Top > Search of Japanese Patents > PSYCHOLOGICAL EVALUATION METHOD FOR NOISE, DEVICE THEREFOR, AND MEDIUM THEREFOR

PSYCHOLOGICAL EVALUATION METHOD FOR NOISE, DEVICE THEREFOR, AND MEDIUM THEREFOR commons

Patent code P110005019
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2002-205577
Publication number P2003-121253A
Patent number P3546236
Date of filing Jul 15, 2002
Date of publication of application Apr 23, 2003
Date of registration Apr 23, 2004
Inventor
  • (In Japanese)安藤 四一
  • (In Japanese)酒井 博之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title PSYCHOLOGICAL EVALUATION METHOD FOR NOISE, DEVICE THEREFOR, AND MEDIUM THEREFOR commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a psychological noise evaluation method, a device therefor and a medium therefor using a physical factor led from an auto-correlation function and a cross-correlation function changed moment by moment in a time range, based on a human acoustic sense-cerebrum function system.
SOLUTION: This evaluation method includes an acoustic signal recording step for recording, by a binaural system, an acoustic signal of an environmental noise using a sound collecting means, an ACF and IACF computing step for calculating the cross-correlation function IACF between the auto-correlation function ACF and each of left and right channels using a computing means, based on the acoustic signal recorded by the binaural system, an ACF and IACF factor computing step for calculating an ACF factor based on the ACF, and/or for calculating an IACF factor based on the calculated IACF, and a psychological evaluation step for conducting psychological evaluation based on the calculated ACF and/or IACF factor(s). The psychological evaluation for a scale value of subjective spread feeling, an apparent noise source width in a noise field and the like is executed as to the environmental noise, by the method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、航空機騒音や自動車騒音などの地域環境騒音は、モノオーラル方式による騒音計を用いて測定した音圧レベルやその周波数特性に関して議論されてきた。しかし、上述したモノオーラル方式により測定された物理的ファクターのみでは人間の主観的応答を表わすには不十分かつ不適切であることがわかってきた。また、コンサートホール音響学では、バイノーラル方式により、ホールの物理的なデータと心理的(主観的)な関連性が明らかとなってきているが、騒音の分野においてはモノオーラル方式に関するものが殆どである。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、航空機騒音や自動車騒音などの地域環境騒音の計測・心理評価の方法及び装置に関するものである。特にバイノーラル方式による騒音の計測・心理評価の方法及び装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
音声採取手段を用いて環境騒音の音響信号をバイノーラル方式で記録する音響信号記録ステップと、
このバイノーラル方式で記録された音響信号から演算手段を用いて自己相関関数ACF及び左右の各チャンネル間の相互相関関数IACFを計算するACF及びIACF演算ステップと、
前記演算手段を用いて、この計算されたACFからACFファクターを計算し、この計算されたIACFからIACFファクターを計算するACF・IACFファクター演算ステップと、
前記演算手段を用いて、この計算されたACFファクター、及び、IACFファクターに基づき心理評価を行う心理評価ステップと、
を含むことを特徴とする騒音心理評価方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載の騒音心理評価方法において、
前記心理評価を行うステップが、
前記計算されたIACFファクターである最大振幅IACCと係数αとに基づき、主観的拡がり感Sdiffusenessを、
Sdiffuseness=-α(IACC)3/2
により求める演算ステップ、
を含むことを特徴とする騒音心理評価方法。

【請求項3】
 
請求項1に記載の騒音心理評価方法において、
前記心理評価を行うステップが、
前記計算されたIACFファクターである最大振幅IACCと、最大振幅における幅WIACCと、係数a及びbとに基づき、見かけの音源の幅SASWを、
SASW=-a(IACC)β+b(WIACC1/2
により求める演算ステップ、
を含むことを特徴とする騒音心理評価方法。

【請求項4】
 
音声採取手段を用いて環境騒音の音響信号をバイノーラル方式で記録する音響信号記録手段と、
このバイノーラル方式で記録された音響信号から演算手段を用いて自己相関関数ACF及び左右の各チャンネル間の相互相関関数IACFを計算するACF及びIACF演算手段と、
前記演算手段を用いて、この計算されたACFからACFファクターを計算し、この計算されたIACFからIACFファクターを計算するACF・IACFファクター演算手段と、
前記演算手段を用いて、この計算されたACFファクター、及び、IACFファクターに基づき心理評価を行う心理評価手段と、
を含むことを特徴とする騒音心理評価装置。

【請求項5】
 
請求項4に記載の騒音心理評価装置において、
前記心理評価を行う手段が、
前記計算されたIACFファクターである最大振幅IACCと係数αとに基づき、主観的拡がり感Sdiffusenessを、
Sdiffuseness=-α(IACC)3/2
により求める演算手段、
を含むことを特徴とする騒音心理評価装置。

【請求項6】
 
請求項4に記載の騒音心理評価装置において、
前記心理評価を行う手段が、
前記計算されたIACFファクターである最大振幅IACCと、最大振幅における幅WIACCと、係数a及びbとに基づき、見かけの音源の幅SASWを、
SASW=-a(IACC)β+b(WIACC1/2
により求める演算手段、
を含むことを特徴とする騒音心理評価装置。

【請求項7】
 
音声採取手段を用いて環境騒音の音響信号をバイノーラル方式で記録する音響信号記録ステップと、
このバイノーラル方式で記録された音響信号から演算手段を用いて自己相関関数ACF及び左右の各チャンネル間の相互相関関数IACFを計算するACF及びIACF演算ステップと、
前記演算手段を用いてこの計算されたACFからACFファクターを計算し、この計算されたIACFからIACFファクターを計算するACF・IACFファクター演算ステップと、
前記演算手段を用いてこの計算されたACFファクター、及び、IACFファクターに基づき心理評価を行う心理評価ステップと、を含むことを特徴とする、
騒音心理評価を行うプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な媒体。

【請求項8】
 
請求項7に記載のプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な媒体において、
前記心理評価を行うステップが、
前記計算されたIACFファクターである最大振幅IACCと係数αとに基づき、主観的拡がり感Sdiffusenessを、
Sdiffuseness=-α(IACC)3/2
により求める演算ステップ、を含むことを特徴とする、
騒音心理評価を行うプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な媒体。

【請求項9】
 
請求項7に記載のプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な媒体において、
前記心理評価を行うステップが、
前記計算されたIACFファクターである最大振幅IACCと、最大振幅における幅WIACCと、係数a及びbとに基づき、見かけの音源の幅SASWを、
SASW=-a(IACC)β+b(WIACC1/2
により求める演算ステップ、を含むことを特徴とする、
騒音心理評価を行うプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な媒体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002205577thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close