Top > Search of Japanese Patents > COMBINED ELECTRIC AND MAGNETIC MACHINING METHOD AND APPARATUS AND TOOL USED IN THE METHOD

COMBINED ELECTRIC AND MAGNETIC MACHINING METHOD AND APPARATUS AND TOOL USED IN THE METHOD meetings

Patent code P110005208
File No. P05-009
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2005-288894
Publication number P2007-098490A
Patent number P4843780
Date of filing Sep 30, 2005
Date of publication of application Apr 19, 2007
Date of registration Oct 21, 2011
Inventor
  • (In Japanese)鄒 艶華
  • (In Japanese)進村 武男
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title COMBINED ELECTRIC AND MAGNETIC MACHINING METHOD AND APPARATUS AND TOOL USED IN THE METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new machining method, micro-machining the inner surface difficult to machine in the prior art, and an apparatus and a tool used in the method.
SOLUTION: A machining tool 1 where a current I flows is disposed in a magnetic field, electromagnetic force F is applied to the machining tool 1 according to the Fleming's rule, and the electromagnetic force is varied to apply motion to the machining tool 1. Thus, the problem is solved by the combined electric and magnetic machining method of machining a workpiece 1 utilizing the above motion.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、磁場の作用を取り込んだ精密加工技術である「磁気研磨法」が知られている。この加工法は、磁力線を媒介にして磁性砥粒に加工力と運動力を与えて精密な表面加工を実現するものである。例えば、この磁気研磨法による円管内面の研磨は、磁性砥粒を永久磁石で円管内面に引きつけながら回転させることにより行われ、円管内面を精密に仕上げることができる。こうした磁気研磨法は実用化され、半導体製造産業で応用されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、電気・磁気複合加工方法並びにこれに用いられる装置及び工具に関し、更に詳しくは、通電状態にある導線に磁場が作用して発生するフレミングの左手の法則に従う電磁力を工具の加工力とした新規な電気・磁気複合加工方法、並びにこれに用いられる装置及び工具に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
電流を流した導線を磁場中に配して当該導線にフレミングの法則に従う電磁力を与え、当該電磁力を前記電流の変化によって変動させて前記導線に運動を与え、当該運動を利用して管内部の研磨加工を行う電気・磁気複合加工方法であって、
前記管内部に前記導線を配置し、該導線の半径方向の管外側に永久磁石を配置し、
前記永久磁石を回転させて回転磁場を形成しつつ前記導線に直流電流を流して前記導線に回転運動を生じさせて管内面の研磨加工を行う
ことを特徴とする電気・磁気複合加工方法。

【請求項2】
 
電流を流した導線を磁場中に配して当該導線にフレミングの法則に従う電磁力を与え、当該電磁力を前記電流の変化によって変動させて前記導線に運動を与え、当該運動を利用して管内部の研磨加工を行う電気・磁気複合加工方法であって、
前記管内部に前記導線を配置し、該導線の半径方向の管外側に永久磁石を配置し、
前記永久磁石を回転させて回転磁場を形成しつつ前記導線に直流電流を流して前記導線に回転運動を生じさせて管内面の研磨加工を行い、又は、前記永久磁石を固定して静磁場を形成しつつ前記導線に交流電流を流して前記導線に振動運動を生じさせて管内面の研磨加工を行い
前記導線にフレミングの法則に従う電磁力を与える電流の波形を交流又はパルス波形とし、当該導線の固有振動数と共振し得る周波数の変動電磁力を前記導線に作用させ、与えられた変動電磁力により前記導線に共振現象を生じさせて振幅の大きな振動を起こしながら研磨加工を行うことを特徴とする電気・磁気複合加工方法。

【請求項3】
 
前記導線の少なくとも表面には、耐摩耗性層が形成されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の電気・磁気複合加工方法。

【請求項4】
 
前記導線の表面には、砥粒が固定されていることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の電気・磁気複合加工方法。

【請求項5】
 
前記導線は、遊離研磨材の存在下で用いられることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の電気・磁気複合加工方法。

【請求項6】
 
前記導線に波動的運動を与え、前記遊離研磨材の流動特性を促進して研磨加工を行うことを特徴とする請求項5に記載の電気・磁気複合加工方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005288894thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close