Top > Search of Japanese Patents > BRAIN COOLING SYSTEM AND FLUID INJECTOR USED FOR IT

BRAIN COOLING SYSTEM AND FLUID INJECTOR USED FOR IT achieved foreign

Patent code P110005261
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2004-102719
Publication number P2005-287548A
Patent number P3702295
Date of filing Mar 31, 2004
Date of publication of application Oct 20, 2005
Date of registration Jul 29, 2005
Inventor
  • (In Japanese)武田 吉正
  • (In Japanese)森田 潔
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岡山大学
Title BRAIN COOLING SYSTEM AND FLUID INJECTOR USED FOR IT achieved foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a brain cooling system that can sufficiently cool the brain as far as subcortical tissue in a short time.
SOLUTION: The brain cooling system comprises a tube main body 2 that can maintain the airway of a living body, a pharynx section cuff 5 that is formed on the circumference section of the tube main body 2 and able to contain cooled fluid, and an infusion and discharge section 6 that can infuse or discharge the fluid to or from the pharynx section cuff 5. The pharynx section cuff 5 has flexibility to expand or contract according to the infusion or discharge of the fluid, and is made that an inflated container section attaches firmly to a pharynx T of the living body when the fluid is infused while the airway of the living body is maintained by the tube main body 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

人体等の生体において、心停止のように呼吸機能や循環機能が不全な状態(以下、心停止状態と称す)になると、脳に対する酸素供給量が不足することになり、この酸素供給量の不足は、脳細胞を死滅させる、いわゆる虚血性神経細胞障害の要因となることが知られている。

一方、心停止状態にある生体に対しては、人工呼吸等、心停止状態から蘇生するための処置が施されることになるが、この処置によって生体が心停止状態から蘇生した場合であっても、上記虚血性神経細胞障害により脳に後遺症が残ってしまうおそれがある。

このような事情に鑑みて、近年では心停止状態にある生体の体温を低下させることにより、脳を冷却して、虚血性神経細胞障害の発生を抑制する治療法、低体温療法が提唱されている。

この低体温療法は、虚血発生後、早期に施行するほど効果的であるが、時間経過とともに治療効果は急速に低減する。

上記低体温療法では、内部に冷却液が循環するブランケット等によって全身を包み込むようにして生体の体温を低下させる方法や、例えば特許文献1に開示されるように、内部に冷却液が循環する覆体を生体の頭部に被せることにより直接頭部を冷却する方法が採られている。
【特許文献1】
特開2000-60890

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、脳の冷却装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
経口又は経鼻挿入することにより、生体の気道を確保可能な管状部材と、
この管状部材の外周部に装着されるものであって、内部に冷却された流体を収容可能な収容部と、
この収容部に対して流体を注入・排出可能な注排出部とを備え、
上記収容部は、流体の注入・排出に応じて膨張・収縮するように可撓性を有し、管状部材により生体の気道が確保された状態で流体が注入された場合に、膨張した収容部が生体の咽頭部に密着するように構成されていることを特徴とする脳の冷却装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の脳の冷却装置において、上記収容部は、管状部材の外周部を周方向で囲繞するように構成されていることを特徴とする脳の冷却装置。

【請求項3】
 
請求項2に記載の脳の冷却装置において、上記収容部は、管状部材に対してその長手方向に沿って外装された可撓性チューブが、長手方向の2箇所で管状部材の外周面と周方向に沿って接合されることにより形成され、これら接合部間において、可撓性チューブと管状部材との間に流体を収容するように構成されていることを特徴とする脳の冷却装置。

【請求項4】
 
請求項1又は請求項2に記載の脳の冷却装置において、上記管状部材の先端外周部には、注排出部から注入された流体を収容して膨張可能なカフが設けられている一方、上記収容部は、カフに注入された流体を受入可能となるようにカフに連結されているとともに、当該カフから管状部材の軸線方向に沿って当該管状部材の基端部側へ延びていることを特徴とする脳の冷却装置。

【請求項5】
 
請求項1乃至請求項4の何れかに記載の脳の冷却装置において、上記管状部材は、経口挿入され、その先端部が生体の食道と気管との分岐部まで挿入される喉頭部マスクのチューブ本体であることを特徴とする脳の冷却装置。

【請求項6】
 
請求項1乃至請求項4の何れかに記載の脳の冷却装置において、上記管状部材は、経口又は経鼻挿入され、その先端部が生体の気管内まで挿入される気管内チューブのチューブ本体であることを特徴とする脳の冷却装置。

【請求項7】
 
請求項1乃至請求項4の何れかに記載の脳の冷却装置において、上記管状部材は、経鼻挿入される経鼻エアウェイのチューブ本体であることを特徴とする脳の冷却装置。

【請求項8】
 
請求項1乃至請求項7の何れかに記載の脳の冷却装置に対して流体を注入可能な流体注入装置であって、上記注排出部に対して装着可能な排出部を有し、この排出部から排出可能となるように流体を収容する流体収容部と、この流体収容部内の流体を冷却可能な冷却部とを備えていることを特徴とする流体注入装置。

【請求項9】
 
請求項8に記載の流体注入装置において、上記冷却部は、流体収容部の外部を囲繞するように配設され、内部に冷媒を充填可能な冷媒収容部を備え、冷媒の冷熱を流体収容部へ伝達することにより、流体を冷却するように構成されていることを特徴とする流体注入装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004102719thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close