Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS FOR MEASURING ELECTROMAGNETIC WAVE OUTPUT

APPARATUS FOR MEASURING ELECTROMAGNETIC WAVE OUTPUT

Patent code P110005036
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2005-124303
Publication number P2006-300785A
Patent number P4403274
Date of filing Apr 21, 2005
Date of publication of application Nov 2, 2006
Date of registration Nov 13, 2009
Inventor
  • (In Japanese)出原 敏孝
  • (In Japanese)小川 勇
  • (In Japanese)光藤 誠太郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title APPARATUS FOR MEASURING ELECTROMAGNETIC WAVE OUTPUT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus for measuring an electromagnetic wave output, which can measure the electromagnetic wave output in real time during an operation period, without affecting the main beam of an electromagnetic wave propagating through a waveguide.
SOLUTION: A high-power microwave heating system is equipped with a gyrotron 1 used as a high-frequency microwave output device, a corrugated waveguide 2 which propagates an output microwave in a desired direction, and an applicator 3 in which an object to be heated is disposed. Furthermore, the apparatus 4 for measuring the electromagnetic wave output is disposed next to the corrugated waveguide 2. A plurality of pore sections are formed in the corrugated waveguide 2 along its axial direction, and a plane wave made up by interference of electromagnetic waves which leak out from these pore sections, is measured by an antenna section 40, thereby computing the output in the corrugated waveguide 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ジャイロトロン等のマイクロ波出力装置を用いて高周波加熱を行う場合、マイクロ波がどれだけ出力されているか把握する必要があり、そのための出力測定装置が提案されている。例えば、特許文献1では、ビーム状のマイクロ波をその伝播方向と異なる方向に集束させるミラーと、このミラーにより集束されたマイクロ波を小ホールを通して導入し熱化する金属又は誘電体より形成されたタンクと、このタンクを冷却するための冷却媒体が通過する冷却媒体通路と、この冷却媒体通路の入口・出口間の温度差からマイクロ波の出力を測定する手段とを備えたことを特徴とするマイクロ波出力測定装置が記載されている。特許文献2では、ビーム状のマイクロ波をその伝播方向と異なる方向に集束させるミラーと、集束されたマイクロ波を通す程度の直径の異なる複数の小孔を有するスライド板と、選定した小孔以外の小孔を覆うフレームと、スライド板の小ホールを通して導入されたマイクロ波を熱化する金属又は誘電体より形成されたタンクと、このタンクを真空断熱層を介して収納する外胴と、タンクを冷却するための冷却媒体が通過する冷却媒体通路と、この冷却媒体通路の入口・出口間の温度差と流量からマイクロ波の出力を測定する手段と、ミラーとスライド板間の距離を調節できる焦点距離調節機構とを備えたマイクロ波出力測定装置が記載されている。また、特許文献3では、マイクロ波を吸収する液体に水よりもマイクロ波の吸収力の弱い化合物を混合してマイクロ波の照射による熱量を測定するマイクロ波熱量計が記載されている。
【特許文献1】
特開平1-162164号公報
【特許文献2】
特許第2670351号公報
【特許文献3】
特開昭62-250370号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ジャイロトロン等の高出力マイクロ波を測定する電磁波出力測定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
内周面全体に周方向に溝部が形成されるとともに管軸方向に沿って当該溝部に対応して穿設された複数の孔部からそれぞれ所定波長ずつ進行距離がずれた電磁波が漏出するコルゲート導波管と、各孔部から外部に漏出する電磁波が干渉して形成された平面波を前記コルゲート導波管の管軸方向に対する当該平面波の伝搬方向角度に基づいて設定された測定方向で測定する測定手段と、測定手段からの測定データに基づいて電磁波の出力値を算出する算出手段とを備えていることを特徴とする電磁波出力測定装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の電磁波出力測定装置を備えた高出力マイクロ波加熱装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005124303thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close