Top > Search of Japanese Patents > FUSED COMPOUND CONTAINING PYRIDOPYRIMIDINE SKELETON AND STEROID SKELETON AND ITS MANUFACTURING METHOD

FUSED COMPOUND CONTAINING PYRIDOPYRIMIDINE SKELETON AND STEROID SKELETON AND ITS MANUFACTURING METHOD

Patent code P110005259
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2003-337640
Publication number P2005-104868A
Patent number P3972103
Date of filing Sep 29, 2003
Date of publication of application Apr 21, 2005
Date of registration Jun 22, 2007
Inventor
  • (In Japanese)永松 朝文
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岡山大学
Title FUSED COMPOUND CONTAINING PYRIDOPYRIMIDINE SKELETON AND STEROID SKELETON AND ITS MANUFACTURING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To find methods for simply synthesizing fused compounds which contain a pyridopyrimidine skeleton and a steroid skeleton and have a wide application range and to provide useful compounds which can be obtained by the methods.
SOLUTION: The useful compounds are 5'-deaza-17β-hydroxy-2'-phenyl-5α-androst-2-eno[2,3-g]pteridin-4'(8,H)-ones, 5'-deaza-17β-hydroxy-5α-androst-2-eno[2,3-g]pteridin-2',4'(3'H,8'H)-diones, and 5'-deaza-17β-hydroxyandrost-2,4-dieno[2,3-g]pteridin-2',4'(3'H,8'H)-diones. Their manufacturing methods are provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

新薬物活性分子設計として、ピリドピリミジン(デアザフラビン、デアザプテリジン又はデアザイソアロキサジン等)類とステロイド類のような現存する2つの異なる生理・薬理活性化合物を構造的に内蔵する融合化合物の合成はこれまで全く行われていないのが現状である。

類似の骨格を有する化合物として、プテリジン骨格とステロイド骨格を内蔵する融合化合物が公知であるが、合成方法が煩雑で収率も低く(非特許文献1)、また、合成中間体として不安定なステロイドのモルフォリンやピペリジンのエナミン誘導体を用いるため(非特許文献2)、一般合成方法としては有用でない。

【非特許文献1】
S. P. Raman, Z. F. Chmielewicz, T. J. Bardos, R. B. Gabbard, and A. Segaloff, J. Med. Chem., 7, 678 (1964)
【非特許文献2】
F. Yoneda, S. Fukazawa, and S. Nishigaki, Chem. Pharm. Bull., 20, 1428 (1972)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、創薬の分野におけるリード化合物として、ピリドピリミジン類とステロイド類のような現存する2つの異なる生理・薬理活性化合物を構造的に内蔵する新規な融合化合物及びその製造方法に関する。すなわち、ピリドピリミジン骨格とステロイド骨格を内蔵した融合化合物である、5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-2’-フェニル-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-4’(8’H)-オン類、5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類及び5’-デアザ-17β-ヒドロキシアンドロスト-2,4-ジエノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類並びにそれらの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 

【化1】
 
(省略)
(式中、Rは炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基または置換もしくは非置換のフェニル基を示す。)で表される、5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-2’-フェニル-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-4’(8’H)-オン類。

【請求項2】
 
前記置換フェニル基は、アルキル置換フェニル基、アルコキシ置換フェニル基、ハロゲン置換フェニル基、4-アミノフェニル基、4-ヒドロキシフェニル基、4-ニトロフェニル基、3,4-メチレンジオキシフェニル基及び4-カルボキシフェニル基からなる群より選択されることを特徴とする、請求項1記載の5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-2’-フェニル-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-4’(8’H)-オン類。

【請求項3】
 
前記アルキル置換フェニル基は、4-メチルフェニル(トリル)で代表されるアルキル置換フェニル基であり、前記アルコキシ置換フェニル基は、4-メトキシフェニルで代表される炭素数1~5のアルコキシを有するアルコキシ置換基であり、前記ハロゲン置換フェニル基は、2-クロロフェニル、4-ブロモフェニル及び4-フルオロフェニルからなる群より選択されることを特徴とする、請求項2記載の5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-2’-フェニル-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-4’(8’H)-オン類。

