Top > Search of Japanese Patents > CROW-REPELLING SYSTEM

CROW-REPELLING SYSTEM commons meetings

Patent code P110005234
File No. P07-010
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2007-315994
Publication number P2009-136214A
Patent number P5135507
Date of filing Dec 6, 2007
Date of publication of application Jun 25, 2009
Date of registration Nov 22, 2012
Inventor
  • (In Japanese)塚原 直樹
  • (In Japanese)杉田 昭栄
  • (In Japanese)青山 真人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title CROW-REPELLING SYSTEM commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a crow-repelling system capable of maintaining crow-repelling effect.
SOLUTION: The crow-repelling system comprises a sound memory means where two or more kinds of the following sounds A to E are memorized and a sound reproduction means functioning to reproduce two or more kinds of the sounds A to E memorized in the sound memory means. The sound A is one or more kinds of pure sounds selected from sine wave, square wave, triangular wave and sawtooth wave each with 1-2 kHz frequency or an artificial sound selected from complex sounds including at least one kind of the above pure sounds. The sound B is a sound emitted by crows when they escape. The sound C is a sound emitted by crows when they are in a cautious state. The sound D is a sound emitted by crows when they are in mutual fight. The sound E is a sound emitted by crows when they threaten their enemies.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


カラスは、農作物への食害や糞害、景観を乱すなど、人との間に多くの問題を抱えている。これらの問題を解決するために、特定の場所にカラスを寄せ付けないようにするカラス対策がなされてきた。例えば、目玉のような標識を付けたり、スピーカから銃声のような威嚇音を流すなどの試みがなされている。しかしながら、これらのカラス対策は、一時的には効果があるものの、危険がないことをすぐにカラスに見破られてしまい、短期間で忌避効果が減衰、もしくは消滅してしまうという問題があった。



特許文献1には、高圧送電線路の鉄塔に鳥が飛来し短絡等の送電事故が発生するのを防止することを目的として、鳥類、猛獣等の鳴き声の合成音、カラスの警戒鳴き声など複数種の威嚇音の中からランダムに選択された威嚇音を発声させる鉄塔用鳥害防止装置について記載がある。しかしながら、カラスは鳥の中でも高度な知能を持つため、周囲の環境にそぐわない現実味にかける威嚇音には危険がないことを見破られてしまうため、カラスを忌避させる効果が一時的であるという問題があった。



【特許文献1】
特開平9-107865号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、カラスを忌避させるカラス忌避装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記の音声A~Eの内2種以上の音声データを記憶した音声記憶手段と、
前記音声データの中から、前記音声Aを最初に再生した後に、前記音声B~Eの1種又は2種以上を再生する音声再生手段と、
を有することを特徴とするカラス忌避装置。
音声A:周波数が1~2kHzの正弦波、方形波、三角波及びのこぎり波から選ばれる1種以上の純音または前記純音を少なくとも1種以上含む複合音から選択される人工音声。
音声B:カラスが逃避する際に発する音声。
音声C:カラスが警戒する際に発する音声。
音声D:カラスが争う際に発する音声。
音声E:カラスが威嚇する際に発する音声。

【請求項2】
 
前記音声再生手段において、前記音声Aを再生した後に、前記音声Bを再生することを特徴とする請求項1に記載のカラス忌避装置。

【請求項3】
 
前記音声再生手段において、前記音声Aを再生した後に、前記音声Cを再生し、その後前記音声Bを再生することを特徴とする請求項1に記載のカラス忌避装置。

【請求項4】
 
前記音声再生手段において、前記音声Aを再生した後に、前記音声Dを再生し、その後前記音声Bを再生することを特徴とする請求項1に記載のカラス忌避装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007315994thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close