Top > Search of Japanese Patents > COLLIMATOR LENS MODULE MANUFACTURING METHOD, COLLIMATOR LENS MODULE MANUFACTURED THEREBY AND ITS MANUFACTURING APPARATUS

COLLIMATOR LENS MODULE MANUFACTURING METHOD, COLLIMATOR LENS MODULE MANUFACTURED THEREBY AND ITS MANUFACTURING APPARATUS

Patent code P110005203
File No. P04-016
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2005-178671
Publication number P2006-350142A
Patent number P4691637
Date of filing Jun 20, 2005
Date of publication of application Dec 28, 2006
Date of registration Mar 4, 2011
Inventor
  • (In Japanese)依田 秀彦
  • (In Japanese)白石 和男
  • (In Japanese)大関 克美
  • (In Japanese)丸山 裕二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title COLLIMATOR LENS MODULE MANUFACTURING METHOD, COLLIMATOR LENS MODULE MANUFACTURED THEREBY AND ITS MANUFACTURING APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method with which a collimator lens module can be manufactured simply at a low cost, and also to provide the collimator lens module manufactured thereby and its manufacturing apparatus.
SOLUTION: The apparatus is equipped with a frame forming die 1 which is hollow inside and mounted therein with an inner hole pin and a core as die components. In the die, there are arranged: an inner hole pin 3 for a left side optical fiber for the purpose of forming a hole for inserting the left side optical fiber; an inner hole pin 4 for a right side optical fiber for the purpose of forming a hole for inserting the right side optical fiber; a left core 5, a right core 6 and a center core 7 for the purpose of forming collimator lens forming cavities 8, 9 on the left/right inside the frame forming die 1. The inline type collimator lens module for controlling an optical signal propagating in the optical fiber is formed by pouring plastics melted at high temperature into the die, pulling out the inner hole pins 3, 4 and the cores 5, 6, 7 after the die is cooled, and installing the optical fibers in the part where the inner hole pins 3, 4 for the optical fibers are pulled out.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

光ファイバ伝送システムにおいては、光ファイバ中を伝搬する光信号を制御するために光機能部品を挿入することが必要である。その光機能部品(光アイソレータ、光フィルタ)は2つのコリメータレンズの間に配置固定される(下記特許文献1~5参照)。
一方、本願発明者らは、SMF(単一モード光ファイバ)のMFD(モードフィールド径;Mode Field Diameter)を大きく向上させ、ギャップ長さを拡大可能で基本モードの界分布が大きなGIF(Graded-Index Fiber)を用いたファイバ型コリメータを提案している(下記特許文献6参照)。
【特許文献1】
特開2003-195098号公報
【特許文献2】
特開2003-139962号公報
【特許文献3】
特開2003-131068号公報
【特許文献4】
特開2003-195098号公報
【特許文献5】
特開2000-231034号公報
【特許文献6】
特開2004-325618号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、光結合器、特に、光ファイバ中を伝搬する光信号を制御するためのコリメータレンズモジュールに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)内部が中空になっており、該内部に金型部品である内孔ピンとコアが装着されるフレーム形成用金型を備え、該金型に左側の光ファイバを挿入する穴を形成するための左側の光ファイバ用の内孔ピンと、右側の光ファイバを挿入する穴を形成するための右側の光ファイバ用の内孔ピンと、前記フレーム形成用金型内の左右にそれぞれ少なくとも1つのコリメータレンズ形成用キャビティを形成するための、右端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される左側のコアと、左端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される右側のコアと、左右両面にそれぞれコリメータレンズの凹曲面が形成される中央のコアと、
(b)外部から中空の内部に形成される湯口とを配置し、
c)高温で溶けたプラスチックを前記湯口から前記金型に流し込み、
(d)冷却後に前記内孔ピンとコアを抜き、前記光ファイバ用の内孔ピンが抜かれた部分に光ファイバを装着して、光ファイバ中伝搬する光信号を制御するためのインライン型のコリメータレンズモジュールを形成することを特徴とするコリメータレンズモジュールの製造方法。

【請求項2】
 
(a)内部が中空になっており、該内部に金型部品である内孔ピンとコアが装着されるフレーム形成用金型を備え、該金型に左側の光ファイバを挿入する穴を形成するための左側の光ファイバ用の内孔ピンと、右側の光ファイバを挿入する穴を形成するための右側の光ファイバ用の内孔ピンと、後側の光ファイバを挿入する穴を形成するための後側の光ファイバ用の内孔ピンと、前側の光ファイバを挿入する穴を形成するための前側の光ファイバ用の内孔ピンと、前記フレーム形成用金型内の左右前後方向にそれぞれ少なくとも一つのコリメータレンズ形成用キャビティを形成するための、右端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される左側のコアと、左端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される右側のコアと、後側面にコリメータレンズの凹曲面が形成される前側のコアと、前側面にコリメータレンズの凹曲面が形成される後側のコアと、左右前後面にそれぞれコリメータレンズの凹曲面が形成される中央のコアと、
(b)外部から中空の内部に形成される湯口とを配置し、
c)高温で溶けたプラスチックを前記湯口より前記金型に流し込み、
(d)冷却後に前記内孔ピンとコアを抜き、前記光ファイバ用の内孔ピンが抜かれた部分に光ファイバを装着して、光ファイバ中伝搬する光信号を制御するための分岐型のコリメータレンズモジュールを形成することを特徴とするコリメータレンズモジュールの製造方法。

