Top > Search of Japanese Patents > WELDING EQUIPMENT

WELDING EQUIPMENT

Patent code P110005207
File No. P05-004U1
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2005-275008
Publication number P2007-083282A
Patent number P4887485
Date of filing Sep 22, 2005
Date of publication of application Apr 5, 2007
Date of registration Dec 22, 2011
Priority data
  • P2005-245335 (Aug 26, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)長澤 武
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title WELDING EQUIPMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a welding equipment capable of reducing scattering of spatter particles, reducing the working of removing spatter later, and preventing damages of a periphery by spatter.
SOLUTION: In the welding equipment 1 for performing the welding by melting a fore-end of a welding rod 3 by the arc heat generated by the arc discharge between a base metal 2 and the welding rod 3, a spiral gas flow is generated around the welding rod to shield the scattering of the spatter caused by the welding rod by the spiral gas flow.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、金属どうしを接合する方法として溶接を行うことがよく知られている。

たとえばアーク溶接の一種であるMAG(Metal Active Gas)溶接法においては、接合対象の被着金属部材とベース金属部材とを重ねて母材とし、母材と溶接棒との間に所定の電圧を印加してアークを発生させ、そのアーク熱によって溶接棒を溶融させて溶接金属とし、この溶接金属が母材を溶接するようにし、また、この溶接時には溶接棒の周辺にシールドガスを流し、このシールドガスで溶接金属を遮蔽し、溶接金属が大気により悪影響を受けるのを防ぐようにしている。

たとえば特許文献1には、上述のようなシールドガスを用いた溶接装置の基本構成を開示している。

【特許文献1】
特開2004-261828号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は溶接装置に関し、特にアーク放電により発生する熱で溶接金属を溶融させて溶接するアーク溶接を行う溶接装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
母材と溶接棒との間のアーク放電により発生するアーク熱によって前記溶接棒の先端部を溶融させて溶接するアーク溶接を行う溶接装置において、
前記溶接棒の周囲にらせん状のガス流を生成し、前記らせん状のガス流によって前記溶接棒によるスパッタ粒子に回転を与え、該スパッタ粒子が前記らせん状のガス流の回転円の径方向外側に飛散しようとする力を弱め、
前記溶接棒を管状とし、前記溶接棒の管内にガスを供給し、
前記アーク熱によって溶融する前記溶接棒の先端部を、前記溶接棒の管内に供給したガスによって冷却し、
前記溶接棒の周囲に該溶接棒を支持する支持円筒を設け、前記溶接棒の溶融側先端部よりも前記支持円筒の先端部が前記母材側に突出している
ことを特徴とする溶接装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005275008thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close