Top > Search of Japanese Patents > RESONANCE CONTROL TYPE FLUID PRESSURE CONTROL SYSTEM AND FLUID PRESSURE CONTROL VALVE THEREFOR

RESONANCE CONTROL TYPE FLUID PRESSURE CONTROL SYSTEM AND FLUID PRESSURE CONTROL VALVE THEREFOR commons

Patent code P110005292
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2005-347032
Publication number P2007-156566A
Patent number P4590562
Date of filing Nov 30, 2005
Date of publication of application Jun 21, 2007
Date of registration Sep 24, 2010
Inventor
  • (In Japanese)鈴森 康一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 岡山大学
Title RESONANCE CONTROL TYPE FLUID PRESSURE CONTROL SYSTEM AND FLUID PRESSURE CONTROL VALVE THEREFOR commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To control the actuation of a fluid pressure actuator without using electric wiring.
SOLUTION: A resonance control type air pressure control system includes: air pressure control valves 3-1 to 3-n connected to the supply path 2 of pressurized air coming from a compressor 1; a vibrator 12 for applying vibration of a predetermined frequency to pressurized fluid coming from the compressor 1, in order to actuate the air pressure control valves; and a vibrator drive circuit 13. Each of the air pressure control valves 3-1 to 3-n has a valve element that resonates with the vibration of the predetermined frequency when the vibration is transmitted from the pressurized air, so that the valve element vibrates in such a way as to open the flow passage of the pressurized air.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、流体圧アクチュエータの作動制御は通常、そのアクチュエータに、加圧流体を供給する流体圧制御弁としての電磁式制御弁を接続し、その電磁式制御弁をコントローラで電気的に制御することで行われている(例えば流体圧アクチュエータとしてのエアシリンダの作動制御については特許文献1参照)。



また従来、流体圧アクチュエータの作動制御を、電気配線を用いずに行うことも提案されている(例えば流体圧アクチュエータとしてのエアシリンダの作動制御については特許文献2参照)。
【特許文献1】
特開平8-42510
【特許文献2】
特開2000-230504

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、流体圧制御弁への電気配線を不要にし、加圧流体の供給路のみで任意の流体圧アクチュエータの作動を制御し得る共振制御式流体圧制御システムおよび、その制御システム用の流体圧制御弁に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
流体圧源からの加圧流体の供給路に接続され、前記供給路に摺動自在に配置されて前記加圧流体の流路を開放する弁体としての振動体を有し、前記流体圧源から流入した前記加圧流体が外部へ出力するのを制御する、一または複数の流体圧制御弁と、
前記流体圧制御弁を作動させるために、前記流体圧源からの加圧流体に所定周波数の振動を加える発振機と、
を具え、
記加圧流体から前記所定周波数の振動を伝えられるとその振動に共振した前記弁体が前記加圧流体の流路を開放するように振動して、前記加圧流体の前記流体圧制御弁からの出力を制御することを特徴とする、共振制御式流体圧制御システム。

【請求項2】
 
前記流体圧制御弁は前記流体圧源からの加圧流体の供給路に複数接続され、
前記発振機は前記所定周波数としての複数周波数の振動を同時または別個に前記加圧流体に加えることができ、
前記複数の流体圧制御弁は各々、前記複数周波数のうちの一つとしての前記所定周波数の振動を加えられると前記弁体がその振動に共振して前記加圧流体の流路を開放するように振動することを特徴とする、請求項1記載の共振制御式流体圧制御システム。

【請求項3】
 
前記流体は空気である、請求項1または2記載の共振制御式流体圧制御システム。

【請求項4】
 
スリーブと、
前記スリーブ内にそのスリーブの軸線方向に摺動自在に配置された弁体と、
前記弁体の前記摺動方向の端面と密接可能な端面を有する当接部材と、
前記弁体を前記当接部材へ向けて常時附勢するスプリングと、
を具え、
前記弁体が、前記加圧流体から前記所定周波数の振動を加えられると共振して前記当接部材から前記摺動方向に離間するように振動して、前記弁体と前記当接部材との両方に設けられるかまたは前記弁体と前記当接部材とのうちの一方と前記スリーブの周壁とに設けられた前記加圧流体の流路を開放するものであることを特徴とする、請求項1から3までの何れか記載の共振制御式流体圧制御システム用の流体圧制御弁。

【請求項5】
 
前記当接部材は前記スリーブ内にそのスリーブの軸線方向に摺動自在に配置され、
前記流体圧制御弁は、前記当接部材を前記弁体へ向けて常時附勢するスプリングを具えることを特徴とする、請求項4記載の共振制御式流体圧制御システム用の流体圧制御弁。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005347032thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close