Top > Search of Japanese Patents > ELECTRONIC MIRROR

ELECTRONIC MIRROR

Patent code P110005032
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2005-006985
Publication number P2006-195198A
Patent number P4269057
Date of filing Jan 14, 2005
Date of publication of application Jul 27, 2006
Date of registration Mar 6, 2009
Inventor
  • (In Japanese)川井 昌之
  • (In Japanese)野田 英希
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title ELECTRONIC MIRROR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electronic mirror with which a short-sighted person can select a suitable frame without mistake by wearing a glasses frame without lenses.
SOLUTION: In the electronic mirror with which a whole face is clearly seen in the state where the person comes close to the mirror, a half mirror 1 is provided at the front and a digital camera 2 is arranged at the back of the half mirror 1, and a liquid crystal panel 3 for projecting a face image which is taken by the digital camera 2 and the face image projected on the liquid crystal panel 3 is reflected and visualized via the half mirror 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

メガネフレームはレンズを保持して顔に掛ける為の一種の道具であって、長時間にわたって着用しても疲れることがないように色々工夫にされている。その為に、近年のメガネフレーム、特に金属製メガネフレームではチタン等の軽くてバネ性の高い材質が好まれている。また、樹脂製メガネフレームにあっては、超弾性を発揮する材質を使用することで疲れ難くて掛け心地の良好なものと成っている。

しかし、メガネは軽くて疲れ難いといった機能性のみならず、顔に掛けることでファッション性が要求されている為に、色々な装飾・デザインが施されていることも事実である。バネ性に優れたチタン材を用いてスリムなメガネフレームが構成されているが、これもメガネフレームのデザインを考慮した1つである。その他に、メガネフレームの2次加工として、塗装したり、カラーメッキしたり、時には宝石等の貴金属部品を取り付けることで、メガネフレームに高級感を与えるといった工夫も従来から行われて来ている。

特開平10-177153号に係る「メガネフレーム用装飾体」は、メガネフレームのテンプルの一部に孔を設ける一方、孔を介してテンプルに固定手段を取付ける。固定手段は、嵌合部を有する嵌合体と被嵌合部を有す被嵌合体とからなり、被嵌合体には吊下げ部材の一端が連結され、一方のテンプルの孔に固定手段を介して吊下げ部材の一端を取付け、他方のテンプルの孔に固定手段を介して吊下げ部材の他端を取付ける。両テンプル間に吊下げ部材が掛架され、吊下げ部材を介してメガネを首などに吊下げることが出来る。

特開平9-90294号に係る「メガネフレームのステンド風装飾体」は、メガネフレームの部品に開口穴を貫通し、この開口穴に樹脂を充填し、樹脂層内には模様や文字などを形成したシートを埋着したものであり、このシートには金属酸化物を真空蒸着して金属酸化物被膜を形成している。

このように、メガネフレームには多種多様な装飾・デザインが施されるが、自分の顔にフイットして似合うか否かは該メガネフレームを実際に掛けてみなくてはならない。しかし、この場合、近視の人であれば、該メガネフレームにはレンズが嵌っていない為にその様子を鏡に映してみてもはっきり分からない場合が多い。

視力は検眼鏡にて調べてレンズの度数を決めることが出来るが、数ある中からメガネフレームを選定する際には、該メガネフレームにレンズが嵌っていない為に、顔に掛けて鏡で見ても焦点が合わなくてボヤケテ見える。勿論、鏡に顔を近づけることではっきり見えるが、メガネフレームを掛けた状態が顔に似合うか否かを見るには、該鏡との距離をある程度隔てて顔全体を見ることが必要である。従って、従来ではレンズを嵌めて出来上がったメガネを掛けた場合、メガネフレームを選んだ時との感じが異なるケースも多い。

従来からパスポートなどの証明写真を撮る為のカメラ装置が所々に配置され、所定の金額を投入することで写真を自由に取ることが出来る。例えば、特開昭63-212924号に係る「ハーフミラー付きカメラ装置」はその1つである。前方にハーフミラーを備え、後部に暗室が形成された暗箱にカメラを設け、このハーフミラーを透過した像を撮影することにより、被写人物自身が撮影フレームワークを確認しながら撮影可能にしている。

このようなカメラ装置を使用しても近眼の人がレンズの嵌っていないメガネフレームを的確に選択することは出来ない。勿論、本発明は写真を撮ることが目的ではなく、該装置は構造が複雑化してメガネの各小売店に設置するにはコスト的にも高く、経済的な負担が大きく成る。
【特許文献1】
特開平10-177153号に係る「メガネフレーム用装飾体」
【特許文献2】
特開平9-90294号に係る「メガネフレームのステンド風装飾体」
【特許文献3】
特開昭63-212924号に係る「ハーフミラー付きカメラ装置」

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は近眼の人がメガネを購入するに際して、メガネフレームのデザインが顔にフイットするか否かを確かめることが出来るように、ある距離を離れた状態でしかも鮮明に顔全体を見ることが出来る電子鏡に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
近視の人が鏡に近づいた状態で顔全体をハッキリ見ることが出来る電子鏡であって、正面にはハーフミラーを設け、該ハーフミラーの後方には該ハーフミラーを透過する顔画像を写す鏡を取付け、該鏡に写った顔画像を反射する別の鏡を適当な位置に配置すると共に、該顔画像を入力するカメラを備えた携帯電話機を位置決め載置する場所を設け、該携帯電話機の表示パネルに映し出された顔画像をハーフミラーを介して反射させて見ることが出来るように構成したことを特徴とする電子鏡。

【請求項2】
 
近視の人が鏡に近づいた状態で顔全体をハッキリ見ることが出来る電子鏡であって、正面にはハーフミラーを設け、該ハーフミラーの後方には該ハーフミラーを透過する顔画像を写す鏡を取付け、該鏡に写った顔画像を反射する別の鏡を適当な位置に配置すると共に、該顔画像を入力するデジタルカメラを位置決め載置する場所を設け、該デジタルカメラの表示パネルに映し出された顔画像をハーフミラーを介して反射させて見ることが出来るように構成したことを特徴とする電子鏡。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005006985thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close