Top > Search of Japanese Patents > CONCRETE BLOCK AND ITS MANUFACTURING METHOD

CONCRETE BLOCK AND ITS MANUFACTURING METHOD achieved foreign

Patent code P110005312
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2006-263591
Publication number P2008-082036A
Patent number P3937025
Date of filing Sep 27, 2006
Date of publication of application Apr 10, 2008
Date of registration Apr 6, 2007
Inventor
  • (In Japanese)且原 真木
  • (In Japanese)長谷川 廣海
  • (In Japanese)村瀬 幸信
  • (In Japanese)田中 直明
  • (In Japanese)山本 孝一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岡山大学
  • (In Japanese)八王寺工業株式会社
Title CONCRETE BLOCK AND ITS MANUFACTURING METHOD achieved foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inexpensive concrete block having a soil storage part filled with soil so that a plant can be grown over a long period of time with excellent handling performance, and its manufacturing method.
SOLUTION: This concrete block is formed by a first process of forming the concrete block by a form having a projection for forming the soil storage part, and a second process of filling soil kneaded with acid soil, leaf mold, a starch-based adhesive and water, and then, filling soil kneaded with culture soil, a starch-based adhesive and water, in the soil storage part of the formed concrete block.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、擁壁の施工や護岸工事などでは、コンクリート製ブロックを積み上げたり、あるいはコンクリートを型枠成形したりしてコンクリート壁が形成されているが、形成されたコンクリート壁は無機的で味気なく、しかも夏場には、コンクリート壁に太陽熱が蓄積されて夜間に蓄積された熱の放出が生じて気温低下を阻害することとなっていた。

そこで、昨今では、国の指導等により、コンクリート壁を緑化することが検討されている。すなわち、コンクリート壁を緑化することにより、無機的な印象を与えにくくするとともに、蓄熱作用の抑制を図っている。

しかしながら、コンクリートはアルカリ性であるために、コンクリート自体に植物が根付くことが不可能であり、例えば、コンクリート構造物に適量の土壌を収容する土壌収容部を形成して植物を植えたとしても、土壌がアルカリ化されることにより数年を経ずして植物が枯死することとなっていた。

そこで、植物を根付かせる植生領域を設けたコンクリート製ブロックなどでは、コンクリートの表面を樹脂膜で被覆して水とコンクリートとの接触を防止して、コンクリートからのアルカリ成分の溶出を防止したり(例えば、特許文献1参照。)、多孔質コンクリートの空孔部分に収容する植生用の土壌に陽イオン交換体を含有させてコンクリートから溶出したアルカリ成分を中和したりする方法が提案されている(例えば、特許文献2参照。)。
【特許文献1】
特開平08-144286号公報
【特許文献2】
特開平08-205671号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、コンクリート製ブロック及びその製造方法に関するものであり、特に、植生用の土壌が充填される土壌収容部を備えたコンクリート製ブロック及びその製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
植生用の土壌が充填される土壌収容部を備えたコンクリート製ブロックにおいて、
前記土壌収容部には、酸性土と腐葉土とを混合した土壌を充填したことを特徴とするコンクリート製ブロック。

【請求項2】
 
植生用の土壌が充填される土壌収容部を備えたコンクリート製ブロックにおいて、
前記土壌収容部には、酸性土と、腐葉土と、でんぷん系接着剤と、水とを混練した土壌を充填したことを特徴とするコンクリート製ブロック。

【請求項3】
 
前記土壌の表層に、培養土を含有した所定厚みの培養土層を設けたことを特徴とする請求項1または請求項2に記載のコンクリート製ブロック。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載のコンクリート製ブロックにおいて、多孔質コンクリート製としたことを特徴とするコンクリート製ブロック。

【請求項5】
 
植生用の土壌が充填される土壌収容部を形成するための突部を設けた型枠でコンクリート製ブロックを形成する第1の工程と、
形成されたコンクリート製ブロックの前記土壌収容部に、酸性土と、腐葉土と、でんぷん系接着剤と、水とを混練した土壌を充填する第2の工程と
により植生用の土壌が充填されたコンクリート製ブロックを製造する製造方法であって、
前記第2の工程は、
前記第1の工程で形成された前記土壌収容部を上方に向けて、この土壌収容部に前記土壌を充填するステップと、
前記土壌収容部に充填した前記土壌上に培養土を含有した培養土層を形成するステップと
を有するコンクリート製ブロックの製造方法。

【請求項6】
 
前記培養土層は、前記培養土にでんぷん系接着剤と水とを加えて混練して、前記土壌収容部に充填された前記土壌上に充填して形成することを特徴とする請求項5記載のコンクリート製ブロックの製造方法。

【請求項7】
 
前記第2の工程において、前記培養土層の形成後に、
前記土壌収容部を被覆する被覆板を前記コンクリート製ブロックに装着するステップと、
前記コンクリート製ブロックを上下反転させて前記土壌収容部を下方に向けるステップと、
前記コンクリート製ブロックに振動を加えるステップと
を有することを特徴とする請求項5または請求項6に記載のコンクリート製ブロックの製造方法。

【請求項8】
 
前記第2の工程において、前記培養土層の形成後に、前記土壌収容部部分に植生させる植物を前記培養土層に配置して、前記被覆板を装着していることを特徴とする請求項7記載のコンクリート製ブロックの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006263591thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close