Top > Search of Japanese Patents > OPTICAL AMPLIFICATION METHOD, OPTICAL AMPLIFIER, AND OPTICAL RESONATOR FOR OPTICAL AMPLIFICATION

OPTICAL AMPLIFICATION METHOD, OPTICAL AMPLIFIER, AND OPTICAL RESONATOR FOR OPTICAL AMPLIFICATION commons

Patent code P110005015
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2000-373679
Publication number P2002-176219A
Patent number P3465048
Date of filing Dec 8, 2000
Date of publication of application Jun 21, 2002
Date of registration Aug 29, 2003
Inventor
  • (In Japanese)福田 行男
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神戸大学
Title OPTICAL AMPLIFICATION METHOD, OPTICAL AMPLIFIER, AND OPTICAL RESONATOR FOR OPTICAL AMPLIFICATION commons
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an optical amplification method for achieving amplification over a wide wavelength range without generating unnecessary light, and to provide an optical amplifier.

SOLUTION: Light generated from a laser light source 10 is introduced into an optical resonator 20 for resonating and amplifying between reflectors 21 and 22. A specific high-frequency electric signal is applied to an acoustooptical element 23 by an acoustic optic element controller 30, and amplification light entering the acoustooptical element 23 is made into pulses and at the same time is diffracted in a slant direction and is taken to the outside.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)

単一モード連続発振レーザを用いることによって、スペクトル線幅の極めて狭い単色連続光が得られるが、その強度は比較的小さいため、使用する目的に応じて前記単色連続光を増幅する必要が生じる。増幅に際しては、光増幅器が用いられる。


従来の光増幅器は、その内部に増幅媒質が挿入された構造を呈している。そして、この増幅媒質に外部からエネルギーを加えることによって励起し、この励起状態の増幅媒質に対して前記単色連続光を導入することによって増幅する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、光増幅方法に関し、詳しくは、各種レーザ装置及び各種光学機器などに好適に用いることのできる、光増幅方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  光共振器内にレーザ光源より単一波長の連続光を導入する工程と、前記連続光を、前記光共振器内の両端側に設けられた2つの反射鏡間で反射させ、増幅された連続光を得る工程と、前記増幅された連続光を、前記光共振器内に設けられた音響光学素子に高周波電気信号をパルス的に加えることにより、前記光共振器外部へパルス光として取り出す工程と、前記音響光学素子の回折効率を変化させることにより、前記パルス光のパルス幅を変化させる工程と、を含むことを特徴とする、光増幅方法。
【請求項2】
  前記2つの反射鏡の一方の側に設けられた電歪素子に所定の電圧を加えることにより、前記光共振器の共振器長を調節する工程を含むことを特徴とする、請求項1に記載の光増幅方法。
【請求項3】
  前記音響光学素子に印加する前記高周波電気信号の強度を時間的に変化させることにより、前記パルス光のパルス形状を変化させることを特徴とする、請求項1又は2に記載の光増幅方法。
【請求項4】
  光共振器内にレーザ光源より単一波長の連続光を導入する工程と、前記連続光を、前記光共振器内の両端側に設けられた2つの反射鏡間で反射させ、増幅された連続光を得る工程と、前記増幅された連続光を、前記光共振器内に設けられた電気光学素子に直流電気信号をパルス的に加えることにより、前記増幅された連続光の偏光状態を変化させるとともに、前記光共振器内に設けられた偏光ビームスプリッタを介して前記光共振器外部へパルス光として取り出す工程と、前記電気光学素子に加える直流電気信号を変化させることにより、前記パルス光のパルス幅を変化させる工程と、を含むことを特徴とする、光増幅方法。
【請求項5】
  前記2つの反射鏡の一方の側に設けられた電歪素子に所定の電圧を加えることにより、前記光共振器の共振器長を調節する工程を含むことを特徴とする、請求項4に記載の光増幅方法。
【請求項6】
  前記電気光学素子に印加する前記高周波電気信号の強度を時間的に変化させることにより、前記パルス光のパルス形状を変化させることを特徴とする、請求項4又は5に記載の光増幅方法。
Industrial division
  • Solid device
  • Optical device
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close