Top > Search of Japanese Patents > CLENCH SUPPRESSING IMPLEMENT

CLENCH SUPPRESSING IMPLEMENT commons

Patent code P110005345
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2007-095655
Publication number P2008-253298A
Patent number P5124772
Date of filing Mar 30, 2007
Date of publication of application Oct 23, 2008
Date of registration Nov 9, 2012
Inventor
  • (In Japanese)皆木 省吾
Applicant
  • Okayama University
Title CLENCH SUPPRESSING IMPLEMENT commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a clench suppressing implement for suppressing the development of myofascial pains by suppressing clench, capable of dissolving the risk that an excessive mechanical pressure develops at a jaw joint and the pressure becomes the reason of the new deflection or pain of the jaw joint when unintended involuntary strong clench develops.
SOLUTION: The clench suppressing implement is turned to a gate shape by a first plate part to be abutted to the inner side face of a tooth, a second plate part to be abutted to the outer side face of the tooth and a third plate part connecting the first plate part and the second plate part and can be mounted on the tooth. The third plate part is constituted of an elastic material. The thickness in the maximum deformation of the third plate part is turned to 0.5 mm or less.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、筋・筋膜疼痛という痛みの存在が知られているが、この筋・筋膜疼痛の原因としては、無意識のうちに歯を咬みしめていることにより、顎の動きを司っている筋肉に過度のストレスを与えて、このストレスに基づいて頭痛などの疼痛を生じさせていると考えられている。



そこで、マウスピースを使用することによってストレスの発生を抑制して、頭痛を解消することが提案されている。



具体的には、マウスピースは、複数本の歯で構成される歯列の長さ程度としたU字状のフレームと、このフレーム内部に装着した弾性材料とで構成しており、フレームには、形状維持のためにプラスチック材料などの比較的硬質の材料が用いられている(例えば、特許文献1参照。)。
【特許文献1】
特表平10-509084号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、咬みしめ行為を抑制させることにより筋・筋膜疼痛の発現を抑制する咬みしめ抑制具に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
歯の内側面に当接する第1板部と、前記歯の外側面に当接する第2板部と、前記第1板部と前記第2板部とを連結する第3板部とで門形として前記歯に装着可能とした咬みしめ抑制具であって、
前記第1板部及び前記第2板部の下端縁には、歯との接触面側に向けて突出させた係合片であって、当該係合片の両側縁には前記接触面側に向けて膨出させた膨出部が形成された係合片を設け、
前記第3板部は弾性材で構成した咬みしめ抑制具。

【請求項2】
 
前記第3板部は、最大変形時に厚みが0.5mm以下となることを特徴とする請求項1記載の咬みしめ抑制具。

【請求項3】
 
前記第3板部は、発泡ポリウレタンで構成したことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の咬みしめ抑制具。

【請求項4】
 
前記第1板部と、前記第2板部と、前記第3板部を発泡ポリウレタンで一体成形したことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の咬みしめ抑制具。

【請求項5】
 
前記第1板部と、前記第2板部と、前記第3板部の少なくともいずれか1つに貫通孔を設けたことを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の咬みしめ抑制具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007095655thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close