Top > Search of Japanese Patents > WATER RETENTIVE BLOCK AND LOW SLUMP STIFF-CONSISTENCY HYDRAULIC COMPOSITION USING PAPER SLUDGE ASH

WATER RETENTIVE BLOCK AND LOW SLUMP STIFF-CONSISTENCY HYDRAULIC COMPOSITION USING PAPER SLUDGE ASH

Patent code P110005214
File No. P05-020
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2006-055079
Publication number P2007-230827A
Patent number P4945746
Date of filing Mar 1, 2006
Date of publication of application Sep 13, 2007
Date of registration Mar 16, 2012
Inventor
  • (In Japanese)藤原 浩巳
  • (In Japanese)丸岡 正知
  • (In Japanese)藤田 浩史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title WATER RETENTIVE BLOCK AND LOW SLUMP STIFF-CONSISTENCY HYDRAULIC COMPOSITION USING PAPER SLUDGE ASH
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a water retentive block having water absorption property and long term water retentive function and a low slump stiff-consistency hydraulic composition using a large quantity of paper sludge ash.
SOLUTION: The water retentive block is produced by super stiff-consistency concrete blended with PS (paper sludge) ash of industrial waste and instantly releasable from a form. The unit quantity of the PS ash to be used with cement is controlled to 100-300 kg/m3. High water absorptive perlite waste or the like is further blended. In the application for a hollow block product, the super stiff-consistency concrete instantly releasable from the form and having high product strength is obtained by blending PS ash to be 280-320 kg/m3 in unit cement quantity and 160-240 kg/m3 in unit PS ash quantity.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ペーパースラッジとは、製紙原料のうち紙にできなかった微細繊維や、タルク、カオリンなどの填料、および古紙混入異物などからなる製紙汚泥である。このペーパースラッジを焼却した灰がペーパースラッジ灰(以下、PS灰という)である。一般的にPS灰は、製紙会社から最も多く排出される廃棄物であり、PS灰の再資源化は大変重要である。

これまでのPS灰の再資源化の例としては、土壌改良材、セメント原料、製鉄保温材などへの利用が知られている。そのようなPS灰の再資源化に関する従来技術としては、特許文献1、2記載の発明などがある。

産業廃棄物としてのPS灰の大量使用の目的で、PS灰をモルタルあるいはコンクリートに大量に混入することを考えた場合、PS灰は吸水率が高いため流動性の低下が問題となる。そこで、本願の発明者らは、低スランプ硬練り水硬性組成物、特にいわゆる即脱可能なスランプゼロの超硬練りコンクリートへの適用の可能性を検討した。

その場合のコンクリート製品としての適用対象としては、例えば中空ブロックやPS灰の吸水性を活かした保水性ブロックへの適用が考えられる。

保水性ブロックは、道路舗装材などとして用いられており、透水性ブロックのように雨天時、雨水を吸い込むため、水溜りができず快適な歩行が可能であるだけでなく、水を保持する機能があるため、晴天時に水分を放出することにより、路面の温度を下げ、これにより、ヒートアイランド現象を緩和し、熱帯夜を低減するという効果がある。

そのような保水性ブロックに関する従来技術としては、特許文献3、4、5記載の発明などがある。

【特許文献1】
特許2742898号公報
【特許文献2】
特開2005-344031号公報
【特許文献3】
特開2003-146772号公報
【特許文献4】
特開2003-268706号公報
【特許文献5】
特開2005-035801号公報
【非特許文献1】
安田浩二、「下水汚泥溶融スラグを細骨材として用いたコンクリートの諸性状改良に関する研究」、宇都宮大学卒業論文、2004年

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、道路舗装材などとして用いられるとしての保水性に優れた保水性ブロックおよびその製造に適したペーパースラッジ灰を用いた低スランプ硬練り水硬性組成物に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
セメント、パーライトくずおよびペーパースラッジ灰が配合された超硬練りの即脱可能なコンクリートからなる多孔質の保水性ブロックであって、絶乾状態のブロック全体を水中に浸して24時間吸水させた後の単位体積当たりの保水量が0.15g/cm3以上、絶乾状態のブロックの下端部を水に浸し30分経過した後のブロックの質量M30と十分に湿潤状態としたときのブロックの質量MCWの比の百分率(M30/MCW)×100%としての吸上げ高さが70%以上、曲げ強度が3N/mm2以上であり、十分に湿潤状態とした状態から100~110℃で加熱して絶乾状態となるまでの湿潤-絶乾時間が48時間以上であることを特徴とする保水性ブロック。

【請求項2】
 
前記コンクリート中の単位パーライトくず量が300kg/m3以上であることを特徴とする請求項1記載の保水性ブロック。

【請求項3】
 
前記コンクリート中の単位セメント量が150kg/m3以上、かつ単位ペーパースラッジ灰量が100~300kg/m3の範囲であることを特徴とする請求項1記載の保水性ブロック。

【請求項4】
 
前記コンクリート中の単位セメント量が280~320kg/m3、かつ単位ペーパースラッジ灰量が160~240kg/m3であることを特徴とする請求項1記載の保水性ブロック。

【請求項5】
 
単位セメント量が280~320kg/m3、かつ単位ペーパースラッジ灰量が160~240kg/m3の範囲でペーパースラッジ灰を配合したことを特徴とする低スランプ硬練り水硬性組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close