Top > Search of Japanese Patents > OXIDE, AND METHOD FOR CONTROLLING ELECTRIC PROPERTIES OF ELECTRIC CONDUCTOR

OXIDE, AND METHOD FOR CONTROLLING ELECTRIC PROPERTIES OF ELECTRIC CONDUCTOR commons meetings

Patent code P110005378
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2008-222351
Publication number P2010-053006A
Patent number P5626946
Date of filing Aug 29, 2008
Date of publication of application Mar 11, 2010
Date of registration Oct 10, 2014
Inventor
  • (In Japanese)池田 直
  • (In Japanese)花咲 徳亮
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 岡山大学
Title OXIDE, AND METHOD FOR CONTROLLING ELECTRIC PROPERTIES OF ELECTRIC CONDUCTOR commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an oxide whose electric properties such as the band gap can be controlled at optional values, and a method for controlling electric properties at optional values.
SOLUTION: The oxide is represented by formula (1): (RM2O4)m(RMO3)n, and a part of R in the formula(1) is substituted with a positive di- or less valent element or a positive tetra- or more valent element as a solid solution, wherein R is one or two or more elements selected from the group sonsisting of Sc, Y, Dy, Lu, Er, Yb, Tm, Ho and In; M is one or two or more elements selected from the group consisting of Mn, Fe, Co, Ni, Cu, Zn, Al, Mg and Ga; and m is 1 or 2, and n is an integer of 0 or more.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


電気導体のバンドギャップは、通常、伝導バンドと禁制バンドとを構成する結晶構造によって決定されている。このため、バンドギャップの大きさを変えることは困難である。
また、半導体材料は、Siや化合物半導体のように、特定のバンドギャップを持つ材料であるため、光吸収による応答では特定波長にしか応答できない。さらに、ドーピングにより広い範囲でのバンドギャップを制御することも不可能である。
また、特にエネルギーの低い赤外領域の波長帯域では、不安定あるいは毒性ある物質であるZnSeやCdSなどの化合物半導体が用いられていたが、作製方法が困難であったり、毒性の問題があるため使用が制限される問題がある。
従って、電気特性を容易に制御できる材料が求められている。



新規な材料系として、例えば、非特許文献1は、二次元三角格子鉄複電荷酸化物であるLuFe2O4の誘電性について報告している。LuFe2O4は強誘電性であり、その発現原理は、フラストレートした電子相関による電荷秩序形成、例えば、Fe3+上の極性の電子配置といった作用機序によるものと考えられ、既知の誘電体と異なることを報告している。
また、非特許文献2において、LuFe2O4に関する最近の第一計算原理では、メタリックな電導特性の存在を指摘している。尚、今までの電導特性は半導体的な挙動が報告されていた。
【非特許文献1】
N.Ikeda,etal.Nature 436(2005)1136.
【非特許文献2】
Xiang HJ,Whangbo MH,Phys.Rev.Lett.,98(2007)246403.

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、電気導体の電気物性を制御できる酸化物及び電気導体の電気物性制御方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(1)で表され、
式(1)中のRの一部が正二価以下の元素により固溶置換されており、前記正二価以下の元素が、Caである酸化物。
(RM2O4m(RMO3n (1)
(式(1)中、Rは、Y、Dy、Lu、Er、Yb、Tm、Ho、Sc及びInからなる群より選択される1又は2以上の元素であり、Mは、Mn、Fe、Co及びGaからなる群より選択される1又は2以上の元素であり、mは1又は2であり、nは0以上の整数である。)

【請求項2】
 
前記式(1)中のMがFeである請求項1に記載の酸化物。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の酸化物からなる電気導体。

【請求項4】
 
請求項1または2に記載の酸化物からなるp型半導体。

【請求項5】
 
下記式(1)で表され、
式(1)中のRの一部が正四価以上の元素により固溶置換されており、前記正四価以上の元素が、Ceである酸化物。
(RM2O4m(RMO3n (1)
(式(1)中、Rは、Y、Dy、Lu、Er、Yb、Tm、Ho、Sc及びInからなる群より選択される1又は2以上の元素であり、Mは、Mn、Fe、Co及びGaからなる群より選択される1又は2以上の元素であり、mは1又は2であり、nは0以上の整数である。)

【請求項6】
 
前記式(1)中のMがFeである請求項5に記載の酸化物。

【請求項7】
 
請求項5または6に記載の酸化物からなる電気導体。

【請求項8】
 
請求項5または6に記載の酸化物からなるn型半導体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close