Top > Search of Japanese Patents > INTERFACE

INTERFACE commons meetings

Patent code P110005550
File No. 2008-0080
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2009-052383
Publication number P2010-204036A
Patent number P4699535
Date of filing Mar 5, 2009
Date of publication of application Sep 16, 2010
Date of registration Mar 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)伊永 隆史
  • (In Japanese)高見澤 淳
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人首都大学東京
Title INTERFACE commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide: a liquid chromatograph/stable isotope ratio mass analyzer for accurately analyzing a stable isotope ratio even by using an organic solvent as a developing solvent for the liquid chromatograph; and a method of analysis using an interface that connects a liquid chromatograph of the liquid chromatograph/stable isotope ratio mass analyzer to the mass analyzer, and using the liquid chromatograph/stable isotope ratio mass analyzer.
SOLUTION: The interface 20, that connects an HPLC 10 and an IR-MS 30, includes an ionizer 21 generating ions by ionizing components contained in a solution eluted from the HPLC 10 by using an atmospheric pressure ionization method, a guide 22 for guiding the ions generated in the ionizer 21, a neutralizer 23 generating neutral molecules by neutralizing the ions guided in the guide 22, and an oxidizer 24 for oxidizing the neutral molecules generated in the neutralizer 23. The guide 22 includes an ion guide or an ion trap.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


安定同位体比質量分析装置(IR-MS)は、窒素、二酸化炭素、二酸化硫黄等のガス中の安定同位体比を精密に分析することができるため、ガスクロマトグラフ(GC)や液体クロマトグラフ(LC)と接続して、用いられている。



GCと接続されたIR-MSとしては、Thermo Scientific irm-GC/MS(サーモフィッシャーサイエンティフィック社製)が知られており、GCから流出したガスを燃焼させて二酸化炭素を生成した後、炭素の安定同位体比を分析する。しかしながら、非揮発性物質や熱分解性物質を分析することができない。



一方、HPLCと接続されたIR-MSとしては、Thermo Scientific LC IsoLink(サーモフィッシャーサイエンティフィック社製)が知られており、特許文献1に開示されている。Thermo Scientific LC IsoLinkでは、LCの展開溶媒が水であるため、LCから溶出した液体を酸化して二酸化炭素を生成した後、水を除去して、炭素の安定同位体比を分析する。しかしながら、LCの展開溶媒として、有機溶媒を用いることができず、汎用性が低いという問題がある。



また、非特許文献1には、HPLCと接続されたIR-MSにおいて、HPLCから溶出した液体から有機溶媒を除去する際に、Universal Interface(Vestec)を用いることが記載されているが、有機溶媒を十分に除去できないため、安定同位体比を精度良く分析できないという問題がある。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、液体クロマトグラフと安定同位体比質量分析装置を接続するインターフェイス、液体クロマトグラフ/安定同位体比質量分析装置及び分析方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
液体クロマトグラフと安定同位体比質量分析装置を接続するインターフェイスであって、
前記液体クロマトグラフから溶出された溶液に含まれる成分を、大気圧イオン化法を用いて、イオン化することによりイオンを生成するイオン化手段と、
該イオン化手段により生成されたイオンを案内する案内手段と、
該案内手段により案内されたイオンを中性化することにより中性分子を生成する中性化手段と、
該中性化手段により生成された中性分子を酸化する酸化手段を有し、
前記案内手段は、イオンガイド又はイオントラップを有することを特徴とするインターフェイス。

【請求項2】
 
前記イオン化手段は、前記液体クロマトグラフから溶出された溶液に含まれる成分を、大気圧イオン化法を用いて、プロトン化することによりイオンを生成し、
前記中性化手段は、電子銃を有することを特徴とする請求項1に記載のインターフェイス。

【請求項3】
 
前記案内手段は、前記イオン化手段により生成したイオンを案内する向きに対して、複数のオリフィスと、前記イオンガイド又は前記イオントラップが順次設けられており、該複数のオリフィスを用いて差動排気する差動排気手段がさらに設けられていることを特徴とする請求項1又は2に記載のインターフェイス。

【請求項4】
 
前記複数のオリフィスのうち、前記イオンを案内する向きにおける下流側に位置するオリフィスは、前記複数のオリフィスのうち、前記イオンを案内する向きにおける上流側に位置するオリフィスよりも鉛直上方に配置されていることを特徴とする請求項3に記載のインターフェイス。

【請求項5】
 
前記案内手段は、前記イオン化手段により生成したイオンを案内する向きに対して、前記イオンガイド又は前記イオントラップと、オリフィスが順次設けられており、
該オリフィスは、前記イオンガイド又は前記イオントラップの中心軸の延長線上とは異なる位置に設けられていることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか一項に記載のインターフェイス。

【請求項6】
 
前記オリフィスは、前記イオンガイド又は前記イオントラップの中心軸の延長線に対して、鉛直上方に配置されていることを特徴とする請求項5に記載のインターフェイス。

【請求項7】
 
前記案内手段は、前記イオン化手段により生成したイオンを案内する向きに対して、前記イオンガイド又は前記イオントラップと、オリフィスが順次設けられており、前記イオンガイド又は前記イオントラップと、該オリフィスの間に電圧を印加する手段がさらに設けられていることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか一項に記載のインターフェイス。

【請求項8】
 
請求項1乃至7のいずれか一項に記載のインターフェイスを介して、液体クロマトグラフと安定同位体比質量分析装置が接続されていることを特徴とする液体クロマトグラフ/安定同位体比質量分析装置。

【請求項9】
 
請求項8に記載の液体クロマトグラフ/安定同位体比質量分析装置を用いて、複数の成分を含む溶液を分析することを特徴とする分析方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009052383thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close