Top > Search of Japanese Patents > VALUE CHAIN AND ENTERPRISE VALUE ANALYSIS DEVICE AND METHOD

VALUE CHAIN AND ENTERPRISE VALUE ANALYSIS DEVICE AND METHOD

Patent code P110004958
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2005-372746
Publication number P2006-216019A
Patent number P4710011
Date of filing Dec 26, 2005
Date of publication of application Aug 17, 2006
Date of registration Apr 1, 2011
Priority data
  • P2005-000601 (Jan 5, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)長尾 智晴
  • (In Japanese)岡田 依里
  • (In Japanese)松本 恵右
  • (In Japanese)南 裕亮
  • (In Japanese)荻野 慎太郎
Applicant
  • (In Japanese)学校法人横浜国立大学
Title VALUE CHAIN AND ENTERPRISE VALUE ANALYSIS DEVICE AND METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To perform enterprise evaluation including search for a value chain in addition to factors in evaluation/forecast of "an invisible enterprise value" with respect to a value chain and enterprise value evaluation device for quantitatively estimating/forecasting an enterprise value or investment value while specifying enterprise value sources or strengths and value chains.
SOLUTION: A combined load of a neural network in an enterprise value learning part 104 is optimized so as to input an inventory turnover rate, the number of employees and tangible fixed assets as indices for forming an index relating to "organizational power of an enterprise" through combination with other data, to input research and development expenses over the past two periods, research and development growth potential, the cumulative number of acquired patents, research and development efficiency and the latest research and development investment in relation to "technical stock and innovation", to input residual profits and liabilities with interest as feature quantities in relation to "financial discipline", and to output an investment value, a value chain is searched, and the investment value of an enterprise for evaluation is evaluated/forecasted in an enterprise value evaluating part 105 using the combined load.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

投資家の立場から企業の投資価値を定量的に評価する試みは、数多く行なわれている。例えば、特開2003-216718の「株式時価総額構成要素分析機能を備えた企業価値分析システム」には、株式時価総額を構成する形成要因を明らかにすることを課題とする技術が開示されている。

このような企業の評価において、近年バランスシート上の株主資本と株価時価総額が乖離する傾向が顕著になっており、その要因として「見えない価値」の評価の不完全性が指摘されている。無形の価値を評価する例としては、例えば特開2003-187052の「企業価値評価システム」には、ブランド・イメージがもたらす経済効果に着目し、企業ブランドの価値を評価するモデルが示されている。しかし、従来の技術は、必ずしも企業の競争力を十分に評価しているとはいえない。そのため、企業の強みとして将来的に価値を生み出す源泉を有する企業であっても、適正な評価を受けることができず、健全な企業活動を阻害される恐れがある。

一方、知的財産権を評価する手法も提案されている。例えば、特開2004-152093の「知的財産権評価装置及び知的財産権評価プログラム」には、知的財産権の価値を客観的に評価することを課題とする技術が開示されている。このような例で評価対象となる知的財産権は、企業の競争力を構成する要因であるが、知的財産を活用しながら企業価値を生み出す源泉を示すものではない。

特開2004-348170のように、企業が将来的にイノベーションを生み出す潜在力を指数化するとともに、企業価値の源泉としての技術革新力を知識経営と結び付けて企業価値を推定する手法もある。この方法は、指数化とともに企業価値の源泉を示しているが、ただし、企業のバリュー・チェーンを示すことを必ずしも意図していない。

【特許文献1】特開2003-216718号公報

【特許文献2】特開2003-187052号公報

【特許文献3】特開2004-152093号公報

【特許文献4】特開2004-348170号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、企業価値の源泉にかかわるバリュー・チェーンと企業価値を定量的に評価するバリュー・チェーンと企業価値分析装置に係り、「企業の見えない価値」を評価要素に加えて、企業価値の源泉とそれにかかわるバリュー・チェーンを見出し予測が正確な企業評価を行なう技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の要素を有することを特徴とする企業価値分析装置
(1)学習対象企業の営業利益を過去分の累積研究開発費の和である過去累積研究開発費で除した研究開発効率を含む特徴量データを入力し、当該学習対象企業の株価に発行株式数を乗じた時価株式総額から資本金を差し引いた投資価値を出力するように、学習用神経回路網を誤差逆伝播法で学習させて得られた結合荷重を記憶した評価用結合荷重データ記憶部
(2)評価対象企業の営業利益と過去分の累積研究開発費を含む企業情報データから、過去分の累積研究開発費を合算して過去累積研究開発費を求め、営業利益を過去累積研究開発費で除した研究開発効率を求め、少なくとも研究開発効率を含む特徴量データを抽出する特徴量抽出部
(3)学習用神経回路網と同様の構成を有し、評価対象企業の特徴量データを入力し、評価用結合荷重データ記憶部に記憶した結合荷重に従って神経回路網演算処理を行い、処理結果として評価対象企業の投資価値を出力する評価用神経回路網。

【請求項2】
 
特徴量データは、更に在庫回転率、従業員数、有形固定資産、過去2期研究開発費、研究開発成長性、直近累積特許権利化件数、直近研究開発投資税・資本コスト控除後の残余利益及び有利子負債のうち少なくとも1つを含むことを特徴とする請求項1記載の企業価値分析装置。

【請求項3】
 
学習対象企業の営業利益を過去分の累積研究開発費の和である過去累積研究開発費で除した研究開発効率を含む特徴量データを入力し、当該学習対象企業の株価に発行株式数を乗じた時価株式総額から資本金を差し引いた投資価値を出力するように、学習用神経回路網を誤差逆伝播法で学習させて得られた結合荷重を記憶した評価用結合荷重データ記憶部と、学習用神経回路網と同様の構成を有する評価用神経回路網とを備える企業価値分析装置となるコンピュータによる業価値分析方法であって、以下の要素を有することを特徴とする企業価値分析方法
(1)評価対象企業の営業利益と過去分の累積研究開発費を含む企業情報データから、過去分の累積研究開発費を合算して過去累積研究開発費を求め、営業利益を過去累積研究開発費で除した研究開発効率を求め、少なくとも研究開発効率を含む特徴量データを抽出する特徴量抽出処理工程
(2)評価用神経回路網により、評価対象企業の特徴量データを入力し、処理結果として評価対象企業の投資価値を出力するように、評価用結合荷重データ記憶部に記憶した結合荷重に従って行なう神経回路網演算処理工程。
Industrial division
  • Application of computer
  • Application of computer
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005372746thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)掲載特許について詳しくお知りになりたい方はHPの「お問い合わせ」ページにてお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close