ocean middle layer zone during a cruise in the middle depth ocean from the tanker, and carbon dioxide can be thus separated from the air.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

地球温暖化の原因である二酸化炭素を大気から隔離することは、今後の人類にとって重要な課題である。現在、二酸化炭素を隔離するためには地中への隔離や海洋への隔離が検討されている(特許文献1)。しかし、二酸化炭素は液化しても、二酸化炭素はその発生源の石油より体積が大きく、かつ、常温では高圧なので二酸化炭素の大量輸送には多大なエネルギーを必要とする。二酸化炭素の投棄方法としては、深海貯留の他に海洋中層域の膨大な水に拡散させる方法が検討されており(特許文献2)、膨大な量の二酸化炭素を効率良く中層域に拡散させる新しい技術が望まれている。
【特許文献1】
特開平8-230772
【特許文献2】
特開2001-187330

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、地球温暖化の主要因である二酸化炭素を海洋に隔離するために輸送することと、航海中に海洋中層域に拡散し、大気から二酸化炭素を隔離する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
液体二酸化炭素貯蔵庫と、
該液体二酸化炭素貯蔵庫を内蔵する無人潜水式タンカーと、
エネルギー供給用船舶と、
該エネルギー供給用船舶と該無人潜水式タンカーとを結び該無人潜水式タンカーに電力・制御情報供給する電力供給・通信ケーブルとを、
有することを特徴とする液体二酸化炭素運送システム。

【請求項2】
 
前記無人潜水式タンカーの配置水深を、二酸化炭素の液化圧以上、かつ、液体二酸化炭素が海水より低密度の深度とすることを、特徴とする請求項1記載の液体二酸化炭素運送システム。

【請求項3】
 
前記無人潜水式タンカーの配置水深を、300m以上、3000m以下とすることを特徴とする請求項1または2記載の液体二酸化炭素運送システム。

【請求項4】
 
前記電力供給・通信ケーブルはその断面流線型断面であることを特徴とする請求項1、2または3記載の液体二酸化炭素運送システム。

【請求項5】
 
前記電力供給・通信ケーブルを前記無人潜水式タンカーから離脱させるための切り離し可能接続機構を有することを、特徴とする請求項1、2、3または4記載の液体二酸化炭素運送システム。

【請求項6】
 
前記切り離し可能接続機構は、所定以上の応力がかかった時に作動し、前記電力供給・通信ケーブルを前記無人潜水式タンカーから切り離し、推進機構を有して前記無人潜水式タンカーと再接合可能であり、
前記無人潜水式タンカーは、前記電力供給・通信ケーブルが切り離された後に作動する自動ナビゲーションシステムを有することを、
特徴とする請求項5記載の液体二酸化炭素運送システム。

【請求項7】
 
前記無人潜水式タンカーはその表面および後部に前記液体二酸化炭素貯蔵庫内の液体二酸化炭素を放出するための多数のノズル孔を持つことを特徴とする請求項1、2、3、4、5または6記載の液体二酸化炭素運送システム。

【請求項8】
 
請求項7記載の液体二酸化炭素運送システムを利用した液体二酸化炭素拡散方法であって、前記無人潜水式タンカーの運航中に前記多数のノズル孔から、前記液体二酸化炭素貯蔵庫内の液体二酸化炭素を徐々に海洋中層域に放出することを特徴とする液体二酸化炭素拡散方法。

【請求項9】
 
前記電力供給・通信ケーブルは、前記液体二酸化炭素貯蔵庫に高圧空気を供給可能であり、
前記多数のノズル孔から放出した液体二酸化炭素にほぼ等しい体積の高圧空気を、前記液体二酸化炭素貯蔵庫に補充することを
特徴とする請求項8記載の液体二酸化炭素拡散方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004246513thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close