Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DETERMINING STATE OF OPERATION OF WATER TREATMENT FACILITIES BY MICROORGANISM COMMUNITY ANALYSIS

METHOD FOR DETERMINING STATE OF OPERATION OF WATER TREATMENT FACILITIES BY MICROORGANISM COMMUNITY ANALYSIS commons

Patent code P110004879
File No. P04062101-00JP00
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2004-352125
Publication number P2006-159046A
Patent number P4815581
Date of filing Dec 6, 2004
Date of publication of application Jun 22, 2006
Date of registration Sep 9, 2011
Inventor
  • (In Japanese)中井 裕
  • (In Japanese)小田和 賢一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東北大学
Title METHOD FOR DETERMINING STATE OF OPERATION OF WATER TREATMENT FACILITIES BY MICROORGANISM COMMUNITY ANALYSIS commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for diagnosing a state of a new water treatment process based on the relation between a change of a bacteria phase and the cleaning action of a multiple microorganism system which is conventionally handled as a black box in various water treatment processes utilizing the action of a multiple microorganism for environmental conservation or the like, and a control method.
SOLUTION: A method for grasping a state of operation of water treatment facilities by carrying out a molecular biological analysis of a microorganism community structure for the state of operation of the water treatment facilities using the multiple microorganism to determine. The method carries out the molecular biological analysis of the microorganism community structure, clarifies a species of dominant ammonia oxidation bacteria in a treatment tank and a suitably habitable condition of the ammonia oxidation bacteria, and can provide an indicator of the state of operation of the water treatment facilities. Further, sludge containing the dominant strain can be inoculated on new or existing water treatment facilities.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


汚水処理に関しては、活性汚泥のような複合的な生物反応を利用した処理方法が広く用いられる。このような生物処理においてその中にどのような微生物が存在しているかは明確化されることなく用いられているのが現状である。中でも、汚水中に高濃度で含まれるアンモニア態窒素は、水域汚染や悪臭の原因となり、その除去は重要であるが、アンモニア除去を担うアンモニア酸化細菌(以下、AOBと称することもある)の動態については不明な点が多い。



最近、これらの微生物系の動態を把握して、水処理施設のプロセス診断に用いる試みが幾つかなされている。



たとえば、特開2002-101884には微生物をDNA配列の違いにより分離して得られる増殖状況と水処理反応の状況を比較して、主に鉄処理の排水処理に活かす試みが開示されている。



また、特開2004-8176には、混合微生物の遺伝子解析データおよび過去の解析データの類似度を対比する混合微生物系の監視方法および管理方法が開示されている。



しかしながら、指標とする微生物の設定方法や汚水の窒素濃度の影響については示されておらず、具体的に水処理施設の稼動状況の判断方法を備えた水処理施設が望まれていた。
【特許文献1】
特開2002-101884号公報
【特許文献2】
特開2004-159599号公報
【特許文献3】
特開2004-008176号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は複合微生物を利用した水処理施に関する。詳しくは、稼働状況を微生物群集構造の分子生物学的解析を行うことで水処理施設の稼動状況の判断方法、および当該判断方法を備えた水処理施設に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
β-proteobacteriaに属するアンモニア酸化細菌であるNm.urea/oligotropha/marinaクラスターまたはNm.europaeaクラスターの少な


または生物化学的酸素要求量(BOD)の値によって、指標となる微生物群を使い分けることを特徴とする、微生物群集構造の分子生物学的解析を行うことで水処理の状況を表示する方法。

【請求項2】
 
NH4-Nが400mg/1000cm3以下の場合にはNm.urea/oligotropha/marinaクラスターを指標とする請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
NH4-Nが400mg/1000cm3以上の場合にはNm.europaeaクラスターを指標とする請求項1に記載の方法。

【請求項4】
 
T-Nが1500mg/1000cm3以下の場合にはNm.urea/oligotropha/marinaクラスターを指標とする請求項1に記載の方法。

【請求項5】
 
T-Nが1500mg/1000cm3以上の場合にはNm.europaeaクラスターを指標とする請求項1に記載の方法。

【請求項6】
 
BODが3000mg/1000cm3以下の場合にはNm.urea/oligotropha/marinaクラスターを指標とする請求項1に記載の方法。

【請求項7】
 
BODが3000mg/1000cm3以上の場合にはNm.europaeaクラスターを指標とする請求項1に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close