【請求項4】
 

【化2】
 
(省略)
(式中、R1は水素または炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基を示し、R2は炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基または置換もしくは非置換のフェニル基を示す。)で表される、5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類。

【請求項5】
 
前記置換フェニル基は、アルキル置換フェニル基、アルコキシ置換フェニル基、ハロゲン置換フェニル基、4-アミノフェニル基、4-ヒドロキシフェニル基、4-ニトロフェニル基、3,4-メチレンジオキシフェニル基及び4-カルボキシフェニル基からなる群より選択されることを特徴とする、請求項4記載の5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類。

【請求項6】
 
前記アルキル置換フェニル基は、4-メチルフェニル(トリル)で代表されるアルキル置換フェニル基であり、前記アルコキシ置換フェニル基は、4-メトキシフェニルで代表される炭素数1~5のアルコキシを有するアルコキシ置換基であり、前記ハロゲン置換フェニル基は、2-クロロフェニル、4-ブロモフェニル及び4-フルオロフェニルからなる群より選択されることを特徴とする、請求項5記載の5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類。

【請求項7】
 

【化3】
 
(省略)
(式中、R1は水素または炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基を示し、R2は炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基または置換もしくは非置換のフェニル基を示す。)で表される、5’-デアザ-17β-ヒドロキシアンドロスト-2,4-ジエノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類。

【請求項8】
 
前記置換フェニル基は、アルキル置換フェニル基、アルコキシ置換フェニル基、ハロゲン置換フェニル基、4-アミノフェニル基、4-ヒドロキシフェニル基、4-ニトロフェニル基、3,4-メチレンジオキシフェニル基及び4-カルボキシフェニル基からなる群より選択されることを特徴とする、請求項7記載の5’-デアザ-17β-ヒドロキシアンドロスト-2,4-ジエノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類。

【請求項9】
 
前記アルキル置換フェニル基は、4-メチルフェニル(トリル)で代表されるアルキル置換フェニル基であり、前記アルコキシ置換フェニル基は、4-メトキシフェニルで代表される炭素数1~5のアルコキシを有するアルコキシ置換基であり、前記ハロゲン置換フェニル基は、2-クロロフェニル、4-ブロモフェニル及び4-フルオロフェニルからなる群より選択されることを特徴とする、請求項8記載の5’-デアザ-17β-ヒドロキシアンドロスト-2,4-ジエノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類。

【請求項10】
 

【化4】
 
(省略)
(式中、Rは炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基または置換もしくは非置換のフェニル基を示す。)で表される化合物と式
【化5】
 
(省略)
で表される2-ヒドロキシメチレンアンドロスタノロンを反応させた後、縮合閉環することにより式
【化6】
 
(省略)
(式中、Rは炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基または置換もしくは非置換のフェニル基を示す。)で表される化合物を得ることを特徴とする、5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-2’-フェニル-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-4’(8’H)-オン類の製造方法。

【請求項11】
 

【化7】
 
(省略)
(式中、R1は水素または炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基を示し、R2は炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基または置換もしくは非置換のフェニル基を示す。)で表される化合物と式
【化8】
 
(省略)
で表される2-ヒドロキシメチレンアンドロスタノロンを反応させた後、縮合閉環することにより式
【化9】
 
(省略)
(式中、R1は水素または炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基を示し、R2は炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基または置換もしくは非置換のフェニル基を示す。)で表される化合物を得ることを特徴とする、5’-デアザ-17β-ヒドロキシ-5α-アンドロスト-2-エノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類の製造方法。

【請求項12】
 

【化10】
 
(省略)
(式中、R1は水素または炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基を示し、R2は炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基または置換もしくは非置換のフェニル基を示す。)で表される化合物と式
【化11】
 
(省略)
で表される2-ヒドロキシメチレンテストステロンを反応させた後、縮合閉環することにより式
【化12】
 
(省略)
(式中、R1は水素または炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基を示し、R2は炭素数1~8の直鎖状、分岐鎖状もしくは環状の低級アルキル基または置換もしくは非置換のフェニル基を示す。)で表される化合物を得ることを特徴とする、5’-デアザ-17β-ヒドロキシアンドロスト-2,4-ジエノ[2,3-g]プテリジン-2’,4’(3’H,8’H)-ジオン類の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close