【請求項3】
 
(a)内部が中空になっており、該内部に金型部品である内孔ピンとコアが装着されるフレーム形成用金型を備え、該金型に左側の光ファイバを挿入する穴を形成するための左側の光ファイバ用の内孔ピンと、右側の光ファイバを挿入する穴を形成するための右側の光ファイバ用の内孔ピンと、後側の光ファイバを挿入する穴を形成するための後側の光ファイバ用の内孔ピンと、前記フレーム形成用金型内の左右及び後方にそれぞれ少なくとも一つのコリメータレンズ形成用キャビティを形成するための、右端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される左側のコアと、左端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される右側のコアと、前側面にコリメータレンズの凹曲面が形成される後側のコアと、左右面及び後側面にそれぞれコリメータレンズの凹曲面が形成される中央のコアと、
(b)外部から中空の内部に形成される湯口とを配置し、
c)高温で溶けたプラスチックを前記湯口より前記金型に流し込み、
(d)冷却後に前記内孔ピンとコアを抜き、前記光ファイバ用の内孔ピンが抜かれた部分に光ファイバを装着して、光ファイバ中伝搬する光信号を制御するための分岐型のコリメータレンズモジュールを形成することを特徴とするコリメータレンズモジュールの製造方法。

【請求項4】
 
請求項1、2又は3記載のコリメータレンズモジュールの製造方法によって製造されるコリメータレンズモジュール。

【請求項5】
 
(a)内部が中空になっており、該内部に左側の光ファイバを挿入する穴を形成するための左側の光ファイバ用の内孔ピンと、右側の光ファイバを挿入する穴を形成するための右側の光ファイバ用の内孔ピンと、左右にそれぞれ少なくとも一つのコリメータレンズ形成用キャビティを形成するための、右端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される左側のコアと、左端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される右側のコアと、左右両面にそれぞれコリメータレンズの凹曲面が形成される中央のコアとを有するフレーム形成用金型を備え、
(b)高温で溶けたプラスチックを前記金型に流し込む手段と、
(c)冷却後に前記コアを抜き、左側のコリメータレンズと右側のコリメータレンズを形成する手段と、
(d)前記光ファイバ用の内孔ピンが抜かれた部分に光ファイバを装着する手段と、
を具備することを特徴とするコリメータレンズモジュールの製造装置。

【請求項6】
 
(a)内部が中空になっており、該内部に左側の光ファイバを挿入する穴を形成するための左側の光ファイバ用の内孔ピンと、右側の光ファイバを挿入する穴を形成するための右側の光ファイバ用の内孔ピンと、後側の光ファイバを挿入する穴を形成するための後側の光ファイバ用の内孔ピンと、前側の光ファイバを挿入する穴を形成するための前側の光ファイバ用の内孔ピンと、左右前後にそれぞれ少なくとも一つのコリメータレンズ形成用キャビティを形成するための、右端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される左側のコアと、左端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される右側のコアと、後側面にコリメータレンズの凹曲面が形成される前側のコアと、前側面にコリメータレンズの凹曲面が形成される後側のコアと、左右前後面にそれぞれコリメータレンズの凹曲面が形成される中央のコアとを有するフレーム形成用金型を備え、
(b)高温で溶けたプラスチックを前記金型に流し込む手段と、
(c)冷却後に前記コアを抜き、左右前後のコリメータレンズを形成する手段と、
(d)前記光ファイバ用の内孔ピンが抜かれた部分に光ファイバを装着する手段と、
を具備することを特徴とするコリメータレンズモジュールの製造装置。

【請求項7】
 
(a)内部が中空になっており、該内部に左側の光ファイバを挿入する穴を形成するための左側の光ファイバ用の内孔ピンと、右側の光ファイバを挿入する穴を形成するための右側の光ファイバ用の内孔ピンと、後側の光ファイバを挿入する穴を形成するための後側の光ファイバ用の内孔ピンと、左右及び後方のコリメータレンズ形成用キャビティを形成するための、右端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される左側のコアと、左端面にコリメータレンズの凹曲面が形成される右側のコアと、前側面にコリメータレンズの凹曲面が形成される後側のコアと、左右面及び後側面にそれぞれコリメータレンズの凹曲面が形成される中央のコアとを有するフレーム形成用金型を備え、
(b)高温で溶けたプラスチックを前記金型に流し込む手段と、
(c)冷却後に前記コアを抜き、左右及び後方のコリメータレンズを形成する手段と、
(d)前記光ファイバ用の内孔ピンが抜かれた部分に光ファイバを装着する手段と、
を具備することを特徴とするコリメータレンズモジュールの製造装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005178671thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close