Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS AND METHOD FOR COMMUNICATION

APPARATUS AND METHOD FOR COMMUNICATION

Patent code P110005029
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2004-217916
Publication number P2006-041842A
Patent number P4110251
Date of filing Jul 26, 2004
Date of publication of application Feb 9, 2006
Date of registration Apr 18, 2008
Inventor
  • (In Japanese)小高 知宏
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title APPARATUS AND METHOD FOR COMMUNICATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a communication apparatus which provides data transmission using analog data and simplifies the constitution of a communication system.
SOLUTION: The communication apparatus is equipped with: an A/D conversion part 12 which is connected communicatively to a LAN and converts analog data into digital data; and a transmission control part 30 which transmits the digital data obtained by the A/D conversion part 12 to another communication apparatus connected to the LAN by using communication protocols corresponding to the physical layer and data link layer.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来より、音声等のアナログ信号(アナログデータ)を建物内において簡単に伝送する通信システムが知られている。この通信システムは、例えば、事務所におけるインターフォン、公会堂やホール等の音響設備に用いられている。

また、この通信システムにおいては、送信側の通信装置と受信側の通信装置とを、電線等の通信ケーブル(通信回線)で1対1に結んでおき、上記通信ケーブルを介してアナログ信号を送信側の通信装置から受信側の通信装置へ伝送している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、LANに通信可能に接続される通信装置、および、通信方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
外部に対して閉じたネットワークであるLANに通信可能に接続される通信装置であって、
アナログデータをデジタルデータに変換するA/D変換手段と、
前記A/D変換手段で変換されたデジタルデータを、物理層とデータリンク層とに対応する通信プロトコルのみを用いて、前記LANに接続される他の通信装置に送信する送信制御手段と、
自装置のMACアドレスと、前記他の通信装置の各MACアドレスとを記憶する第1の記憶部とを備え、
前記送信制御手段は、前記第1の記憶部から読み出した、自装置のMACアドレスおよび他の通信装置のMACアドレスを含むヘッダを前記デジタルデータに付加して送信することを特徴とする通信装置。

【請求項2】
 
ユーザにより入力された送信宛先の情報に基づいて、前記デジタルデータの送信宛先となる他の端末装置のMACアドレスを前記第1の記憶部から読み出す送信宛先指示部を備え、
前記送信制御手段は、前記送信宛先指示部が読み出したMACアドレスを前記ヘッダに含めることを特徴とする請求項1に記載の通信装置。

【請求項3】
 
前記他の通信装置が物理層とデータリンク層とに対応する通信プロトコルのみを用いて送信したデジタルデータを、前記他の通信装置から受信する受信制御手段を備えることを特徴とする請求項1または2に記載の通信装置。

【請求項4】
 
前記受信制御手段で受信したデジタルデータをアナログデータに変換するD/A変換手段を備えることを特徴とする請求項3に記載の通信装置。

【請求項5】
 
前記受信制御手段は、受信した前記デジタルデータに付加されているヘッダ内の送信宛先としてのMACアドレスに基づいて、前記デジタルデータが自装置宛てのデータであるか否かを判断し、
前記D/A変換手段は、前記受信制御手段が、前記デジタルデータが自装置宛てのデータであると判断した場合に、前記デジタルデータをアナログデータに変換することを特徴とする請求項4に記載の通信装置。

【請求項6】
 
アナログデータを記憶可能な第2の記憶部を備え、
前記A/D変換手段は、前記第2の記憶部に記憶されたアナログデータをデジタルデータに変換することを特徴とする請求項1から5の何れか1項に記載の通信装置。

【請求項7】
 
外部に対して閉じたネットワークであるLANに通信可能に接続される通信装置の通信方法であって、
アナログデータをデジタルデータに変換するA/D変換工程と、
自装置のMACアドレスと、前記LANに接続される他の通信装置の各MACアドレスとを記憶する第1の記憶部から読み出した、自装置のMACアドレスおよび他の通信装置のMACアドレスを含むヘッダを前記A/D変換工程で変換されたデジタルデータに付加して、物理層とデータリンク層とに対応する通信プロトコルのみを用いて、前記他の通信装置に送信する送信工程とを備えていることを特徴とする通信方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004217916thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close