Top > Search of Japanese Patents > DIAGNOSTIC DEVICE OF INFANTS' FEELING AND METHOD

DIAGNOSTIC DEVICE OF INFANTS' FEELING AND METHOD commons

Patent code P110005056
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2009-054487
Publication number P2010-210730A
Patent number P5278952
Date of filing Mar 9, 2009
Date of publication of application Sep 24, 2010
Date of registration May 31, 2013
Inventor
  • (In Japanese)荒木 睦大
  • (In Japanese)谷口 秀次
  • (In Japanese)森 幹男
  • (In Japanese)小越 康宏
  • (In Japanese)橋向 晋一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title DIAGNOSTIC DEVICE OF INFANTS' FEELING AND METHOD commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a diagnostic device of infants' feeling and a method to perform diagnosis of feeling by analyzing interaction between infants' feeling and mother's feeling.
SOLUTION: A pitch period of voice data is computed by transmitting the voice data to a sound processing section 12 from an air conduction microphone 1 to which voice of an infant B is input and a bone conduction microphone 2 to which voice of a mother M is input through a voice acquisition section 10. A body section 20 includes: a feeling evaluation section 21 in which fluctuation components of the pitch period are computed and evaluated as feeling evaluation data of the infant B and the mother M; a feeling diagnosis section 22 in which causal analysis and inference is performed about infant B's feeling based on the computed feeling evaluation data of the infant B and the mother M; and a childcare support section 23 in which childcare support for mother based on a diagnostic result of infant B's feeling is performed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


赤ちゃんのように感情を言葉で表現できない乳幼児は、泣き声、表情及び動作によりその感情を発露するのが一般的である。しかしながら、母親等の育児に携わる者には乳幼児の感情をうまく把握できない場合があり、乳幼児に対する適切な対応をとれないといった課題がある。



こうした課題に対しては、乳幼児の泣き声等の音声を分析し、分析したパターンを空腹、退屈、不快、眠気、ストレスといった感情別の標準パターンとのマッチング処理により乳幼児の感情を判定することが行われている。



例えば、特許文献1では、マイクロフォンで赤ちゃんの声をサンプリングし、音声分析して基準音声パターンとマッチング処理することで赤ちゃんの感情を判定し、判定した感情が予め設定された緩和すべき感情に該当する場合には、スピーカから所定の音パターンで音出力したり、電動玩具をリモコン操作して所定の動作パターンで駆動させたり、ライトをリモコン操作して所定の点灯パターンで点灯させるといった感情緩和動作を行う点が記載されている。また、特許文献2では、状況解析部において乳児の画像、音声、生体情報に基づいて乳児の心理状態を推定し、推定した心理状態に基づいて原因推定部において過去の食事やおむつ交換の状況データ等に基づいてその原因を推定する点が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、乳幼児及び母親のそれぞれの音声分析に基づいて乳幼児及び母親のそれぞれの感情を判定し、乳幼児の感情と母親の感情との間の相互作用を分析して感情診断を行う乳幼児の感情診断装置及び方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
乳幼児及び母親のそれぞれの音声を取得する音声取得手段と、取得された乳幼児及び母親の音声データに基づいてそれぞれの感情評価データを算出する感情評価手段と、算出された乳幼児及び母親に関する感情評価データの時系列データにおける相関関係に基づいて乳幼児と母親との間の相互作用の影響の度合いを分析することで乳幼児の感情診断を行う感情診断手段とを備えていることを特徴とする乳幼児の感情診断装置。

【請求項2】
 
乳幼児及び母親のそれぞれの音声を取得し、取得された乳幼児及び母親の音声データに基づいてそれぞれの感情評価データを算出し、算出された乳幼児及び母親に関する感情評価データの時系列データにおける相関関係に基づいて乳幼児と母親との間の相互作用の影響の度合いを分析することで乳幼児の感情診断を行うことを特徴とする乳幼児の感情診断方法。

【請求項3】
 
コンピュータを、請求項1に記載の感情評価手段及び感情診断手段として機能させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009054487thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close