Top > Search of Japanese Patents > PORTABLE VISCOMETER

PORTABLE VISCOMETER commons meetings

Patent code P110005508
File No. 2006-0007
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2006-176593
Publication number P2008-008655A
Patent number P4277305
Date of filing Jun 27, 2006
Date of publication of application Jan 17, 2008
Date of registration Mar 19, 2009
Inventor
  • (In Japanese)水沼 博
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人首都大学東京
Title PORTABLE VISCOMETER commons meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To surely measure viscosity even in the case where the viscosity of a flowable specimen is low.

SOLUTION: The portable viscometer comprises: a drive part; a first rotating body rotated by driving the drive part; a second rotating body rotated by being driven in keeping with the rotation of the first rotating body; a first viscosity detection element rotated in keeping with the rotation of the second rotating body; a second viscosity detection element disposed so that it can contact with or part from the first viscosity detection element; and a biasing member disposed so as to rectilinearly extend between the first and second rotating bodies. Since the biasing member is disposed so as to rectilinearly extend between the first and second rotating bodies, viscosity is surely detected even in the case where the viscosity of the flowable specimen is low.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、流動体、例えば、流動性食品(液状食品)の粘度を測定するために携帯粘度計が提供されている。例えば、高齢者を介護する家庭、施設等において、高齢者に多くみられる嚥下障害者に対しては、その症状に適した粘度の流動性食品を提供する必要があり、そのために、調理の際に、流動性食品の粘度を測定するようにしている。



図2は従来の携帯粘度計の概略図、図3は従来の携帯粘度計の要部を示す斜視図である。



図において、11はモータ、12はモータ11を駆動することによって回転させられる駆動軸、13は該駆動軸12の先端に取り付けられた第1の回転体としての円板、14は該円板13に対して相対的に回転自在に配設された第2の回転体としての円板、15は円板13と円板14との間に配設されたコイルスプリング、16は回転伝達軸、18は該回転伝達軸16の先端に取り付けられ、回転自在に配設された円錐体、19は該円錐体18と対向させて配設された平板部材である。



粘度の測定対象となる図示されない流動性食品を流動性検体として円錐体18と平板部材19との間に充填し、モータ11を駆動して駆動軸12を回転させると、円板13に加わるトルク及び流動性検体による抵抗が、コイルスプリング15に引張り荷重となって加わり、それに伴って、コイルスプリング15が伸長させられ、円板13と円板14との間に、コイルスプリング15の撓みに対応するねじれが発生する。そこで、円板14に円弧状の電気抵抗体23を取り付け、円板13にピックアップ24を取り付け、電気抵抗体23に外部から一定の電圧を印加すると、ピックアップ24の先端は電気抵抗体23に接した状態で移動する。したがって、ピックアップ24から出力される電圧を読み込むことによって、円板13と円板14との間のねじれの角度を検出することができる。そして、該ねじれの角度に基づいて、円錐体18に加わるトルクを算出することによって、流動性検体の粘度を測定することができる(例えば、特許文献1参照。)。

【特許文献1】特開2004-309442号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、携帯粘度計に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)駆動部と、
(b)該駆動部を駆動することによって回転させられる第1の回転体と、
(c)該第1の回転体の回転に伴って従動して回転させられる第2の回転体と、
(d)該第2の回転体の回転に伴って回転させられる第1の粘度検出要素と、
(e)該第1の粘度検出要素に対して接離自在に配設された第2の粘度検出要素と、
(f)前記第1、第2の回転体間に直線状に、かつ、径方向に延在させて配設され、一端が、前記第1、第2の回転体のうちの一方の回転体の支持部に固定され、他端が、他方の回転体の支持部に対して摺動自在に挿通させられた付勢部材と有することを特徴とする携帯粘度計。

【請求項2】
 
前記付勢部材は形状記憶合金で形成される請求項1に記載の携帯粘度計。

【請求項3】
 
前記付勢部材の撓みを検出するために、第1の回転体に第1の撓み検出要素が配設され、第2の回転体に第2の撓み検出要素が配設される請求項1に記載の携帯粘度計。

【請求項4】
 
前記第1、第2の撓み検出要素は、一方がホールICであり、他方が磁石である請求項3に記載の携帯粘度計。

【請求項5】
 
前記第1の粘度検出要素は、第2の回転体の回転を伝達する回転伝達軸に対して着脱自在に配設される請求項1に記載の携帯粘度計。

【請求項6】
 
前記第1の粘度検出要素は円錐体である請求項1に記載の携帯粘度計。

【請求項7】
 
前記第1の粘度検出要素は平板部材である請求項1に記載の携帯粘度計。
Industrial division
  • Measurement
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006176593thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close